2018年04月22日

ミヤマセセリ(2018/4/21 高島市)

湖西の山に行ってきました。春とは思えない暑さでした。
今年の春は予想以上に早く進んでいるようで、スミレサイシンは終わり、シハイスミレもほぼ終わり、タチツボスミレも終盤となっていました。早すぎです。


s-2018-04-21_09-30-40.jpg
湖西の山、空気が霞んでいます。


s-2018-04-21_07-59-46(2).jpg
目的だったキバナサバノオです。小さな滝の横に生育していますが、花が終わって実になっていました。残念。今年は4月上旬が見頃だったのでしょう。


s-2018-04-21_08-51-27(1)T.jpg
林道沿いに咲いていたイワカガミ。近くの林床にも大きな群落がありました。満開でした。


s-2018-04-21_08-56-23(3)T.jpg
囀るセンダイムシクイ。
夏鳥はこのセンダイムシクイ、オオルリ、キビタキ、サンショウクイ、ヤブサメ、コマドリなど。ツグミもまだいました。


s-2018-04-21_08-59-56T.jpg
アオゲラのペアが盛んに鳴き交わしていました。繁殖行動の一環なのでしょう。


明るい道沿いではミヤマセセリが数頭飛びまわっていました。気温が高いためかほとんど止まらず撮影がなかなかできませんでした。
しばらくするとやっとキイチゴの花で吸蜜してくれました。


s-2018-04-21_10-02-23(3)T.jpg
ミヤマセセリ
この春はまだ観察していなかったので撮影できて良かったです。結構速く飛びまわり、落ち葉を背景にすると溶け込んで姿を見失いがちでした。


s-2018-04-21_10-03-02.jpg
ミヤマセセリ
地味なチョウですが、青白い斑がなかなか渋いかんじです。


一旦山から降りて別の谷にサンインシロカネソウの様子を見に行きました。こちらも花はほぼ終わりでした。


s-2018-04-21_12-54-13(2).jpg
サンインシロカネソウ


この後、琵琶湖にでて夏羽のユリカモメなどを観察して帰路につきました。





posted by makokuni at 16:57| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月02日

ギフチョウ(2018/3/31 南越前町)

敦賀半島から峠を越えて南越前町に移動しました。
思いのほか雪が残っており、春の花は咲き始めの状態でした。目的のギフチョウは発生初期の感じで、何とか2個体を撮影できました。


s-2018-03-31_10-23-51T.jpg
オオイヌノフグリで吸蜜するギフチョウ
花があまり咲いていないためかオオイヌノフグリでも吸蜜していました。


s-2018-03-31_10-51-19(1)T.jpg
カタクリで吸蜜するギフチョウ
カタクリは日当たりの良い場所でやっと咲き始めの状態でした。花が少ないためかやって来たギフチョウは長時間吸蜜していました。


s-2018-03-31_10-50-31T.jpg
カタクリとギフチョウ


s-2018-03-31_10-52-55T.jpg
カタクリの間を飛ぶギフチョウ


s-2018-03-31_10-58-36T.jpg
カタクリとギフチョウ
今回のベストショットです。


なんとかギフチョウが観察できたので、春の花を探索しながら帰宅しました。








posted by makokuni at 21:57| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

ゴマシジミ(2017-8-13 広島県)

今年も帰省にあわせてゴマシジミを探しに行きました。
前日は西中国山地の草原の山に行きましたが天気が今一つのためか観察できませんでした。そこで翌日、実家に近い場所に行ってみました。

草地で探しましたが見つからず、少し広範囲に探して何とか1個体観察できました。
以下、すべて同一個体です。


s-2017-08-13_11-22-33(1).jpg
ノアザミで吸蜜するゴマシジミ
今回、いろいろな花で吸蜜する場面を撮影できました。


s-2017-08-13_11-41-01(1).jpg
ワレモコウに止まるゴマシジミ(1)
産卵しているような行動を良くしますが、卵を確認できません。


s-2017-08-13_11-55-56T.jpg
ワレモコウで半開翅するゴマシジミ(1)


s-2017-08-13_12-03-42.jpg
ワレモコウに止まるゴマシジミ(2)


s-2017-08-13_12-04-33.jpg
ワレモコウで半開翅するゴマシジミ(2)


s-2017-08-13_11-22-11.jpg
ノアザミで吸蜜するゴマシジミ


s-2017-08-13_12-02-30(1)T.jpg
ウツボグサで吸蜜するゴマシジミ


s-2017-08-13_12-05-43(1)T.jpg
アキノタムラソウで吸蜜するゴマシジミ


s-2017-08-13_11-18-13.jpg
最後にもう一度、ノアザミで吸蜜するゴマシジミ


いろいろな花で吸蜜するゴマシジミを観察できたのは嬉しかったのですが、なんせ個体数が少ない。この場所も草原的環境からヤブに年々変遷しており、ゴマシジミの好む環境は少なくなっているように思います。




posted by makokuni at 20:22| Comment(5) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする