2020年01月31日

ホシムクドリ(2020/1/25 滋賀県)

ヤマトサンショウウオを確認した後、少し北上して湖北へ。


s-2020-01-25_11-23-35T.jpg
この日もオオワシは健在。北風に耐えていましたが少しだけ飛んでくれました。


s-2020-01-25_11-24-41(2)T.jpg
狩りはせず、そのまま風のあたらない谷筋の木に移動しました。


s-2020-01-25_12-39-55.jpg
湖岸にコハクチョウの姿がないので、田んぼを探すとコハクチョウの群れが。
伊吹山をバックに採餌する群れ。暖冬で伊吹山も白くありません。


s-2020-01-25_12-55-30.jpg
同じ場所から、北西を見ると山本山をバックに採餌する群れ。


s-2020-01-25_13-15-25(4)T.jpg
コハクチョウを探していたら、トラクターの入った田んぼに多くの鳥が集まっているのを見つけました。トビ、ハシボソガラス、ミヤマガラス、ハクセキレイ、ムクドリなどでしたが、ホシムクドリ30+の群れも一緒でした。


s-2020-01-25_13-16-08(1).jpg
ホシムクドリの群れの一部


s-2020-01-25_13-25-08T.jpg
田おこしで出てきたミミズや昆虫を捕食しているようでした。


s-2020-01-25_13-27-51.jpg
金属光沢のある羽が美しいホシムクドリ。以前は九州までいかないと観察できない感じでしたが、最近は毎年観察できる冬鳥になりましたね。定着するのも遠くない感じがします。




posted by makokuni at 21:20| Comment(2) | 鳥見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする