2019年05月12日

ジャクチスミレとシコクスミレ(2019/5/2広島県北西部)

GWの帰省時に西中国山地に行きました。数年ぶりにジャクチスミレとシコクスミレを観察しました。

ジャクチスミレは広島県北西部の一部の山にのみ自生するスミレです。シコクスミレとスミレサイシンが交雑したスミレで、両種の中間的な形態をしています。咲く時期もスミレサイシンが最初に咲き、次がジャクチスミレ、そしてシコクスミレの順です。南方系のシコクスミレと北方系のスミレサイシンが同所に生育するこの地域ならではのスミレと言えます。


前回は春の進みが遅く、スミレサイシンは咲き残り、ジャクチスミレは満開、シコクスミレは咲き始めでした。今回はスミレサイシンは終わり、ジャクチスミレは咲き残り、シコクスミレは満開でした。咲く時期が微妙に違うのですべてをいい状態で観察するのは無理ぞうです。



s-2019-05-02_09-04-58(1).jpg

ジャクチスミレ

花弁はスミレサイシンとシコクスミレの中間の大きさで丸みも強く、色もスミレサイシンより淡い傾向にあります。側弁基部には毛があります。この点はシコクスミレの形質と思われます。


s-2019-05-02_08-22-17.jpg
ジャクチスミレ


s-2019-05-02_08-23-35(1).jpg
ジャクチスミレ
葉は展開してもスミレサイシンより小さくシコクスミレに近い大きさです。


s-2019-05-02_09-43-06.jpg
群生するシコクスミレ、ヤブレガサとともに。今回お気に入りの写真です。


s-2019-05-02_08-10-20.jpg
群生するシコクスミレ、エンレイソウと共に。



s-2019-05-02_09-30-23.jpg
シコクスミレのポートレート


s-2019-05-02_09-31-17(1).jpg
シコクスミレ、葉の展開はスミレサイシンやジャクチスミレより早いようです。


ジャクチスミレとシコクスミレ、両方とも好みのスミレです。今回も観察できてよかった。



posted by makokuni at 18:24| Comment(0) | スミレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: