2018年07月15日

ミドリシジミ(2018/7/1滋賀県北部)

西日本豪雨から一週間がたちました。故郷の広島でも甚大な被害がありました。
遠く離れて暮らしていますが、心は広島の人々とともにあります。金も暇もありませんが、少しでも力になれることはないかと考えています。

さて、気持ち的に落ち込んでいたのですが、私が落ち込んでいても意味がありません。とりあえず元気に生活していきましょう。

先日観察したミドリシジミです。
ここは耕作放棄された田んぼにハンノキの林ができた場所です。


s-2018-07-01_11-51-13.jpg
ハンノキの林
初めてこの場所に行ったのは10年くらい前です。その時はまだ背丈より低いくらいでした。


s-2018-07-01_11-54-37.jpg
ハンノキの林
上の写真より田んぼ数枚分離れた場所です。こちらは数年前までモートンイトトンボの生息する湿地だったのですが、あっという間にハンノキが育ってしまいました。


s-2018-07-01_11-27-43(1).jpg
ミドリシジミ
ハンノキ林の下生に降りていたミドリシジミ。


s-2018-07-01_11-37-17(1).jpg
ミドリシジミ
昼間だってので開翅はしてくれませんでした。



続きを読む
ラベル:ミドリシジミ
posted by makokuni at 13:56| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月09日

オオバノトンボソウ(2018/6/23、7/1、7/8大津市)

西日本の豪雨、広範囲に甚大な被害をもたらしました。
故郷の広島も大きな被害がありました。被害にあわれた方には心よりお見舞い申し上げます。

行ったことがある場所の変わり果てた姿をニュースでみるのは、本当につらいです。


さて、自宅近くの林に自生しているオオバノトンボソウです。複数株あるのでうが、今年花茎が伸びたのは2株だけでした。
6月から何回か見に行ってみましたが、週末ごとではいい状態に出会えませんでした。


s-2018-06-23_08-35-30(2)T.jpg
1株目、6月23日
花茎が高く伸びて、蕾も膨らんでいます。


s-2018-07-01_13-18-44.jpg
1株目、7月1日
花茎が大きく傾き、花は咲いていますが一部が黒く変色していました。


s-2018-07-01_13-31-34.jpg
1株目の花茎の先端部、7月1日


s-2018-07-01_13-23-54.jpg
1株目の花アップ、7月1日


s-2018-06-23_08-32-51.jpg
2株目、7月1日


s-2018-07-08_11-04-13(1).jpg
2株目、7月8日
こちらも花の一部がすでに変色しています。ランは花が比較的長く維持するものが多いですが、オオバノトンボソウは早く花が痛むのかもしれません。



posted by makokuni at 21:17| Comment(0) | 野草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月02日

ジョウザンミドリシジミ(2018/7/1滋賀県北部)

7月になりました。近場のゼフィルスも終盤です。
2週間ぶりに滋賀県北部に行ってみました。そろそろジョウザンミドリシジミの数が増えているはずです。

朝、山道を登って行くとジョウザンミドリシジミがちらほら飛び出しました。

s-2018-07-01_07-19-02.jpg
ジョウザンミドリシジミ
低木の葉先に止まる個体。


s-2018-07-01_07-50-48.jpg
ジョウザンミドリシジミ
山道の脇の草に止まる個体。前夜の雨粒が葉上に残っています。


s-2018-07-01_08-57-40(1).jpg
開翅するジョウザンミドリシジミ
雨上がりの朝でガスが出ていたのですが、すこしガスが薄くなると翅を広げました。


s-2018-07-01_07-51-55(1).jpg
同一個体のアップ。近くに来た別の個体を激しく追い回していました。活発に動くので翅の表面も擦れています。


s-2018-07-01_08-12-37.jpg
低木の葉上で開翅するジョウザンミドリシジミ


s-2018-07-01_07-58-12(1).jpg
開翅するジョウザンミドリシジミ
ほとんどの個体は翅がすれていて、羽化直後と思われる個体は極わずかでした。


s-2018-07-01_08-29-24(1).jpg
林道工事のため設置してある鉄パイプでテリハリする個体。
ジョウザンミドリシジミはいろんなところでテリハリする傾向があります。


s-2018-07-01_08-25-18.jpg
上と同一個体。この個体はまだ新鮮で角度によっては緑色が強くでました。ジョウザンでは新鮮な個体のみ緑色がでるように思います。


s-2018-07-01_08-24-54.jpg
同一個体のアップ。


s-2018-07-01_09-04-50.jpg
林道脇の草に止まっていた個体ですが、登山者が近くに車を停めたら、さっそくテリハリにやってきました。


ジョウザンミドリシジミは滋賀県北部で最も個体数の多いゼフィルスだと思います。それでも今シーズンはやや少な目かもしれません。



posted by makokuni at 20:53| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月01日

アオバズク(2018/6/30 京都市)

地下鉄で帰途につきましたが、またまた途中下車。最後にアオバズクの様子を見に行きました。


s-2018-06-30_12-08-24.jpg
アオバズク
大木の枝に止まっていました。今年も無事に繁殖して欲しいものです。


s-2018-06-30_12-18-34T.jpg
アオバズク


アオバズクの姿も確認できたので満足して帰宅しました。
帰宅後も蒸し暑くて、今年初めてクーラーをつけて昼寝してしまいました。たまには良いよね。



ラベル:アオバズク
posted by makokuni at 17:31| Comment(0) | 鳥見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベニイトトンボ(2018/6/30 京都市)

植物園から北に歩いて深泥ヶ池に到着。久しぶりに来ました。


s-2018-06-30_10-10-34.jpg
深泥ヶ池
ブルーギル等の駆除が行われています。周辺の林や浮島にはシカが侵入してかなり影響を受けているようです。


s-2018-06-30_10-37-54(1).jpg
タヌキモ
ジュンサイやコウホネなども咲いていました。


ここでの目的はベニイトトンボ。探しますがなかなか見つかりません。
キイトトンボはたくさんいましたが、ベニイトトンボは3個体しか確認できませんでした。


s-2018-06-30_10-35-38T.jpg
ベニイトトンボ
偶然撮影できた飛翔。


s-2018-06-30_10-35-26(2)T.jpg
ベニイトトンボ
滋賀県にも分布が広がっているようですが、まだ限定的なようです。


なんとかベニイトトンボを観察できたので帰途につきましょう。まだ昼前ですが蒸し暑さで汗が止まりません。


posted by makokuni at 17:22| Comment(0) | トンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月30日

キヌガサタケ(2018/6/30京都市)

車検と車の修理で車がつかえないため、久々に京都市内に行ってみました。

先ずは京都府立植物園です。目的は竹林のキヌガサタケです。
昨日も雨が降ったので状態の良いものが出ているのでは、と楽しみにしていましたが・・・。


s-2018-06-30_09-08-15(1).jpg
キヌガサタケ
レースはきれいに残っているのですが、頭の部分が白くなっています。昨日に出たものでしょうか?


形が崩れたキヌガサタケはあるものの、新鮮な株は一株しかありませんでした。しかもレースがきれいに広がっておらず、破れもありました。ちょっと残念ですが、仕方ありません。
これから出てくる卵状態のものも確認できませんでした。時期的に少し遅かったのかもしれません。


s-2018-06-30_09-03-55.jpg
キヌガサタケ


s-2018-06-30_08-58-24(1).jpg
キヌガサタケ
臭いに誘われてハエがたくさん集まっていました。


植物園の木々のなかにカラ類などの巣立ち雛がたくさん確認できました。オオルリの声がするので探すと、♂の巣立ち雛がいました。


s-2018-06-30_09-46-42T.jpg
オオルリ♂、巣立ち雛


ウラナミシジミも姿を見せました。

s-2018-06-30_09-47-17(1)T.jpg
ウラナミシジミ


このあと植物園をでて、近くの池に向かいました。午前中なのに蒸し暑い、汗を流しながら移動しました。



ラベル:キヌガサタケ
posted by makokuni at 21:02| Comment(0) | 生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月25日

ヒサマツミドリシジミ(2018/6/24 京都市)

天気も回復したこの日、久々にヒサマツミドリシジミの有名ポイントに行ってみました。
滋賀県内で観察、撮影できそうな場所を探しているのですが、なかなか見つかりません。初心に帰って有名ポイントの環境を再確認するのが目的です。


s-2018-06-24_12-46-33.jpg
観察ポイントの杉木立
このスギの枝先にヒサマツミドリシジミがテリハリします。


s-2018-06-24_11-34-48T.jpg
アカシジミ
ヒサマツを待っている間、アカシジミやウラクロシジミが楽しませてくれました。


12時になると、ヒサマツミドリシジミがスギの枝先に止まるようになりました。


s-2018-06-24_11-37-53.jpg
スギの枝先に止まるヒサマツミドリシジミ
10mくらいの高さにある特定の枝先に止まっていました。


s-2018-06-24_13-36-08T.jpg
ヒサマツミドリシジミ


s-2018-06-24_13-30-57(2)T.jpg
ヒサマツミドリシジミ


s-2018-06-24_11-55-25(3)T.jpg
ヒサマツミドリシジミ
超トリミングの写真です。翅裏の白線がV字になっているのが判ります。


s-2018-06-24_13-32-07T.jpg
少し低い場所でテリハリするヒサマツミドリシジミ
この場所では近距離で撮影するのはかなり困難な感じがします。


さてこの場所、昔からの超有名ポイントなので採集者の数がすごい。いつもは人の少ない場所にしか行かないのでびっくりしました。





posted by makokuni at 20:27| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コクラン(2018/6/23 大津市)

この日は雨予報だったので休養日にしましたが、午前中はほとんど降らない感じでしたので、近くの林に行ってみました。


梅雨に入って林床にもキノコが増えてきました。そのなかに表面に独特のしわのあるキノコがありました。
久々に出会ったノウタケです。


s-2018-06-23_08-32-42(1).jpg
ノウタケ
表面のしわが、脳のしわの様なところから命名されたのでしょうか。


さて、この林に行ったのはコクランの開花状況の確認が目的です。林床にかなりの株が生育しています。


s-2018-06-23_08-52-02(1).jpg
コクラン
ほとんどの株は蕾で、咲き始めの状況でした。昨年は6月末から7月頭が満開だったので、ほとんど同じ感じです。


s-2018-06-23_08-40-02T.jpg
コクランの花、アップ


コクランの近くにオオバノトンボソウもありました。こちらも蕾でした。


s-2018-06-23_08-31-01(3).jpg
オオバノトンボソウの蕾
来週末には開花するかも知れません。もう一度確認に来てみましょう。


s-2018-06-17_11-20-11T.jpg
サラサヤンマ
コクランの咲く林にある湿地をパトロール飛行していたサラサヤンマ。この写真だけ一週間前の6/17に撮影したものです。



posted by makokuni at 20:04| Comment(0) | 野草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月19日

ハッチョウトンボ(2018/6/16滋賀県北部)

メスアカミドリシジミを観察した後、里山の湿地に行ってみました。
トキソウはそろそろ終盤、カキランは咲き始めでした。


s-2018-06-16_14-11-43.jpg
トキソウ


s-2018-06-16_14-11-58(1).jpg
トキソウ


s-2018-06-16_14-25-13(1).jpg
カキラン


s-2018-06-16_14-33-46.jpg
カキラン


ハッチョウトンボも個体数が増えていました。ハッチョウトンボの交尾を撮影したいのですがなかなかチャンスがありません。


s-2018-06-16_14-11-58.jpg
ハッチョウトンボ♂


s-2018-06-16_14-26-07.jpg
ハッチョウトンボ♀


s-2018-06-16_14-11-24(1).jpg
ハッチョウトンボ♂


天気も回復して湿地は蒸し暑くなりました。朝早かったので少々疲れました。少し早いですが帰途につきました。



posted by makokuni at 21:56| Comment(0) | トンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月17日

メスアカミドリシジミ(2018/6/16滋賀県北部)

さて、別の山に移動した目的はメスアカミドリシジミです。11時前に現地到着、風はあるものの気温も上がってきていい感じです。

1時間ほどまった12時ちょうど、メスアカミドリシジミが出てきました。谷川に突き出したカエデでテリハリしてくれました。
風が強く枝先が激しく揺れて撮影には難儀しましたが、なんとか撮影しました。

以下すべて同一個体です。


s-2018-06-16_12-52-59.jpg
メスアカミドリシジミ♂
全ての翅が金緑色に輝くのは、なかなかありません。


s-2018-06-16_12-14-51(3).jpg
前翅は強く金緑色に輝きますが、後翅は輝きません。


s-2018-06-16_11-54-29.jpg
メスアカミドリシジミ♂の翅裏


s-2018-06-16_11-48-47T.jpg
青みが強く輝くことが多い。


s-2018-06-16_11-51-51T.jpg
メスアカミドリシジミ♂、翅縁の白い部分も残っており、まだ新鮮。右後翅が少し欠けているのが残念。


s-2018-06-16_12-06-46(2)T.jpg
メスアカミドリシジミ♂、開


s-2018-06-16_12-10-35(1)T.jpg
翅の角度が僅かに変わると、青から緑に変化する。


今年もメスアカミドリシジミを観察できました。春から花は早く咲く傾向が続いていましたが、ゼフィルスは例年並みかやや遅い感じではないかと思います。




posted by makokuni at 19:35| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする