2019年05月12日

西中国山地のラン(2019/5/1-2広島県北西部)

GWに西中国山地で観察したランです。他にもコケイラン等も咲き始める時期ですが出会えませんでした。


s-2019-05-01_13-31-44(2).jpg
カヤラン
渓流沿いの木に着生したカヤラン。数か所で確認できましたが、花弁が大きく開いている株はほとんどありませんでした。


s-2019-05-01_13-42-11(1).jpg
カヤラン
花弁が開いていない株が多く残念。


s-2019-05-01_15-35-34(1).jpg
カヤラン
比較的細い横枝に沢山の株がついていました。


s-2019-05-01_14-19-12T.jpg
モミラン
今回はマクロレンズで撮影できる距離には咲いていませんでした。垂直な木の幹に咲いている株を見上げて望遠で撮影しました。
数か所で観察できましたが、横枝に付いていた大きな群落は着生していたコケごと崩落したようで残念でした。


s-2019-05-01_14-36-14.jpg
ユウシュンラン
数年前に大きな群落を確認した場所には行けず、カヤランを観察した渓流沿いで1株のみ確認しました。


s-2019-05-02_12-25-33(1).jpg
イチヨウラン
ジャクチスミレを観察した山から降りた後に、移動して2年ぶりに観察。


s-2019-05-02_12-41-33.jpg
イチヨウラン
花茎の伸びていない小さな株が愛らしい。花の付いていない株も複数ありました。


s-2019-05-02_12-26-07.jpg
イチヨウラン
花のアップ。


西中国山地にはこの時期から夏まで様々なランが咲いていきます。滋賀に住んでいるのでなかなか行けませんが、折に触れて行きたいと思います。





posted by makokuni at 12:00| Comment(0) | 野草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: