2021年03月07日

アカハシハジロ成鳥♂:2月の観察(琵琶湖南湖東岸)

3月6日に琵琶湖南湖東岸に立ち寄ったところ、アカハシハジロ成鳥♂の姿を確認でいませんでした。時々移動することもありましたが、最近は同じ場所にいたので北帰した可能性もあります。北帰であれば2月27日が個人的な終認となります。
昨シーズン越冬した個体と同一個体だと思いますので2年連続の越冬でした。昨シーズンは第一回冬羽で嘴に黒い斑が残っていました。今シーズンは飛来当初からはっきりとした羽衣でしたが、換羽が進むとよりきれいになりました。
来シーズンも無事戻ってほしいものです。

以下、2月に撮影した写真です。


2月11日

s-2021-02-11_08-51-05(1)T.jpg
雑種カモと並ぶアカハシハジロ


s-2021-02-11_09-14-15(1)T.jpg
休憩するアカハシハジロ。昼間のカモは基本寝ていますが、アカハシハジロは比較的頻繁に頸をあげてくれます。


s-2021-02-11_09-12-38(1)T.jpg
アカハシハジロ、この日は湖岸近くで活発に動いてくれました。


s-2021-02-11_08-44-22T.jpg


s-2021-02-11_10-13-09(1)T.jpg
嘴に黒斑はありません。大阪の池に出現した個体は成鳥と判断されている方もいましたが、嘴に黒斑があり各部の羽と合わせて第一回冬羽ではないかと思います。短期間琵琶湖に立ち寄った個体であれば面白いなあ・・・などと妄想しています。


s-2021-02-11_10-12-59(3)T.jpg


2月13日、二日続けての観察。この日も湖岸から近い。この時期には撮影者も少なくなり朝早くは一人でゆっくり観察できました。

s-2021-02-13_08-50-13(1)T.jpg


s-2021-02-13_09-46-55T.jpg


2月20日、この日は沖合で寝ていましたがボートが通過したのに驚いて湖岸近くまで移動して来ました。

s-2021-02-20_09-01-56.jpg
沖合で寝ているアカハシハジロ。


s-2021-02-20_09-41-46T.jpg
ボートに驚いて移動。このような場合、大概羽繕いをします。一種の代償行動でしょうか。


s-2021-02-20_09-42-48(3)T.jpg
胸から腹にかけての黒色部が艶やかになっています。渡来初期は少しまだら状態でした。


s-2021-02-20_09-39-49(2)T.jpg
羽ばたくアカハシハジロ


2月23日、この日は風が強く波も高い日でした。居ることだけ確認して退散しました。

s-2021-02-23_09-43-51T.jpg
オオバンと共に波に揺られるアカハシハジロ。


2月27日、個人的終認日。

s-2021-02-27_11-55-37T.jpg
雑種カモの奥で休むアカハシハジロ。


s-2021-02-27_11-53-48(1)T.jpg


s-2021-02-27_11-53-43(2)T.jpg
この日が最後の観察となったアカハシハジロ。来年は♀と一緒に来てほしい。




posted by makokuni at 17:47| Comment(0) | 鳥見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: