2020年11月24日

雑種カモ(推定ハシビロガモ×オカヨシガモ)2020/11/17

11月17日、休暇をいただいて先日から気になっていた雑種ガモを見に行きました。Webで見るその姿は何とも不思議で美しいものでした。

早朝6時前に自宅を出発、電車乗り継ぎ、最後は徒歩で現地に8時過ぎに到着しました。
早速双眼鏡をのぞくとオカヨシガモの小群の中にそのカモはいました。


s-2020-11-17_08-38-44T.jpg
オカヨシガモと行動する雑種カモ


s-2020-11-17_08-53-44T.jpg
ハシビロガモとオカヨシガモの特徴が各部に混じりあっている。眼から頬の線は水面採餌ガモ間の雑種ではよく出ると思う。


s-2020-11-17_09-43-54T.jpg
採餌の仕方はオカヨシガモに近いが、嘴の構造がハシビロガモとの中間のためか、嘴から出てくる水の量が明らかに多い。


s-2020-11-17_09-37-40T.jpg
倒立した採餌もオカヨシガモと同じ。尾筒の色も美しいグリーン。


s-2020-11-17_09-09-08T.jpg
オカヨシガモ♀に求愛的な行動をすることがあったが反応はいまひとつ。


s-2020-11-17_09-09-50(1)T.jpg
嘴は先広がりの形状。


翼帯の特徴を撮影したく2時間以上まったのですがなかなかチャンスがありませんでしたが、コイとオオバンのおかげで撮影できました。
近くでコイが飛び跳ねて驚いたり、オオバンが突っかかったりすると代償行動として羽ばたくようです。


s-2020-11-17_09-08-22(1)T.jpg
翼帯と翼鏡はハシビロガモとオカヨシガモを微妙に組み合わせたパターンになっていました。以下、羽ばたきの写真です。


s-2020-11-17_10-40-02(1)T.jpg


s-2020-11-17_10-40-44T.jpg


s-2020-11-17_10-00-22(1)T.jpg

本当に不思議で美しい雑種カモでした。この組み合わせの雑種には二度と逢えない気がします。


posted by makokuni at 19:33| Comment(0) | 鳥見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: