2015年08月22日

ナツエビネも終盤(2015-8-22 高島市)

先日登った稜線ではまだ蕾だったミヤマウズラ、やはり咲いているところが観察したいと思い出かけました。同じ稜線でも良かったのですが、思ったより天気も悪そうなので少し楽に登れそうな二の谷山にしました。

登山口では雨が止んでいましたが、少し登ると雨雲の中に入ってしまいました。稜線の道は雨で霞んでいました。
P477あたりからナツエビネが生えています。山頂までの間に多くの株を確認しましたが、花はほぼ終盤でした。

S20150822_0730501ナツエビネ

S20150822_073545ナツエビネ
この山も林床に下生えがほとんどありません。やはり鹿の食害でしょうか。今日も数頭の鹿を見かけました。林床にナツエビネが一株ポツンと咲いていました。

S20150822_0744171ナツエビネ
本日見かけたナツエビネで一番たくさん生えていた場所です。この周囲にも多くの株がありました。花は大半が茶色になってきています。今年のナツエビネも終わりですね。


ナツエビネは終盤でしたが、ミヤマウズラはどうでしょうか?
ミヤマウズラもほぼ終わりかけていました。やはり少し標高が低い山なので早く咲いたのでしょう。

S20150822_0752282ミヤマウズラ
3株が並んで咲いていました。花はほぼ終わりで、花茎の先端部分のみがきれいな状態でした。
ミヤマウズラはランの仲間としては珍しい方ではありませんが、満開の状態はなかなか観察できません(わたしだけ?)。

S20150822_0854412ミヤマウズラ
上と同じ株です。方向を変えただけでかなり花の感じが変わりますね。

S20150822_085725ミヤマウズラ
花のアップです。小さな可愛らしい花です。豚鼻のような模様があって愛嬌たっぷりです。

posted by makokuni at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月13日

ミヤマウズラはまだ蕾(2015-8-12 高島市)

今日は久々の雨です。昨日は薄曇りで気温も比較的低い予報だったので、朝から滋賀県と京都府の県境を歩いてみました。
尾根にあがると心地よい風でこのところの猛暑を忘れる気持ちよさでした。

S20150812_090152県境の尾根から滋賀県側を撮影。同じような高さの山が続いています。

S20150812_0846241尾根には異形のブナが生えていました。


さて、尾根に登る前に沢を詰めて行くのですが、沢沿いにナツエビネの大株が生えていました。

S20150812_1133381沢沿いに生えているナツエビネ。

S20150812_072903上と同じナツエビネです。たくさん花がついていますが、下の方はすでに終わりかかっています。

S20150812_1127461ナツエビネ。上と同じ株です。


尾根にあがってもこの時期あまり花は咲いていません。

S20150812_084136ツルリンドウがもう咲いていました。


稜線の鞍部にナツエビネがたくさん生えていましたが、花の状態は今一つでした。連日の猛暑が影響しているのかもしれません。

S20150812_0913261ナツエビネ

S20150812_1015531ナツエビネ

S20150812_100815ナツエビネ

S20150812_100257ナツエビネ、花のアップ。

S20150812_094939この株のように蕾が黒くなって落ちているものがかなりありました。

 
尾根にはミヤマウズラもちらほらと生えていましたが、さすがに少し時期が早い様ですべて蕾でした。

S20150812_102624ミヤマウズラ

S20150812_1026381ミヤマウズラの蕾をアップで。やはり8月後半からが見頃でしょうか。


気持ち良い尾根歩きで、たくさんのナツエビネを観察でき満足して家路につきました。午後大津に戻ったらそれなりに暑くなっていました。やはり山はいいですね。





posted by makokuni at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月30日

キバシリ(2015-5-29 京都市)

今日(5/30)は休養日です。午前中に1時間ほど自宅近くの谷でサンコウチョウの様子を見てきました。スギ林の中を飛ぶ♂を確認しました。

昨日は突発的に休みをいただいて京都市北部のいわゆる北山の稜線を歩いてきました。

S20150529_084514スギの巨木1
いわゆる芦生スギと言われているものでしょう。稜線上に点々と巨木があります。


朝いちばんに少しだけ谷に入ってみました。

S20150529_080021tミソサザイ
スギの倒木上でミソサザイが囀っていました。

S20150529_081056サルメンエビネ
谷にサルメンエビネがありましたが、残念ながら花はありませんでした。黒くなった花茎が僅かに残っていました。今年は花がかなり早かったのかもしれませんね。


谷から上がって稜線を延々と歩きました。結構汗をかいて持参した水が足らなくなって最後は少し脱水症状気味になりました。危ないあぶない・・・。

稜線ではアカゲラの幼鳥が親に餌をねだる姿があちこちで観察できました。こんなにアカゲラを見た日はないような気がします。

S20150529_0927301tアカゲラ幼鳥1

S20150529_0928041tアカゲラ幼鳥2

稜線を歩くと谷からはアカショウビンのさえずりが聞こえてきます。昼間ですがコノハズクも少しだけ鳴いていました。
今回驚いたのは、クロジのさえずり。近くで鳴いていたのですが葉が茂っていて姿は確認できませんでした。

 

S20150529_1012381スギの巨木2


稜線で一番多かったのがキバシリです。あちこちで声がしていました。おそらく巣立った幼鳥がまとまって動いているのでしょう。

S20150529_1140321tキバシリ

S20150529_113639tキバシリ

S20150529_113641tキバシリ
尾羽が左右に分かれて体を支えているのが判ります。この点はキツツキと同じですね。

S20150529_1136381tキバシリ

posted by makokuni at 14:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする