2021年02月18日

アカハジロ♀(2021/1/16,2/6,2/14 滋賀県)

昨年末に観察したアカハジロ♀第一回冬羽と思われる個体、徐々に換羽が進んで来ました。天候(光)の条件により頭部などの色あいがかなり異なる印象になりますが、コントラストがはっきりして脇腹の白色部も明瞭になってきたように思います。
アカハジロ♀の写真は貴重と思いますので、1月から2月に撮影した写真をならべておきます。コメントはつけませんので、検討いただければと思います。


1月16日

s-2021-01-16_14-40-14(1)T.jpg

s-2021-01-16_14-55-19T.jpg

s-2021-01-16_14-31-55T.jpg

s-2021-01-16_14-53-39.jpg

s-2021-01-16_14-41-20T.jpg


2月6日

s-2021-02-06_12-19-37(1)T.jpg

s-2021-02-06_12-22-05(2)T.jpg

s-2021-02-06_12-18-30(1)T.jpg

s-2021-02-06_12-23-24T.jpg



2月14日

s-2021-02-14_10-31-16.jpg

s-2021-02-14_09-32-49.jpg

s-2021-02-14_10-21-03(1).jpg

s-2021-02-14_10-23-13.jpg

ラベル:アカハジロ
posted by makokuni at 20:51| Comment(0) | 鳥見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

湖西と湖北のハクチョウたち

2月18日現在はこの冬最後かもしれない寒波がきていますが、2月になり暖かい日が続いていました。琵琶湖で越冬しているハクチョウは年末からの寒波で例年にない個体数が確認されていましたが、2月第一週から北帰も始まっているようです。
1月末に湖西で観察したハクチョウと2月初旬に湖北で観察したハクチョウを紹介します。

1月31日湖西北部
この日はアオシギ探索に山間の谷に入ったのですが、その前に湖西のハクチョウの様子を確認に行きました。夜明けに塒にしている内湖に到着。多くのコハクチョウがいました。


s-2021-01-31_07-03-19.jpg
内湖のコハクチョウ、夜が明け塒立ちの準備中です。


s-2021-01-31_07-01-43.jpg
家族ごとに頸をあげてタイミングを合わせて飛び立ちます。


s-2021-01-31_06-56-48T.jpg
助走するコハクチョウ。
7時15分から飛び立ち始め、8時にはすべてのコハクチョウが塒立ちしました。


s-2021-01-31_07-57-40.jpg
コハクチョウがいなくなった内湖に残る2羽。


s-2021-01-31_08-25-35(1)T.jpg
オオハクチョウでした。
湖西ではここ何年も子だくさんのオオハクチョウ家族が越冬していたのですが、今年は姿がありませんでした。


s-2021-01-31_08-33-41(2)T.jpg
オオハクチョウの羽ばたき。
しばらく待ちましたがオオハクチョウは内湖から飛び立つ気配はありませんでした。


s-2021-01-31_08-53-56(3).jpg
コハクチョウは近くの田んぼに集結していました。


s-2021-01-31_11-14-23(1).jpg
泥に顔を突っ込んで盛んに採餌していました。この風景が湖西のコハクチョウです。


2月6日湖北
この日は夜中からサンショウウオの観察。夜明けから湖北を少し回りました。暖かい穏やかな天気でコハクチョウも北帰し始めているようでした。前回観察したシジュウカラガンは1月中に北に向かったとのことでした。


s-2021-02-06_07-03-59.jpg
穏やかな夜明けの琵琶湖。風もなく波もありません。


s-2021-02-06_07-36-01(1).jpg
コハクチョウは小群に分かれて湖岸でくつろいでいました。


s-2021-02-06_07-37-42.jpg
竹生島をバックにしたコハクチョウ。


s-2021-02-06_08-51-43(1).jpg
田んぼのコハクチョウも休憩する個体が多くのんびりした雰囲気。春のような陽気で伊吹山が霞んでいました。


s-2021-02-06_09-40-57T.jpg
オオハクチョウの子だくさん家族がいました。今年は湖北で過ごしたようです。
来シーズンも子供を沢山連れてやってきてほしいものです。



posted by makokuni at 20:26| Comment(0) | 鳥見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする