2017年11月30日

カリガネ(2017-11-25 出雲市)

シラガホオジロを観察した後、大きく移動して出雲に行きました。
目的は雁類の観察です。


s-2017-11-24_14-18-07.jpg
出雲平野で採餌するコハクチョウの小群
この日は時雨れて虹がずっと出ていました。この冬は出雲平野に来ているコハクチョウはかなり少ないようでした。


s-2017-11-24_13-36-34(1).jpg
ヒシクイの群れ
ヒシクイは昨年と同様30羽くらいの群れでいました。今年は亜種オオヒシクイは見かけませんでした。ヒシクイはマガンに比べると野武士のイメージで地味ながら精悍な感じがします。


s-2017-11-25_06-48-42.jpg
11月25日早朝、斐伊川河口に集結したマガンの群れ
黒い線状に見えるのがマガンです。今年は台風の影響か河口の状況が違う様で集結する場所が変わっていました。


s-2017-11-25_08-04-46.jpg
河口近くの田んぼに移動するマガン
朝7時30分、河口から飛び立ち近くの田んぼに移動しました。


s-2017-11-25_08-13-09.jpg
田んぼに集結したマガンの群れ。この中にヒシクイも混ざったいました。


群れの中を探すと、カリガネが2羽入っていました。


s-2017-11-25_08-44-54T.jpg
カリガネ2羽
車の中から撮影。柵の間からの撮影となり残念ながら上下が被ってしまいました。
マガンより一回り小さく、ピンクの嘴とアイリングが可愛らしいですね。

撮影直後にマガンと一緒に飛び立ってしまいました。


s-2017-11-25_08-57-10(1).jpg
飛んだ場所に向かうと、ひこまえの伸びた田んぼに降りていました。頸を伸ばしたカリガネが確認できます。


s-2017-11-25_09-45-15T.jpg
カリガネは顔をあげてくれればすぐに見つけることができるのですが、採餌に夢中でなかなか顔をあげてくれません。2羽同時に顔をあげてくれたのはこの一瞬くらいです。


s-2017-11-25_09-45-21T.jpg
カリガネ
顔をあげた一羽ともう一羽写っているのですが判るでしょうか。


今年もカリガネを観察できましたが、雁類の個体数は以前比べて激減しているように思いました。田んぼの環境もかなり変わってきているようで今後が心配です。








posted by makokuni at 22:35| Comment(0) | 鳥見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: