2018年01月21日

推定アカハシハジロ×ホシハジロ成鳥♀(2018/1/20 兵庫県)

最近ほぼカモブログ化していますが、今回もカモの話題です。

先日教えていただいた雑種カモを観察に行ってきました。同所に2個体の雑種カモがいるという奇跡的な状況で楽しめました。
アカハシハジロ×ホシハジロ成鳥♀と思われる個体とメジロガモ×ホシハジロ成鳥♂と思われる個体でした。
先ず、アカハシハジロ×ホシハジロ成鳥♀を紹介します。

注)交雑の組み合わせはあくまで推定で、外観上の特徴から判断したものです。


s-2018-01-20_10-29-45.jpg
雑種2個体、同時に撮影できました。非常に珍しい光景だと思います。
手前がアカハシハジロ×ホシハジロ、後ろがメジロガモ×ホシハジロです。


s-2018-01-20_09-23-49.jpg
アカハシハジロ×ホシハジロ成鳥♀
ホシハジロよりやや大きい感じでした。嘴は側面から見るとアカハシハジロと似た形状だと感じましたが、正面から見るとやや幅が広い感じでした。頬の白色部は狭く茶色の班が広がっています。


s-2018-01-20_09-23-39(1).jpg
肩羽や脇はアカハシハジロとホシハジロの中間的な色合いでした。


s-2018-01-20_09-29-48.jpg
腹部も中間的。


s-2018-01-20_10-06-49(1).jpg
伸びをするアカハシハジロ×ホシハジロ成鳥♀


s-2018-01-20_09-30-42.jpg
アカハシハジロ×ホシハジロ成鳥♀
羽ばたき。翼のパターンはアカハシハジロに近い感じです。


s-2018-01-20_10-08-04(3).jpg
アカハシハジロ×ホシハジロ成鳥♀
羽ばたき、別角度。


s-2018-01-20_09-40-28.jpg
羽繕いするアカハシハジロ×ホシハジロ成鳥♀


s-2018-01-20_09-38-56(1).jpg
浅瀬で休むアカハシハジロ×ホシハジロ成鳥♀
近くで観察すると嘴の先端近くに青みのある斑が点在していました。ホシハジロ由来の斑と思われます。


雑種カモは個体毎に特徴の発現が違って非常に面白いと感じています。この個体も独特の雰囲気を醸し出していました。

次回は同時に観察したメジロガモ×ホシハジロ成鳥♂を紹介したいと思います。

(追記)
アカハシハジロ×ホシハジロ成鳥♀は雄化個体ではとの見解があるようです。嘴基部付近の黒斑、肩前部の白色部、虹彩がやや赤みを帯びている点などが指摘されています。




posted by makokuni at 14:34| Comment(0) | 鳥見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: