2018年07月24日

渓流で涼む(2) ヒメサナエ(2018/7/21滋賀県北部)

さて渓流で涼みながら小型のサナエトンボを探しました。
この時期はヒメサナエやオジロサナエが観察できるのですが、この場所ではヒメサナエしか観察できませんでした。

まだ個体数は少な目でした。これから増えるのでしょうか。

以下、ヒメサナエの写真です。

s-2018-07-21_15-31-17.jpg
ヒメサナエ
渓流の瀬に顔を出している石の上に止まっています。


s-2018-07-21_15-31-54T.jpg
ヒメサナエ
上とそう一個体。気温が高いので腹部を高く上げる体勢を取っています。


s-2018-07-21_15-32-36.jpg
ヒメサナエ


s-2018-07-21_15-27-59.jpg
ヒメサナエ


s-2018-07-21_15-20-36.jpg
ヒメサナエ


夕方5時まで観察しました。渓流は涼しくて気持ち良かったです。



ラベル:ヒメサナエ
posted by makokuni at 21:01| Comment(0) | トンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月01日

ベニイトトンボ(2018/6/30 京都市)

植物園から北に歩いて深泥ヶ池に到着。久しぶりに来ました。


s-2018-06-30_10-10-34.jpg
深泥ヶ池
ブルーギル等の駆除が行われています。周辺の林や浮島にはシカが侵入してかなり影響を受けているようです。


s-2018-06-30_10-37-54(1).jpg
タヌキモ
ジュンサイやコウホネなども咲いていました。


ここでの目的はベニイトトンボ。探しますがなかなか見つかりません。
キイトトンボはたくさんいましたが、ベニイトトンボは3個体しか確認できませんでした。


s-2018-06-30_10-35-38T.jpg
ベニイトトンボ
偶然撮影できた飛翔。


s-2018-06-30_10-35-26(2)T.jpg
ベニイトトンボ
滋賀県にも分布が広がっているようですが、まだ限定的なようです。


なんとかベニイトトンボを観察できたので帰途につきましょう。まだ昼前ですが蒸し暑さで汗が止まりません。


posted by makokuni at 17:22| Comment(0) | トンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月19日

ハッチョウトンボ(2018/6/16滋賀県北部)

メスアカミドリシジミを観察した後、里山の湿地に行ってみました。
トキソウはそろそろ終盤、カキランは咲き始めでした。


s-2018-06-16_14-11-43.jpg
トキソウ


s-2018-06-16_14-11-58(1).jpg
トキソウ


s-2018-06-16_14-25-13(1).jpg
カキラン


s-2018-06-16_14-33-46.jpg
カキラン


ハッチョウトンボも個体数が増えていました。ハッチョウトンボの交尾を撮影したいのですがなかなかチャンスがありません。


s-2018-06-16_14-11-58.jpg
ハッチョウトンボ♂


s-2018-06-16_14-26-07.jpg
ハッチョウトンボ♀


s-2018-06-16_14-11-24(1).jpg
ハッチョウトンボ♂


天気も回復して湿地は蒸し暑くなりました。朝早かったので少々疲れました。少し早いですが帰途につきました。



posted by makokuni at 21:56| Comment(0) | トンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする