2016年04月25日

オオハム夏羽と識別私見(2016-4-23 福井県)

奥伊吹でミヤマキスミレを観察した後に福井県まで北上して、夏羽のオオハムを探してみました。

S20160423_135232tオオハムの小群
まだ冬羽から換羽が進んだ個体は少ない状況で、夏羽の個体が見つかりません。


この場所には30羽くらいのオオハムがいたのですが、夏羽になっているのは僅かに1個体のみでした。

S20160423_1407581tオオハム夏羽
黄砂のためか霞んだ曇り空で色がはっきりでませんでした。

S20160423_1359442tオオハム夏羽(同一個体)

S20160423_1404041tオオハム夏羽(同一個体)


以下はオオハムとシロエリオオハムの識別についての私見です。

観察経験の少ない私にはオオハムとシロエリオオハムの識別はなかなか難しいと思いました。アビ類の識別についてはこのサイトに詳しくまとめられていて、素晴らしい写真とともに参考になります。

識別点のうち、嘴の長さはもう少し定量的に比較できるのではないかと考えました。
嘴をABに分割してその長さを比較することで、オオハムとシロエリオオハムが識別できる気がします。
嘴だと真横の写真でなくても相対的な長さの関係は一定なので比較はできそうです。

オオハムの場合、A>Bであり、A/B=(1.3〜1.4)の関係がありそうです。
シロエリオオハムの場合、A≒Bと思います。

20160423_132138ttオオハム頭部


以下の写真で確認しても大体あっている感じですが、シロエリオオハムの例数が少なすぎますね。お手持ちの写真で比較して結果をお知らせいただければと思います。

S20160423_1322461tシロエリオオハム

S20160423_1322481tシロエリオオハム

S20160423_133248tオオハム

S20160423_1338181tオオハム

S20160423_140255tオオハム

S20160423_1414381tオオハム

S20160423_1423301tオオハム

S20160423_143823tオオハム

posted by makokuni at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック