2020年03月14日

ハコネサンショウウオ(2020/3/7 滋賀県湖西北部)

久しぶりに湖西の山に行ってきました。
芽吹き前なので谷はまだ明るく、朝の光が林床まで入ってきます。


s-2020-03-07_09-53-52.jpg
沢を登って行くと大きな岩にナツエビネの大株が生えていました。この谷には何回も入っているのですがこの場所にナツエビネがあることに今まで気づきませんでした。

久々の沢歩きなのでサンショウウオを探してみました。場所的にはヒダサンショウウオとハコネサンショウウオがいるはずです。
適当な岩を動かすと・・・、いました。


s-2020-03-07_09-18-39.jpg
ハコネサンショウウオ幼生。結構大きな個体でした。


s-2020-03-07_10-05-12(1).jpg
ハコネサンショウウオ幼生。別個体です。


ハコネサンショウウオの幼生はそこそこ見つかるのですが成体は見つからず。ヒダサンショウウオは幼生、成体とも確認できませんでした。久しぶりにヒダサンショウウオの卵のうを見たかったのですが、こちらもダメでした。探索のセンスがないのかもしれません。

沢を歩いたので翌々日には筋肉痛でした。






posted by makokuni at 19:19| Comment(0) | 生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雑種カモ(推定メジロガモ×ホシハジロ)(2020/3/1 琵琶湖南湖東岸)

3月にになりカモにも動きが出てきました。湖岸のカモが少なくなったと思うと、ヒドリガモやホシハジロ、キンクロハジロの大群がいたり日々変化があります。また暖かくなると釣り人やボートも増えカモの動きに影響します。

3月1日、短時間ですが琵琶湖南湖東岸を回りました。この日はアカハシハジロを確認できませんでした。


s-2020-03-01_08-20-32(1)T.jpg
眼の周りが白いヒドリガモの♀。たまに眼の周りが白い個体がいるのですが、なんなんでしょう?


ホシハジロの小群に怪しいカモを発見。1月13日に観察した雑種カモの個体と同一個体の様です。琵琶湖ではなかなか再会できないことが多いのでラッキーでした。


s-2020-03-01_09-16-14T.jpg
雑種カモ。推定メジロガモ×ホシハジロと考えられる個体。以下、同一個体です。
雑種カモは両種の中間的な特徴が出たり、全然違う特徴があったり、個体によって色々で面白いです。


s-2020-03-01_07-30-57T.jpg


s-2020-03-01_07-30-44(1)T.jpg


羽ばたきを撮影しようと粘ったのですが撮影できませんでした。釣り人が近づいたタイミングで沖に泳いでいきました。




posted by makokuni at 18:58| Comment(0) | 鳥見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ノハラツグミ(2020/2/24 滋賀県)

ノハラツグミ、この冬は各地で観察されています。滋賀県内でもこの個体を含めて少なくとも2個体が観察されています。

この日も早朝から田んぼへ。日の出とともに畔に出てきてくれました。

s-2020-02-24_06-50-11(1).jpg
最初は遠いところに居ましたが徐々に近づいてくれました。


s-2020-02-24_06-57-29(1)T.jpg
ノハラツグミの腹部と翼下面。


s-2020-02-24_06-59-49T.jpg
近くにきてくれたのですが土手の日陰に入ってしまい、羽衣の色彩がくすんだ感じになってしまいました。


s-2020-02-24_07-00-51(2)T.jpg
早朝で朝日にあたっていない場所は霜がおりていました。


s-2020-02-24_07-23-20T.jpg
やっと明るい場所にでてきました。ノハラツグミはツグミより大きいのですがツグミに追われることが多かったです。


s-2020-02-24_07-23-07(1)T.jpg
ノハラツグミの背面。第一回冬羽ですかね。


s-2020-02-24_07-25-42(1)T.jpg
胸の斑。この個体は全体的に淡い感じがします。



ラベル:ノハラツグミ
posted by makokuni at 17:34| Comment(0) | 鳥見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オオカラモズ(2020/2/22-23 滋賀県)

s-2020-02-23_07-16-16T.jpg
2015年12月31日に出雲で出会って以来です。
滋賀県でも何回か記録されていますが、私にとっては県内ライファーとなりました。

2月22日、日の出と同時に発見。

s-2020-02-22_07-49-18(2)T.jpg
田んぼ周辺の枯草や枯れ枝、杭や電線などに止まり、昆虫やカエルを捕食していました。


s-2020-02-22_08-24-01(2)T.jpg
電線に止まる。盛んに鳴いていました。車の中から観察する分にはかなり近くで観察できました。


s-2020-02-22_08-20-19(1)T.jpg


s-2020-02-22_08-13-41(1)T.jpg
枯れた植物にカエルを引っ掛けて引き裂きながら食べていました。少し食べては電線に戻り、田んぼにいったん田んぼに降りて、この場所に戻って再度食べる行動を何回も繰り返していました。


s-2020-02-22_08-38-55(1)T.jpg


2月23日、日の出時間に現地に到着すると、昨日も良く止まった場所に出てくれました。
他に観察者がいなかったので車の中から撮影できました。

s-2020-02-23_07-04-10(2)T.jpg


s-2020-02-23_07-04-28T.jpg


s-2020-02-23_07-06-30T.jpg
この個体は、初列風切羽等から第一回冬羽だと思います。


s-2020-02-23_07-10-05T.jpg
上空を飛ぶトビを警戒する。


s-2020-02-23_07-16-21(1)T.jpg
次列風切羽と三列風切羽の白斑が特徴です。


渡り途中ですぐに移動すると思っていたのですが、長く滞在してくれたようです。



ラベル:オオカラモズ
posted by makokuni at 12:22| Comment(0) | 鳥見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする