2010年08月15日

夏の生き物・トンボ(1)オナガサナエ (広島県庄原市)

先の記事にも書いたのですが、今年はトンボが少なく思いました。特に観察したいと思っていたヤンマの仲間はサッパリでした。

さて帰省して真っ先に行くのは自宅近くを流れる西城川の河原。夜中に帰省して、翌朝にはやはり川に向かいました。
流れの中の石を眺めると・・・、いました。オナガサナエです。石の上で縄張りを張っている♂です。

S20100809_073319
(広島県庄原市西城川 2010年8月9日)

もう少し近づいてみましょう。
近づくと腹部の先が独特の形状をしていることが判ります。横から見るとカニの爪の様です。

S20100809_073547
(広島県庄原市西城川 2010年8月9日)

正面から見ると腹部の後半部が広がっています。カニの爪と腹部の広がりにはどんな理由があるのでしょうか? 不思議なものですね。

S20100809_073800
(広島県庄原市西城川 2010年8月9日)

♀の産卵飛行も観察したかったのですが、今回は観察できませんでした。産卵が活発になる夕方時に行かないとダメですね。結局、帰省中夕方に行くことができず宿題になりました。

posted by makokuni at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック