2018年02月16日

ヒレンジャク(2018/2/12 京都市)

先日の振り替え休日、久々に京都の賀茂川でカモ観察をしました。面白いカモを観察したので紹介したいと思いますが、ガンカモが続くので・・・。
カモ観察の後に京都市南部で観察したヒレンジャクです。

この場所は水路沿いの木々にたくさんのヤドリギが付いており、その実にレンジャクが集まっています。


s-2018-02-12_11-48-56(1)T.jpg
ヒレンジジャク


s-2018-02-12_11-50-42(1)T.jpg
ヒレンジャク
周辺の緑の枝は全てヤドリギです。


s-2018-02-12_11-52-50(1).jpg
ヒレンジャク
ヤドリギは粘着性の強いフンとなって新しい枝に着生することで増える戦略です。


s-2018-02-12_11-49-10.jpg
フンをするヒレンジャク


s-2018-02-12_12-07-19(2)T.jpg
ヤドリギにとまるヒレンジャク


s-2018-02-12_12-07-21T.jpg
ヤドリギの実を咥えたヒレンジャク


ヒレンジャクの中にキレンジャクも混ざっているとのことでしたが、観察できませんでした。

この冬は各所でレンジャクを見かけます。しばらく楽しませてくれそうです。






posted by makokuni at 21:10| Comment(0) | 鳥見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月13日

オオヒシクイとマガン(2018/2/11 長浜市など)

湖北を象徴する冬鳥はオオヒシクイです。野鳥センター前で休息中の個体は少なく、田んぼで採餌している3クループを見つけました。


s-2018-02-11_09-31-46T.jpg
虹とオオヒシクイ
この日は朝から雨、みぞれ、雪と強風で厳しい条件でした。一瞬光がさすと虹がでました。湖北の冬らしい情景でした。オオヒシクイの群れがもう少し近くなら言うことないのですが。


s-2018-02-11_09-39-37.jpg
オオヒシクイの群れ
最初の写真の群れの一部分。


s-2018-02-11_09-38-25T.jpg
オオヒシクイの群れ
同上


s-2018-02-11_09-54-37.jpg
オオヒシクイとコハクチョウの群れ
ハイイロガンを探していると雪で近づけない一角に群れがいました。残念ながらハイイロガンは入っていませんでした。


s-2018-02-11_10-02-17(1).jpg
上の写真の一部
オオヒシクイはコハクチョウより少し小さいですがかなり大きな体格をしていることが判ります。


s-2018-02-11_10-37-20(1).jpg
湖岸に近い田んぼで採餌中のオオヒシクイ
この場所は判りやすいので多くの観察者が集まっていました。他の群れよりやや距離感が近い感じがしました。


以下はマガンです。


s-2018-02-11_11-11-25T.jpg
田んぼで採餌するマガン
寒波で南下しているのかマガンの個体数が多いように思いました。この場所で50羽くらいいました。他にもオオヒシクイの群れに少数のマガンが混ざっていました。


この日は湖北からの帰宅途中、湖東の田んぼでもマガン32羽を観察しました。湖東でこの規模の群れを見たのは初めてで驚きました。
湖北は雪景色でしたがここまで南下すると晴天でした。マガンも採餌しやすい場所まで南下したのでしょう。


s-2018-02-11_13-04-27(1)T.jpg
マガンの群れ
バックは琵琶湖ごしの比良山系です。


s-2018-02-11_13-06-05(1).jpg
マガンの群れ
近くを自転車が通っても気にしません。


s-2018-02-11_13-21-50(1)T.jpg
マガン


s-2018-02-11_13-23-59(1).jpg
マガン


s-2018-02-11_13-23-40(1)T.jpg
マガン


s-2018-02-11_13-25-03T.jpg
マガンの飛翔


寒波が弱まるまで滞在するかもしれませんね。塒が近くなのか、湖北あたりから通勤しているのかなど、興味もつきません。



posted by makokuni at 22:13| Comment(0) | 鳥見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月12日

シジュウカラガン(2018/2/11 長浜市)

一カ月ぶりにシジュウカラガンの様子を見に行きました。
朝から強風、みぞれ、横殴りの雪と厳しい条件でしたが、シジュウカラガンを間近に観察することができました。
ハイイロガンも探したのですが、見つけたマガンの群れやオオヒシクイヒシクイの群れには入っていませんでした。


s-2018-02-11_08-39-11T.jpg
コハクチョウの小群と行動するシジュウカラガン


s-2018-02-11_08-52-14T.jpg
シジュウカラガン
一カ月前に観察したとき首の白線がよく判らなかったのですが、今回ははっきりと確認できました。


s-2018-02-11_08-52-21(2)T.jpg
雪に足を取られてバランスを崩して羽ばたくシジュウカラガン


s-2018-02-11_08-52-32(1)T.jpg
盛んに採餌した後、羽繕いを始めました。


s-2018-02-11_08-52-36(1)T.jpg
羽繕いするシジュウカラガン


s-2018-02-11_08-53-01T.jpg
シジュウカラガン
天候が悪く光が入っていないので眼が判らなくなりました。


s-2018-02-11_08-53-43T.jpg
シジュウカラガン


s-2018-02-11_09-00-12T.jpg
羽繕いが終わると雪の上で休憩してしまいました。


シジュウカラガン、コハクチョウと一緒に元気に越冬しており安心しました。今年は雪が多いので採餌場所がやや南側になっているように思います。
この日も少し北側に移動するだけで明らかに降雪量が増えていました。




posted by makokuni at 17:11| Comment(0) | 鳥見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする