2020年03月01日

ヒレンジャク(2020/2/23滋賀県)

ヤマトサンショウウオ観察後の続きです。

湖東を南下しながら田んぼを回るとコチョウゲンボウやハヤブサがいました。


s-2020-02-23_10-28-55(1)T.jpg
コチョウゲンボウ。すぐに飛んでしまったのでじっくり観察できませんでしたが、写真では幼鳥のように思います。


s-2020-02-23_11-23-13(1)T.jpg
ハヤブサ幼鳥。身体のバランスから♀のように思います。


河畔林にヤドリギが沢山ついている場所に行ってみました。
目的はもちろんレンジャクです。予想通りヒレンジャクが50羽くらいいました。
この場所は高い木にヤドリギが付いているので見上げる写真しか取れませんでしたが、久々のレンジャクに満足しました。今年はレンジャクの当たり年ですが、個人的には電車の窓から見た切りだったのです。


s-2020-02-23_09-58-09T.jpg
ヒレンジャク。ヤドリギを食べて粘りの強い種を糞としてだします。木に張り付いた種がそこで成長して分散を広げるのです。


s-2020-02-23_10-00-57(1)T.jpg
ヒレンジャク


s-2020-02-23_09-44-22T.jpg
ヒレンジャク


s-2020-02-23_10-23-32(3)T.jpg
ヤドリギの実を食べるヒレンジャク


s-2020-02-23_09-59-16T.jpg
ヒレンジャク。隈取が印象的な野鳥です。


posted by makokuni at 18:39| Comment(0) | 鳥見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヤマトサンショウウオ(2020/2/23滋賀県北東部)

一か月ぶりに滋賀県北東部のヤマトサンショウウオ定点観察地に行ってみました。
前回は卵のうが1対しかありませんでしたが、今回は10対ほど確認できました。
今年も何とか維持できているようです。

もう一か所の定点観察地では卵のうは確認できませんでした。昨年も卵のう1対しか確認できなかったので、絶えてしまった可能性があります。
残念ですが、来年も観察して結論付けようと思います。


s-2020-02-23_07-57-58(1).jpg
ヤマトサンショウウオ成体♂と卵のう


s-2020-02-23_08-00-01.jpg
水中の撮影をもう少しちゃんとできるようにしたいです。


天気が良かったら早春の花を見に行こうと思っていたのですが、時雨が思ったよりひどく、湖東を南下しながら探鳥しました。
posted by makokuni at 17:48| Comment(0) | 生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

琵琶湖南湖東岸(2020/2/9,11)

雪景色の琵琶湖南湖東岸(2020/2/9)
久々に滋賀県南部でも積雪。風と雪でしたが湖岸を少しだけ歩いてきました。
雪の湖面でアメヒ×ヒドリ。アカハシハジロは毎回観察できるようになりました。最初遠くにいましたが西風が強くなると湖岸に近づいてきました。


s-2020-02-09_08-27-41.jpg


s-2020-02-09_08-32-24(2)T.jpg


s-2020-02-09_08-55-46(2)T.jpg


s-2020-02-09_08-56-02(1)T.jpg


s-2020-02-09_09-03-55(2)T.jpg


s-2020-02-09_09-14-10T.jpg


s-2020-02-09_09-23-52(2)T.jpg


琵琶湖南湖東岸(2020/2/11)
疲れ気味でしたが天気が良いので午前中少しだけ湖畔へ。
湖岸にはキンクロハジロとスズガモの大群。内湖にはホシハジロの大群。
先日観察した雑種カモ(推定キンクロハジロ×スズガモ)を探しましたが発見できず。
アメリカヒドリ(わずかにヒドリ入っているかも)と今日も観察できたアカハシハジロ。
アカハシハジロのポイントで初めて他のバーダーに会いました。それも5人も。このフィールドではすごい人出ですね。


s-2020-02-11_11-25-40.jpg


s-2020-02-11_08-58-57.jpg


s-2020-02-11_09-00-37(1)T.jpg


s-2020-02-11_10-12-32T.jpg


s-2020-02-11_10-22-28T.jpg


s-2020-02-11_10-34-23(2)T.jpg
posted by makokuni at 13:55| Comment(0) | 鳥見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アカガエルとヤマトサンショウウオの産卵状況(2020/2/8滋賀県南東部)

3月になってしまいました。早いですね。
2月もいろいろあって大変ですが、フィールドには何とか言っています。

少し前になりますが2月8日に、滋賀県南東部のアカガエルとヤマトサンショウウオの産卵状況の確認に行ってきました。同じ場所に10年前から通っています。
ニホンアカガエル、ヤマアカガエルの産卵はほぼ終わった感じでした。1月末の暖かい雨の日がピークだったと思います。産卵数はほぼ例年並みと思います。
一方、ヤマトサンショウウオの卵嚢はここ数年で激減。個体数の維持が難しいのではないかと思います。環境的にはあまり変化は無いと思うのですが。。。
おそらく減少の原因の一つが雪に残った足跡の主、アライグマです。アライグマを選択的に捕獲できる罠が開発されているようですが、滋賀県でも対応が必要と思います。


s-2020-02-08_10-24-57.jpg
田んぼの水たまりにニホンアカガエルの卵塊がたくさん。


s-2020-02-08_08-59-56.jpg
休耕田の日陰の水たまりはまだ凍っていました。氷の下にもアカガエルの卵塊。


s-2020-02-08_10-18-30.jpg
ヤマトサンショウウオの卵嚢。産卵してまだあまりたっていないためか、表面がまだしわしわでした。この卵嚢ともう一か所で1つしか確認できませんでした。以前の1/10くらいで近年激減しています。


s-2020-02-08_09-53-33.jpg
雪に残るアライグマの足(手)跡。アライグマに捕食されたと思われるアカガエルの死体があちこちにありました。


posted by makokuni at 13:38| Comment(0) | 生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする