2018年05月09日

春の中国山地(2018/5/3 広島県庄原市)

GW後半、5月3日は庄原市北部の山へ。雨は止んだが風が強く肌寒い、生き物観察には向かない日でした。
目的だったダイセンキスミレはほぼ終わり、前夜の強い雨もあり開花している株は皆無でした。

野鳥も風が強いためかさえずりは少な目。例年さえずっていたクロジも観察できず、コルリもだめでした。元気で目立つのはソウシチョウと言う少し残念な状況でした。


s-2018-05-03_08-12-20T.jpg
オオアカゲラ


s-2018-05-03_08-14-30(1)T.jpg
キビタキ♂


s-2018-05-03_08-35-10(1)T.jpg
キビタキ♂、別個体


この春は早く季節が進んでいるためか、例年咲いていないヤマシャクヤクを見ることができました。


s-2018-05-03_07-28-27(1).jpg
ヤマシャクヤク、急な斜面の上部に咲いていて近づくことができませんでした。


スミレはダイセンキスミレがほぼ終わり、スミレサイシンは葉のみ。オオタチツボスミレも終盤。シハイスミレも終わり。ツボスミレとフモトスミレはほぼ満開でした。


s-2018-05-03_10-24-38(1).jpg
フモトスミレの大株


この場所で例年楽しみにしているサンショウウオ観察。あまり真面目に探していないのですが、ハコネサンショウウオとカスミサンショウウオ高地型を観察できました。


s-2018-05-03_06-40-27.jpg
ハコネサンショウウオ


s-2018-05-03_06-39-19(1).jpg
ハコネサンショウウオ、同一個体


s-2018-05-03_07-07-20.jpg
カスミサンショウウオ高地型、青灰色の斑が少ない個体。


s-2018-05-03_10-33-15.jpg
カスミサンショウウオ高地型、青灰色の斑が多い個体。


山麓に降りてアケボノスミレの咲く場所に行ってみました。こちらもほぼ終わりかけでしたが、何とか状態の良い株を一つ見つけました。


s-2018-05-03_13-12-11.jpg
アケボノスミレ


s-2018-05-03_13-27-08(1).jpg
同じ林床にはフデリンドウが咲いていました。


さて田植え前の自然観察はこれで終了です。春の進みが早すぎたり、天気が悪かったりでなかなか思うようにいきませんが、それも楽しいものです。



posted by makokuni at 21:09| Comment(0) | 生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月01日

チョウセンイタチ(2018/3/24 草津市)

先日、琵琶湖畔で観察したイタチです。
体色や頭胴長に対する尾の長さでチョウセンイタチではと思います。日本での本来の分布は対馬だけで、このあたりは移入種になります。在来種のイタチと競合しているようです。


s-2018-03-24_11-06-33.jpg
湖畔で餌を探すチョウセンイタチ
枯葉の下に鼻先を入れながら移動していました。


s-2018-03-24_11-05-18(1).jpg
チョウセンイタチ
可愛らし顔つきですが優秀なハンターです。


s-2018-03-24_11-05-19.jpg
チョウセンイタチ


s-2018-03-24_10-51-05(2)T.jpg
チョウセンイタチ


この個体、警戒心があまりなくじっとしているとかなり近くまでやってきました。





posted by makokuni at 10:27| Comment(0) | 生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月17日

ハコネサンショウウオ(広島県北東部)

ハコネサンショウウオは1種と思われていましたが、近年の分子系統学的解析から複数の隠蔽種が含まれていていることが分かりました。2012年に東北地方北部のキタオウシュウサンショウウオ、2013年に筑波山系のツクバハコネサンショウウオ、四国と中国山地の一部のシコクハコネサンショウウオ、さらに2014年にはタダミハコネサンショウウオとバンダイハコネサンショウウオが新種として記載されました。

広島県内にはハコネサンショウウオとシコクハコネサンショウウオが生息していることになります。西中国山地ではこの2種が同所で生息することが確認されているようです。岡山でも同じようですので、間に位置する広島北東部でもシコクハコネサンショウウオが生息していてもおかしくないように思います。

そこで過去に広島県東北部で撮影したハコネサンショウウオの写真を確認してみました。デジタルデータとして残っているのが3個体しかありませんでした。もう少し撮影していると思っていたのですが・・・。ちなみに撮影は全て5月上旬です。

ハコネサンショウウオとシコクハコネサンショウウオは胸の斑で区別できるようですが、そんなところを写している訳もなく残念ながら識別不能でした。今後観察する機会があれば、胸を確認するようにしないといけません。

それにしてもサンショウウオは魅力的な生き物ですね。いろんな種類を見てみたいですが、自力で探すのはしんどそうです。


2008-05-03_11-34-53T.jpg
個体A
背の色がやや黄色い個体。シコクハコネサンショウウオはの色が黄色い傾向にあるようですが、それだけで識別はできないでしょうね。やや小型の個体。


s-2012-05-02_11-13-49.jpg
個体B
背中にやや赤味のある大型の個体。後脚があまり太くないので♀ではないかと思います。


s-2012-05-02_11-14-38.jpg
個体B
上と同一個体。全体のバランスではやや尾が短く、胴が太いように感じます。


s-2015-05-02_15-01-56.jpg
個体C
後脚が太く♂と思われます。かなり細長い印象の個体。


s-2015-05-02_15-01-42.jpg
個体C
脚の指先に黒い爪があるのが確認できます。飛び出た眼が可愛らしい。






posted by makokuni at 21:30| Comment(0) | 生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする