2020年11月29日

トラフズク(2020/11/21滋賀県)

11月21日、この日は朝から琵琶湖湖畔でカモ観察をしたのですが風が強く満足に双眼鏡を覗けませんでした。
カモ観察をあきらめて湖北野鳥センターまでドライブすることにしました。


その途中で少し寄り道。トラフズクの越冬個体が来ているか昨年の塒を見てきました。現地に行ってびっくり、昨年塒に使用していた木が大胆に剪定されていました。これでは姿を隠せません。
今年はトラフズクはダメかもと思いながら近くの木を探すと、スギに隠れているトラフズクを発見。何とか別の木に塒を確保したようです。
目視で3羽確認できました。


s-2020-11-21_09-06-35(1)T.jpg
トラフズク


s-2020-11-21_09-09-28T.jpg
トラフズク、別個体


塒付近に長時間留まるのは良くないので直ちに立ち去りました。

さて、久しぶりの湖北。冬型になったのでオオワシの飛来に立ち会えるかもと期待していたのですが、この日は来ず。二日後にやって来ました。
湖北野鳥センターに行ったのは、今回発売された「湖北の野鳥図鑑」を購入するため。地方の野鳥図鑑としては素晴らしい写真図鑑だと思います。


s-2020-11-21_11-46-26.jpg
「湖北の野鳥図鑑」とオオワシの塒である山本山。


posted by makokuni at 18:47| Comment(0) | 鳥見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月24日

雑種カモ(推定ハシビロガモ×オカヨシガモ)2020/11/17

11月17日、休暇をいただいて先日から気になっていた雑種ガモを見に行きました。Webで見るその姿は何とも不思議で美しいものでした。

早朝6時前に自宅を出発、電車乗り継ぎ、最後は徒歩で現地に8時過ぎに到着しました。
早速双眼鏡をのぞくとオカヨシガモの小群の中にそのカモはいました。


s-2020-11-17_08-38-44T.jpg
オカヨシガモと行動する雑種カモ


s-2020-11-17_08-53-44T.jpg
ハシビロガモとオカヨシガモの特徴が各部に混じりあっている。眼から頬の線は水面採餌ガモ間の雑種ではよく出ると思う。


s-2020-11-17_09-43-54T.jpg
採餌の仕方はオカヨシガモに近いが、嘴の構造がハシビロガモとの中間のためか、嘴から出てくる水の量が明らかに多い。


s-2020-11-17_09-37-40T.jpg
倒立した採餌もオカヨシガモと同じ。尾筒の色も美しいグリーン。


s-2020-11-17_09-09-08T.jpg
オカヨシガモ♀に求愛的な行動をすることがあったが反応はいまひとつ。


s-2020-11-17_09-09-50(1)T.jpg
嘴は先広がりの形状。


翼帯の特徴を撮影したく2時間以上まったのですがなかなかチャンスがありませんでしたが、コイとオオバンのおかげで撮影できました。
近くでコイが飛び跳ねて驚いたり、オオバンが突っかかったりすると代償行動として羽ばたくようです。


s-2020-11-17_09-08-22(1)T.jpg
翼帯と翼鏡はハシビロガモとオカヨシガモを微妙に組み合わせたパターンになっていました。以下、羽ばたきの写真です。


s-2020-11-17_10-40-02(1)T.jpg


s-2020-11-17_10-40-44T.jpg


s-2020-11-17_10-00-22(1)T.jpg

本当に不思議で美しい雑種カモでした。この組み合わせの雑種には二度と逢えない気がします。


posted by makokuni at 19:33| Comment(0) | 鳥見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月23日

雑種カモ♀(推定アカハジロ×ホシハジロ)2020/11/14琵琶湖南湖東岸

この日も琵琶湖南湖でカモ観察。


s-2020-11-14_09-40-18T.jpg
琵琶湖南湖東岸のカモの群れ。帯のようにカモが群れています。バックは比叡山。


s-2020-11-14_09-01-12T.jpg
メジロガモはまだ居ました。


s-2020-11-14_11-36-00T.jpg
内湖に移動。内湖にもホシハジロをメインにカモがびっしりといました。三上山をバックに。


s-2020-11-14_11-20-27.jpg
逆方向、湖周道路と比叡山北部の稜線。


カモの群れをじっくり観察。ほとんどホシハジロで次がキンクロハジロです。その中に雑種カモが入っていました。珍しく岸近くにいて撮影できました。


s-2020-11-14_11-21-11(1)T.jpg
雑種カモ♀。推定アカハジロ×ホシハジロと判断しました。以下、同一個体です。雑種カモは個体ごとに異なった形質を発現しているのでとても面白いです。


s-2020-11-14_11-14-50(1)T.jpg


s-2020-11-14_11-14-08(1)T.jpg


s-2020-11-14_11-14-11(3)T.jpg


s-2020-11-14_11-14-14T.jpg


s-2020-11-14_10-13-04.jpg
タカの渡り観察用に購入した20倍双眼鏡Monarch5(20×56)、カモ観察にもなかなか良いです。眼が疲れないのが本当に良い。
同じことを何回も書いている気がしますが・・・。



posted by makokuni at 22:15| Comment(0) | 鳥見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする