2017年06月04日

ホソバシロスミレ(2017-6-3 大津市)

先日に養父市で観察した白いスミレがシロガネホコバスミレだったので、比良山系のホソバシロスミレを観察に行きました。
標高差900mを登って稜線の草地に咲くスミレを見つけました。この稜線では比較的狭い範囲にのみ確認できました。

コメントいただいた識別点は以下の3点(シロガネホコバスミレとして記載されていたので表現を逆にしてます)。
@距が短い
A喉部が黄緑色を帯びている。
B葉身に比べて葉柄が長い(1:2)。

観察した限り@Aは全ての株で満足していましたが。Bは葉茎が葉身より短いものも多く、少なくともこの場所のホソバシロスミレでは1:2はあてはまりませんでした。


以下、観察したホソバシロスミレの写真です。


s-2017-06-03_10-57-55.jpg
株A


s-2017-06-03_10-58-16(1).jpg
株A


s-2017-06-03_10-50-39.jpg
株A


s-2017-06-03_10-52-09.jpg
株A


s-2017-06-03_10-42-01.jpg
株B


s-2017-06-03_10-49-29.jpg
株C


s-2017-06-03_10-38-26.jpg
株C


s-2017-06-03_10-38-55.jpg
株C


s-2017-06-03_08-47-30.jpg
株D


s-2017-06-03_10-37-16(1).jpg
株D


s-2017-06-03_10-37-29.jpg
株D


s-2017-06-03_10-36-08.jpg
株D


ホソバシロスミレ、葉の長さは環境によりかなり違うのでしょうか?

この春のスミレ探索もこれで終了です。今シーズンも見逃したスミレがたくさんありますが、少しづづ観察していきたいと思います。





posted by makokuni at 14:58| Comment(2) | スミレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月23日

草原のスミレ(2017-5-20 養父市)

無事にサクラスミレを観察できたので次は草原のスミレを探しました。

今年は春の花が咲くのが遅かったのですが、現状ではほぼ平年なみかやや進んでいるくらいになっている様に思います。前回この場所を訪れた時はサクラスミレが咲き始めでしたが、他のスミレ、特にアカネスミレは満開でしたが・・・。


s-2017-05-20_10-59-12.jpg
アカネスミレ
アカネスミレはほぼ終わりで、咲き残りがわずかにあるのみでした。


s-2017-05-20_11-01-16(1).jpg
アカネスミレ
アカネスミレはサクラスミレの小型版な感じのスミレです。花の感じが良く似ていますが、大きさはかなり小さいです。


スミレ(種名としての)もほとんど終わっていました。この草原のスミレは矮小化した株が多く、ホコバスミレ的な株ばかりでした。

s-2017-05-20_10-28-40.jpg
スミレ
矮小化した株ばかり咲いていました。大型のスミレは花期が終わっている様でした。


s-2017-05-20_10-29-12.jpg
スミレ
上と同一株。葉の基部がくさび型になっています。もう少し葉が細ければホコバスミレとして良いかもしれません。


今回観察したかったのは白いスミレです。なかなか発見できず少し焦りましたが、一株だけ見つけることができました。


s-2017-05-20_10-20-27T.jpg
ホソバシロスミレ
このスミレはコメントいただいたようにシロガネホコバスミレでした。修正します。6/3比良山系のホソバシロスミレを観察し、違いを理解しました。
葉の特徴が今一つ明確に判りませんが、葉身より葉柄が長いです。白花のスミレやアリアケスミレの可能性も考えたのですが、やはりシロスミレと思います。


それにしても草原は暑かった。水分をたくさん摂ったのに疲労感がなかなか抜けませんでした。




posted by makokuni at 21:59| Comment(7) | スミレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月21日

サクラスミレ(2017-5-20 養父市)

昨日と今日、本当に暑かったですね。身体が慣れていないのでかなりしんどい感じです。

昨日は久しぶりにサクラスミレを観察しに、兵庫県北部の草原に行きました。日陰の無い場所なので、あまり歩いていないのに暑くて疲れてしまいました。
サクラスミレは広い草原の狭い範囲にしか観察できませんでした。日射しが強すぎて、写真は残念な感じになってしましました。花の写真は明るい曇天が良いなあ・・・。


s-2017-05-20_08-49-24(1).jpg
大津を5時に出ましたが、名神が6時まで工事で通行止。京都洛西まで移動して京都縦貫道経由で行きました。現地には8時前に到着。林間学校?の小学生がたくさんいてびっくりしました。
スキー場になっている草原を登り、稜線近くの急斜面に向かいます。アケボノスミレが完全に終わり、葉だけになっていたので少し心配でしたが、サクラスミレはちょうど見ごろでした。


s-2017-05-20_08-47-10.jpg
サクラスミレ
スミレの女王といわれる、大きな花のスミレです。花弁の基部が広がっていなくで、側弁に密生した毛で口が閉じているような感じになっています。


s-2017-05-20_08-41-59(1).jpg
サクラスミレ
上と同一株。


s-2017-05-20_08-45-35.jpg
サクラスミレ
上と同一株。葉の柄に毛がたくさん生えています。


s-2017-05-20_08-56-18.jpg
サクラスミレ


s-2017-05-20_08-32-54(1).jpg
サクラスミレ
上と同一株。日射しが強いので、花弁に強い影が入ってしまいます。


s-2017-05-20_09-29-49.jpg
草原に咲くサクラスミレ


s-2017-05-20_09-19-44.jpg
サクラスミレ
上と同一の株。


s-2017-05-20_09-28-30.jpg
草原に咲くサクラスミレ
今回観察した中で一番の大株です。大きな花がたくさんで豪華絢爛な状態です。


s-2017-05-20_09-20-57.jpg
サクラスミレ
上と同一の株。もう少し柔らかい光だったら良かったのですが、ぜいたくな望みですね。


草原では今年初のカッコウを観察できましたが、大きなのはダメでした。
もう一つ観察したいスミレがあったので、草原を歩きながら探しました。暑くてよれよれになりましたが、何とか一株見つけることができました。



posted by makokuni at 19:21| Comment(0) | スミレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする