2019年11月29日

カトリヤンマ(2019/11/17 広島県北東部)

帰省のおり実家の井戸周辺でカトリヤンマ♂を観察しました。
11月半ばを過ぎてカトリヤンマを観察したのは初めてでした。


s-2019-11-17_12-53-08T.jpg
井戸の石積みに止まるかカトリヤンマ♂。


s-2019-11-17_12-55-32.jpg
同一個体。時期が遅いのに全体にあまり傷んでいません。


井戸周辺を飛んだあと、しばらく石積みの枯草に止まっていました。その後、元気に飛び去りました。



ラベル:カトリヤンマ
posted by makokuni at 20:21| Comment(0) | トンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月06日

オオルリボシヤンマ(2019/9/1 岩間山)

9月になりました。タカの渡り観察スタートです。
9月1日は観察場所の整備を行いました。私は早朝から現地に入り暑くなる前に草刈りを行いました。

草刈りが終了した後は、まだ渡るタカがほとんどいない時期なのでトンボ観察。昨年はトンボ池に複数のウシガエル幼体が侵入していましたが、今年はトノサマガエルだけでウシガエルはいませんでした。このまま侵入しないでくれたらと思います。

池には今年もオオルリボシヤンマがいました。
♂1個体が縄張りにしているようで時折やってくる他の♂を追い払っていました。♀は2個体で青みのある個体とない個体が盛んに産卵していました。


s-2019-09-01_11-20-10(1)T.jpg
オオルリボシヤンマ♂のホバリング


s-2019-09-01_07-54-28T.jpg
オオルリボシヤンマ♀、青みのある個体。産卵場所を探して飛翔中。


s-2019-09-01_07-54-53(1)T.jpg
同一個体。産卵中。


s-2019-09-01_09-11-08(1)T.jpg
オオルリボシヤンマ♀、青みのない個体。ホバリングすると風圧で水面が揺れていました。


s-2019-09-01_09-34-19(1).jpg
同一個体。産卵する♀。広角で接近撮影してみました。今回のお気に入りの写真です。


s-2019-09-01_09-10-22(1)T.jpg
こちらは望遠ズームで撮影。写真の雰囲気はかなり変わります。


この日は数羽のタカが観察されましたが、トンボを見て遊んでいたので私は1羽しか見ることができませんでした。





posted by makokuni at 21:02| Comment(0) | トンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月27日

深泥ヶ池自然観察会(2019/7/15 京都市)

2

0年ぶりくらいに京都支部の行事に参加しました。


回は野鳥の少ない時期ということでトンボなどの観察サポート(?)を担当させていただきました。



予想以上に参加者が多く驚きました。また年齢層も高くなっていて、運営される側は大変な状況なのを改めて感じました。
トンボはハッチョウトンボ、ベニイトトンボ、コバネアオオトトンボなどが観察できました。この3種が同所で観察できる場所は貴重だと思います。


s-2019-07-15_08-03-51T.jpg
ハッチョウトンボ♀


浮島には♂も沢山いました。


s-2019-07-15_09-30-46T.jpg
羽化したキイトトンボ


この日一番沢山いたトンボです。ベニイトトンボを撮影するのを忘れてました。


s-2019-07-15_10-27-48(3)T.jpg
久しぶりのコバネアオイトトンボ


s-2019-07-15_10-17-36(1)T.jpg
コバネアオイトトンボ




s-2019-07-15_10-40-28.jpg
すこし古いですがムラサキヤマドリタケも何本も生えていました。





posted by makokuni at 10:12| Comment(0) | トンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする