2017年08月27日

ミズオオバコ(2017-8-18 守山市)

8月28日追記 場所は守山市でなく野洲市でした。訂正します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

シギチ探索の副産物です。
FaceBookにはアップしていたのですが、blogには上げていませんでした。記録代わりにアップしておきます。

湖岸近くに広がる田んぼの水路ですが、約200mにわたってびっしりとミズオオバコが群生していて、壮観でした。


s-2017-08-18_11-30-30(1).jpg
水路に群生するミズオオバコ


s-2017-08-18_11-37-30(1).jpg
ミズオオバコ
大きな葉がミズオオバコの葉です。


s-2017-08-18_11-31-50.jpg
ミズオオバコ
花のアップです。淡いピンク色が美しい上品な花です。


posted by makokuni at 13:54| Comment(0) | 野草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月22日

伊吹山の花(2017-8-19 米原市)

夏休みの最後は伊吹山の花で締めました。お盆明けの土曜日と言うことで、人出が多かったです。この時期ゆっくり観察するには平日の方が良いと思います。


s-2017-08-19_10-30-53.jpg
斜面を埋めるシモツケソウ
この時期の伊吹山はシモツケソウで赤く染まるのですが、現在はシカよけの柵の中しか群落になっていません。残念。


s-2017-08-19_11-57-30.jpg
シモツケソウのアップ


s-2017-08-19_10-50-39.jpg
ツリガネニンジン(白花)
ツリガネニンジンもたくさん咲いていました。その中に一株だけ白花のものがありました。


s-2017-08-19_11-55-40T.jpg
コオニユリ
伊吹山のコオニユリは草丈が低く、相対的に花が大きな株が多いと思います。


s-2017-08-19_10-21-12.jpg
コイブキアザミ
伊吹山の固有種です。同じく伊吹山特産の、ミヤマコアザミはほぼ終わっていました。


s-2017-08-19_11-42-21.jpg
イブキトリカブト
イブキトリカブトは咲き始めでした。


s-2017-08-19_09-37-59(1).jpg
イブキコゴメグサ
この花は山頂部ではなく少し北側の場所で観察しました。


伊吹山ではフウロウの仲間が複数観察できます。毎回、比較しながら観察するのを楽しみます。

s-2017-08-19_10-42-19T.jpg
エゾフウロ


s-2017-08-19_09-39-05T.jpg
ヒメフウロ


s-2017-08-19_11-01-40(1).jpg
イブキフウロ


s-2017-08-19_11-45-03.jpg
ミツバフウロ


今回一番の目的はルリトラノオを観察することでした。この花も伊吹山の特産種です。
満開前の丁度良い状態の花が多かったです。


s-2017-08-19_10-09-09(1).jpg
ルリトラノオ


s-2017-08-19_10-11-11.jpg
ルリトラノオ


s-2017-08-19_10-28-31(1).jpg
ルリトラノオのアップ
花穂は小さい花の集合体です。小さいながら花弁もしっかりある花です。


s-2017-08-19_11-58-05(1).jpg
クガイソウ
同じ時期に咲くクガイソウです。ルリトラノオとの比較のため写真を載せておきます。花の違うのですが、葉が輪生しているので簡単に見分けられます。


まだまだたくさんの花が買ったのですが、これくらいにしておきます。シカよけ柵の外と中でかなり雰囲気が違います。外側はドンドン食害が進んでいるように思います。


posted by makokuni at 22:03| Comment(0) | 野草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月21日

ヒナノキンチャク(2017-8-19 岐阜県)

岐阜県境の山にヒナノキンチャクを見にいきました。

今年も無事観察することができました。付近はシカの食害でかなりの花がなくなっていましたが、さすがにこの小さな花は食べない様です。


s-2017-08-19_08-30-39.jpg
ヒナノキンチャク1


s-2017-08-19_08-17-10.jpg
ヒナノキンチャク2
1と同一株です。


s-2017-08-19_08-22-38(1).jpg
ヒナノキンチャク3
1と同一株です。ヒナノキンチャクは非常に小さな花です。昨年は小雨の天候でぶれ写真ばかりでした。今回はしっかり三脚持参で撮影しました。非常に可愛らしい花ですね。


s-2017-08-19_08-30-13(1)T.jpg
ヒナノキンチャク4
花は花茎の下部から咲き始めて、徐々に上部に移行します。この株では下側はすでに実になっています。この実の姿を巾着に見立てたのが名前の由来でしょうか。


s-2017-08-19_08-49-08T.jpg
ヒナノキンチャク5


s-2017-08-19_08-54-38(1).jpg
ヒナノキンチャク6
5の花の部分をアップで撮影してみました。朝日にあたる花がなかなか綺麗でした。


ヒナノキンチャクを観察した後、伊吹山に移動して夏の花を観察しました。



posted by makokuni at 20:08| Comment(2) | 野草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする