2018年12月15日

栃の森で野鳥調査(2018/12/2)

12月2日、栃の森に野鳥調査で入りました。この日は冬とは思えない暖かさでした。
木々も広葉樹はほぼ落葉し、落ち葉の音を楽しみながら歩きました。冬鳥は思いのほか少なく、群れで観察できたのはマヒワだけでした。


s-2018-12-02_13-25-50T.jpg
オオバアサガラの侵入著しい湿原。このまま森に変遷しそうです。


s-2018-12-02_09-15-44.jpg
尾根に立つ異形のブナ。積雪のためか枝が変形しています。広角レンズで撮影したため細い樹の様に感じますが、実際はかなりの巨木です。


s-2018-12-02_09-12-25.jpg
由良川源流の風景。


s-2018-12-02_08-43-33.jpg
大雨で沢沿いにあった朽ちた巨木が落ちていました。スギの幼木が生えています。よく見ればナツエビネが数株着生しています。花の跡も確認できます。
シカの駆除のおかげか、この森のナツエビネは増えているように思います。今回もこれまで確認していなかった場所で見つけることができました。例年夏期にこの森に入らないのが残念です。


s-2018-12-02_07-14-32.jpg
この時期は花や昆虫はほぼ終わりですが、キノコはまだまだ楽しめます。写真はニカワハリタケ、針葉樹の切り株に生えます。


s-2018-12-02_09-56-50(1).jpg
苔むした朽木から生えたクリタケ。この森では倒木は思いのほか早く姿を変えていきます。菌類の分解能力は素晴らしいものです。


s-2018-12-02_10-46-57.jpg
冬のキノコの代表、ナメコです。天然ものはことのほか美味しいです。


s-2018-12-02_09-41-30T.jpg
ヤドリギの付いた巨木がたくさんあります。赤い実をつけるアカミヤドリギがどれくらいの比率であるか、道々観察してみました。ざっくりヤドリギ6にアカミ1くらいの感じでした。


さて、今回の調査で今年の栃の森での野鳥調査は終了です。今年は満開のツリシュスランを観察できたり、予想もしていなかったヒサマツミドリシジミ♀を観察したりと楽しめました。この森もすでに雪が積もっているでしょう。来年の春までお別れです。


ラベル:栃の森 野鳥調査
posted by makokuni at 19:05| Comment(0) | 生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月24日

オオセンチコガネ(2018/10/20 大津市岩間山)

10月20日土曜日、朝からタカの渡り観察で岩間山に上がったのですが、まさかの雨。天候が回復するまでタープの下で待機していると、オオセンチコガネが飛んできました。このところ白バックで撮影された昆虫の写真をよく見るので、フィールドノートの上に乗せて撮影してみました。


s-2018-10-20_07-30-33.jpg
オオセンチコガネ
光のあてかたと露出がなかなか難しいことが判りました。本来の輝きがなかなか出ません。


s-2018-10-20_07-32-47K.jpg
オオセンチコガネ、同一個体


撮影している間に、先週動物の糞があったことを思い出しました。その場所を少し掘ってみました。地面の表面には糞の跡は全くありませんでしたが、オオセンチコガネがごろごろ出てきました。


s-2018-10-20_07-50-43.jpg
オオセンチコガネ、色が違いますがすべてオオセンチコガネでした。他の糞虫も期待していたのですが確認できませんでした。

糞虫は昔から好きな昆虫なのですがなかなか手が出せていません。少しずつ撮影できたらと思います。






posted by makokuni at 20:59| Comment(0) | 生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月15日

「栃の森」で野鳥調査(2018/10/8)

10月頭の3連休、最終日は通称「栃の森」での野鳥調査でした。台風の影響で林道が崩落していたり、林内も倒木や小規模な土石流などが多発していました。


s-2018-10-08_15-58-54.jpg
崩落した林道


s-2018-10-08_13-17-01.jpg
小さな谷で発生した土石流。この森はトチ、ブナ、ミズナラなどの巨木がありますが、シカの食害で林床にはササなどがまったくありません。大雨により表土が流れることもあり、森自体の保水力が落ちているように思います。


s-2018-10-08_06-20-13(1).jpg
早朝の峠ではヒヨドリが集団で渡っていました。


s-2018-10-08_07-15-21.jpg
林内の紅葉や黄葉は始まったばかりでした。トチの大きな葉は色づくのが早い様です。


s-2018-10-08_07-25-27.jpg
カエデの仲間は赤くなりつつ。


s-2018-10-08_07-28-09.jpg
ミズナラは僅かに黄色味が出てきた感じです。台風のためか傷ついた葉が多い様に思いました。


s-2018-10-08_07-30-08.jpg
ナメコも出始めていました。


s-2018-10-08_08-25-40.jpg
マスタケ、若いうちは食用になるようですが食べたことはありません。


s-2018-10-08_09-41-38.jpg
マイタケもありました。天然もののマイタケは香りが強く最高においしいです。


s-2018-10-08_12-59-54(1).jpg
チシオタケ?、これは食用にはなりません。


沢沿いに泥が堆積した場所が、動物のとおり道になっているようで、足跡がたくさんありました。


s-2018-10-08_13-30-07(1).jpg
ニホンリスの足跡


s-2018-10-08_13-31-30.jpg
テンとリスの足跡


s-2018-10-08_13-33-20(1).jpg
キツネの足跡


林内は秋の花は少なかったですが、帰りの林道で少しだけ撮影しました。

s-2018-10-08_15-24-22.jpg
アキチョウジ


s-2018-10-08_15-24-39.jpg
リンドウ


3連休、3日とも野外で過ごしてしまいました。疲れが残っていたようで、翌日からの仕事はかなりしんどかったです。


posted by makokuni at 20:37| Comment(0) | 生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする