2013年04月09日

イブキスミレ(2013-4-8 広島県庄原市)

早春のスミレ観察に庄原市の帝釈峡に行ってきました。
帰省に合わせていろいろと回りたかったのですが、土日は爆弾低気圧の影響で動けず、結局昨日のみとなりました。

今回の目的は、イブキスミレ、タカオスミレ(ヒカゲスミレ)、ヒナスミレです。

一昨年の4月半ばに帝釈峡に行った時、イブキスミレ自体は満開でしたが天候が最悪。雨と風で良い状態のイブキスミレは観察できませんでした。
昨年は4月中に観察に行けず、5月頭ではイブキスミレの花は完全に終わっていました。
そして今年・・・。今年は春が早いので思いきって、1週間ほど早くしてみました。

S20130408_125959t

イブキスミレです。帝釈峡では一番たくさん咲いているスミレですが、他の場所ではなかなか観察できないと思います。名前にもなっている滋賀県の伊吹山では私はまだ観察できていません。

S20130408_131621

イブキスミレは距が白く、丸い葉をしています。この特徴は、オオタチツボスミレと同じですので注意が必要です。

S20130408_131911

こちらがオオタチツボスミレです。距が白く、丸い心形の葉をしています。地上茎があまり伸びていない時期は全体の雰囲気がイブキスミレに似ている感じがします。

S20130408_134415_2

イブキスミレは花弁の側弁基部にびっしりと毛が生えています。オオタチツボスミレは無毛なので、ここでも区別できます。

S20130408_141809

イブキスミレは花弁がウサギの耳のように上に反り返る傾向があります。この点も特徴がありますね。

S20130408_141846_2

思いきって1週間ほど早く観察に行ったのですが、結果的にはやはり早かったと思います。
イブキスミレは満開には程遠い状況で、1分咲きから2分咲き位の感じでした。今週末から来週あたりが良い感じかなあ・・・。

 

posted by makokuni at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | スミレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック