2015年07月04日

ミドリシジミ 2 (2015-7-4 彦根市)

今日はなんとか雨は降らないだろうと予測して、次男を野洲のサッカー場まで送ってから、先週に続いてハンノキ林に行ってみました。

ハンノキに止まっているミドリシジミはほとんどいませんでしたが、近くに生えているコナラの枝にたくさんのミドリシジミが集まっていました。
その周りの低木に降りているミドリシジミを撮影できました。今日撮影できたのは全て♀でした。一週間で状況はかなり変わっているようです。

S20150704_092656ミドリシジミA 
青い斑のみある♀B型でした。

S20150704_095135ミドリシジミB
こちらは・・・

S20150704_095125ミドリシジミB
なんとか開翅してくれました。橙色の斑がある♀A型でした。

S20150704_094613ミドリシジミC
さてこちらの個体は・・・

S20150704_0946341ミドリシジミC
ちょっと薄いですが橙色の斑と青い斑が両方ある♀AB型でした。

S20150704_0947111ミドリシジミC
手を伸ばしてコンデジで真上からノーファインダーで撮影してみました。なんとかそれなりに撮影できました。青い斑がなかなか綺麗ですね。

ミドリシジミ♂もいたのですが、まったく開翅してくれませんでした。♀と開翅する条件が違うのでしょうか?


ミドリシジミを観察した後は、近くの林道を歩いてみました。いたるところでサンコウチョウが鳴いていましたが、杉の樹冠付近で撮影はできませんでした。

代わりに集団で移動していたコガラを撮影しました。

S20150704_1145581tコガラ


昼近くになるとポツポツと雨が落ちてきたので、引き上げました。明日も雨模様のようです。山のゼフは今年も目標未達で終了しました。

posted by makokuni at 21:20| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
A型、B型、AB型の全部が一緒にいるということですか。
今年、まだチャンスはありますよね。
八○湿原にミドリシジミの産地があるようなので、見てみたいです。
Posted by mag at 2015年07月06日 08:48
この場所、これまでO型は観察していません。場所によって♀の型の出現頻度は違うみたいです。ここではO型はいないのかも。
Posted by makokuni at 2015年07月06日 12:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック