2019年04月21日

ヒメフタバランとトウゴクサバノオ(2019/4/20滋賀県南部)

昨日(4/20)、滋賀県南部の山に行ってきました。今春は野草の開花状況が今一つのように思います。咲いても花数が少ない感じです。
メリハリが無い季節の移り変わりが影響しているのかもしれません。早く春が来たのに戻り寒波で全体に遅れが生じているのかもしれません。

さて今回の目的、一つ目は昨年も観察したヒメフタバランです。今年もほぼ満開でした。株数も特に変化はないようで安心しました。
小さい植物で暗い所に生育することもあり、撮影に苦労しました。日頃あまり使わない三脚やスピードライト、LEDライトまで使って何とか撮影しました。


s-2019-04-20_12-35-30.jpg
ヒメフタバラン、葉に線が入ったタイプ。


s-2019-04-20_08-35-57T.jpg
ヒメフタバラン、全体に色の濃い株。


s-2019-04-20_07-58-58(1).jpg
ヒメフタバラン、このタイプがここでは一番多い。


s-2019-04-20_08-29-11(1).jpg
ヒメフタバラン


s-2019-04-20_07-57-27.jpg
花のアップ、色の濃い株。


s-2019-04-20_12-52-59.jpg
花のアップ、色がやや淡い株。


さてもう一つの目的がトウゴクサバノオ。例年、滋賀県北部で観察するのですが今年では今回が初めての観察です。
昨年に比べて花をつけている株が少ないように思いました。

小さな花ですので、ここでも撮影には三脚が大活躍でした。


s-2019-04-20_11-09-41T2.jpg
トウゴクサバノオ


s-2019-04-20_11-08-35(1)T.jpg
トウゴクサバノオ


s-2019-04-20_10-45-52(2).jpg
トウゴクサバノオ


目的のヒメフタバランとトウゴクサバノオを観察できました。
谷川でムカシトンボの羽化個体を観察できないかと探したのですが、そちらはダメでした。コマドリのさえずりを聞いてから下山しました。



posted by makokuni at 19:38| Comment(0) | 野草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: