2020年04月11日

サンインシロカネソウ(2020/4/4 滋賀県湖西北部)

タカの渡り観察を早めに切り上げて、春の花を見に行きました。

山を下りて小さな沢沿い。ここではサンインシロカネソウを観察。
すでに実になっているものもあり、やはり早めに咲いたようです。


s-2020-04-04_12-23-26.jpg


s-2020-04-04_12-15-02.jpg


s-2020-04-04_12-05-29.jpg


posted by makokuni at 19:18| Comment(0) | 野草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月27日

3つのヤドリギ(2019/11/15 広島県北西部)

先日、帰省してきました。一日前乗りして秋終盤の高原で野鳥観察しました。


s-2019-11-15_09-39-37.jpg
秋も深まった高原。


s-2019-11-15_09-22-07.jpg
夏には花や昆虫などが観察できる湿地も冬に向かっています。


s-2019-11-15_08-54-26(1).jpg
朝は放射冷却で冷え込み、霜がおりていました。センダグサの種についた霜。


s-2019-11-15_08-53-50(1).jpg
葉にも霜が・・・。


s-2019-11-15_15-28-57.jpg
この場所での目的はこの木。コナラに沢山のヤドリギが付いています。まだコナラの葉が落ちていないのでヤドリギが判りにくい状態でした。


s-2019-11-15_15-16-12(1).jpg
一番多くついているのがヤドリギです。常緑の葉で緑色の実がなっています。野鳥がこの実を食べると、糞が粘ちょうになります。新しい木に張り付いて成長することで分布を広げるのです。


s-2019-11-15_15-11-44.jpg
赤い実のなるアカミノヤドリギです。ヤドリギの変種とされるようです。この場所ではヤドリギの1から2割程度がアカミノヤドリギでした。


s-2019-11-15_15-10-52.jpg
そしてこのヤドリギはホザキヤドリギです。本来中部以北に分布するヤドリギで、西日本では珍しいと思います。ヤドリギと違いホザキヤドリギは落葉し、黄色いみがなります。


さて、目的の観察の結果は・・・、次回に。



posted by makokuni at 21:17| Comment(0) | 野草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月25日

伊吹山の花(2019/8/3)

ヒナノキンチャクを観察した後は伊吹山山頂に移動。8月初旬の伊吹山は久しぶりです。


s-2019-08-03_10-37-31(1).jpg
ガスの湧き上がる伊吹山の山頂稜線


s-2019-08-03_10-21-36.jpg
キンバイソウ


s-2019-08-03_09-27-57.jpg
クガイソウ。次のルリトラノオと混同されやすいですが、葉の付き方が違います。


s-2019-08-03_09-05-57.jpg
ルリトラノオ、伊吹山特産です。クガイソウよりやや遅く咲き始めます。まだほとんど咲いていませんでした。


s-2019-08-03_09-19-09(1).jpg
シモツケ。これも次のシモツケソウと混同されやすいです。


s-2019-08-03_09-11-54(1).jpg
シモツケソウ。夏の伊吹山山頂部を彩る花の代表格です。


s-2019-08-03_09-28-24(2).jpg
シモツケソウの群落。シカの食害で防護柵の中にのみ群落が残っています。


s-2019-08-03_09-10-13(1).jpg
イブキトラノオ。伊吹と名の付く植物はたくさんありますが、イブキトラノオもそのひとつです。


s-2019-08-03_09-47-06.jpg
イブキジャコウソウ


s-2019-08-03_09-55-21(1).jpg
伊吹山山頂のイブキジャコウソウ


s-2019-08-03_08-27-28(2).jpg
イブキコゴメグサ。もう少し後の方が花付きが良かったでしょうね。残念。


s-2019-08-03_09-48-09.jpg
ヒヨクソウ


s-2019-08-03_09-11-42(1).jpg
コオニユリ


s-2019-08-03_08-57-39.jpg
クサボタン、咲き始め。


s-2019-08-03_09-52-19(1).jpg
キバナノレンリソウ


s-2019-08-03_09-49-12(1).jpg
ハクサンフウロ


s-2019-08-03_08-39-28.jpg
ヒメフウロ


s-2019-08-03_09-35-20.jpg
イブキフウロ


s-2019-08-03_10-58-59(1).jpg
ミツバフウロ


2019-08-03_09-04-45.jpg
伊吹山は人が多すぎたり、シカの食害があったりと問題もありますが、季節ごとに行かなくてはいけない場所ですね。

ラベル:伊吹山
posted by makokuni at 15:22| Comment(0) | 野草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする