2019年08月25日

伊吹山の花(2019/8/3)

ヒナノキンチャクを観察した後は伊吹山山頂に移動。8月初旬の伊吹山は久しぶりです。


s-2019-08-03_10-37-31(1).jpg
ガスの湧き上がる伊吹山の山頂稜線


s-2019-08-03_10-21-36.jpg
キンバイソウ


s-2019-08-03_09-27-57.jpg
クガイソウ。次のルリトラノオと混同されやすいですが、葉の付き方が違います。


s-2019-08-03_09-05-57.jpg
ルリトラノオ、伊吹山特産です。クガイソウよりやや遅く咲き始めます。まだほとんど咲いていませんでした。


s-2019-08-03_09-19-09(1).jpg
シモツケ。これも次のシモツケソウと混同されやすいです。


s-2019-08-03_09-11-54(1).jpg
シモツケソウ。夏の伊吹山山頂部を彩る花の代表格です。


s-2019-08-03_09-28-24(2).jpg
シモツケソウの群落。シカの食害で防護柵の中にのみ群落が残っています。


s-2019-08-03_09-10-13(1).jpg
イブキトラノオ。伊吹と名の付く植物はたくさんありますが、イブキトラノオもそのひとつです。


s-2019-08-03_09-47-06.jpg
イブキジャコウソウ


s-2019-08-03_09-55-21(1).jpg
伊吹山山頂のイブキジャコウソウ


s-2019-08-03_08-27-28(2).jpg
イブキコゴメグサ。もう少し後の方が花付きが良かったでしょうね。残念。


s-2019-08-03_09-48-09.jpg
ヒヨクソウ


s-2019-08-03_09-11-42(1).jpg
コオニユリ


s-2019-08-03_08-57-39.jpg
クサボタン、咲き始め。


s-2019-08-03_09-52-19(1).jpg
キバナノレンリソウ


s-2019-08-03_09-49-12(1).jpg
ハクサンフウロ


s-2019-08-03_08-39-28.jpg
ヒメフウロ


s-2019-08-03_09-35-20.jpg
イブキフウロ


s-2019-08-03_10-58-59(1).jpg
ミツバフウロ


2019-08-03_09-04-45.jpg
伊吹山は人が多すぎたり、シカの食害があったりと問題もありますが、季節ごとに行かなくてはいけない場所ですね。

ラベル:伊吹山
posted by makokuni at 15:22| Comment(0) | 野草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヒナノキンチャク(2019/8/3 岐阜県)

久しぶりにヒナノキンチャクを観察に行きました。例年8月中旬以降に行っているので、今回は少し早目にしてみました。


s-2019-08-03_07-59-29.jpg
草地の斜面に生えるヒナノキンチャク。この場所のヒナノキンチャクは非常に小さな株で、3cmくらいの草丈しかありません。


s-2019-08-03_08-06-30(1).jpg
早く来たので可愛らしい巾着はまだ出来ていません。下から咲き始めて徐々に小さな実になります。


s-2019-08-03_07-55-38(1).jpg
今回観察できたのは僅かに3株のみでした。前回観察した時よりも株が減っています。


s-2019-08-03_07-56-19(1).jpg
ヒナノキンチャク、花のアップ。小さいですが非常にきれいな色と形です。


今年もヒナノキンチャクを観察できましたが、株数が減り少し心配な状況です。特に環境は変わっていないと思うのですが・・・。



posted by makokuni at 14:51| Comment(0) | 野草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月12日

クロユリ、キバナノコマノツメ(2019/7/25 乗鞍)

7月25日、乗鞍畳平周辺の高山植物です。


s-2019-07-25_06-54-33T.jpg
ハクサンイチゲ。高山植物と言えば、これは外せないですね。


s-2019-07-25_06-34-39(1).jpg
コバイケイソウ。今年は当たり年とのことで、各地の山で満開との情報があります。畳平周辺でもたくさん咲いていました。


s-2019-07-25_09-19-02.jpg
ヨツバシオガマ


s-2019-07-25_06-32-05(1)T.jpg
コイワカガミ


s-2019-07-25_05-19-33.jpg
ウサギギク。久しぶりですが相変わらずの可愛らしさ。


s-2019-07-25_08-10-23(1).jpg
アオノツガザクラ。ツガザクラの仲間を見ると高山に来たなあと感じますね。


2019-07-25_07-53-54T.jpg
ミネズオウ。


s-2019-07-25_13-31-38.jpg
チングルマ。すでに終わりかけでした。


s-2019-07-25_11-47-55(1).jpg
コケモモ。釣鐘型の小さな花、淡い桃色が素晴らしい。


s-2019-07-25_12-37-41.jpg
イワギキョウ


s-2019-07-25_12-14-50.jpg
ミヤマキンバイ


s-2019-07-25_10-03-37T.jpg
ミヤマダイコンソウ


s-2019-07-25_08-03-00.jpg
クロユリが満開でした。辺りには香というか匂いが充満していました。匂いで昆虫を集めるキノコと同系の匂いです。


s-2019-07-25_07-51-53(1).jpg
クロユリ


s-2019-07-25_12-55-31(1).jpg
クロユリ


s-2019-07-25_07-14-25.jpg
目的の一つだった黄色いスミレです。名前に「スミレ」が入っていないスミレ、キバナノコマノツメです。畳平周辺では湿性のお花畑の限られた場所に群生していました。


s-2019-07-25_07-23-24.jpg
側面から。距はかなり短めです。


s-2019-07-25_13-20-23(1).jpg
キバナノコマノツメ


夜行日帰りでしたが乗鞍畳平周辺の野鳥と植物を十分に楽しみました。しかし思いのほか日焼けして顔がボロボロになりました。高山では紫外線対策が重要ですね。



posted by makokuni at 16:12| Comment(2) | 野草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コマクサ(2019/7/25 乗鞍)

7月25日、乗鞍の続きです。
森林限界を越え、久しぶりの高山植物を観察できました。乗鞍にはコマクサの群落が沢山ありました。


s-2019-07-25_05-59-43.jpg
コマクサの生育する砂礫の台地。


s-2019-07-25_05-11-35.jpg
夜明け直後、朝日が当たり始めたコマクサの大株。


s-2019-07-25_05-28-40(1).jpg
砂礫に群生するコマクサ。


s-2019-07-25_06-16-08.jpg
コマクサのポートレート。朝の光を感じるように少し明るめに撮影しましました。


s-2019-07-25_06-05-16.jpg
大黒岳につながる稜線を背景に。


s-2019-07-25_06-23-12(1).jpg
乗鞍は畳平周辺だけでも多くのコマクサが咲いています。面白い株がないかと探していると、かなり色の淡いものが1株ありました。


s-2019-07-25_06-20-12.jpg
これはこれで非常に美しいコマクサでした。


コマクサ以外の高山植物は別にアップしたいと思います。




ラベル:コマクサ
posted by makokuni at 08:31| Comment(0) | 野草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月09日

ホシガラス(2019/7/25 乗鞍)

7月25日、乗鞍の続きです。ライチョウ以外の野鳥です。


s-2019-07-25_04-49-01.jpg
この日は時々ガスのかかる天候でしたが、高地は紫外線が強くかなり日焼けしてしまいました。


s-2019-07-25_09-17-33(1)T.jpg
高山の野鳥と言えば、カヤクグリです。冬場には低地で越冬中の個体にで出会えますが、ハイマツで囀る姿は格別です。


s-2019-07-25_09-49-47T.jpg
イワヒバリも間近で観察できました。成鳥。


s-2019-07-25_09-51-07(1)T.jpg
一か所に4羽のイワヒバリが集まって騒いでいました(1羽はフレームアウト)。縄張り争いかもしれませんが、よくわかりませんでした。


s-2019-07-25_10-59-44.jpg
イワヒバリ幼鳥。幼鳥はほとんど警戒心がありません。足元をうろうろしながら採餌していました。


さて、今回ライチョウの次に見たかったのがホシガラスです。あちこちで観察できましたが、4羽が飛び回っていたようです。


s-2019-07-25_09-00-12(1).jpg
ホシガラス飛翔。今回のお気に入りです。少しピンボケですがホシガラスのいる環境を感じる写真になりました。


s-2019-07-25_09-01-34.jpg
上が幼鳥、下が成鳥と思います。


s-2019-07-25_09-02-06.jpg
ホシガラス幼鳥の飛翔。羽縁に白い斑があります。


ライチョウに加えて、ホシガラス、カヤクグリ、イワヒバリを観察でき、乗鞍の鳥を満喫しました。



posted by makokuni at 20:15| Comment(0) | 鳥見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月05日

ライチョウ(2019/7/25乗鞍)

7月25日、休暇をいただいて乗鞍に行ってきました。
前夜からほおの木平に移動して仮眠、早朝3時45分のバスで畳平に入りました。


s-2019-07-25_04-27-34.jpg
夜明け直前の風景、北アルプスです。

今回は山登りでなく野鳥や植物の観察が目的なので、剣が峰への登頂はせずゆっくりと散策しました。
目的のひとつであるライチョウは成鳥♀3個体、そのうち2個体は雛つれでした。♂は観察できませんでしたが久しぶりのライチョウを観察できて嬉しかった。


s-2019-07-25_11-43-24.jpg
登山道わきで高山植物の葉をついばんでいたライチョウ♀。この個体は雛を連れていませんでした。


s-2019-07-25_11-42-24(1).jpg
ライチョウの正面顔。


上の個体を観察した場所から少ししか離れていないのにもう1個体、こちらは雛連れでした。


s-2019-07-25_11-55-11(1).jpg
雛がいるのに登山道の真ん中で砂浴び中でした。


s-2019-07-25_11-55-13.jpg
激しく砂浴びをして小石を飛ばしています。


s-2019-07-25_11-52-39(1).jpg
砂浴びの跡。結構掘れています。


s-2019-07-25_11-57-03.jpg
砂浴びが終わった後は少し休憩。雛4羽が集まってきました。しばらく雛を抱えてじっとしていました。


s-2019-07-25_12-09-44(1).jpg
しばらくすると移動開始。親は白と黄色の足輪を左右の足にしていました。個体識別されているのですね。


s-2019-07-25_12-09-52T.jpg
雛は結構親から離れて散り散りに行動していました。1羽が近くに来ました。小さいですが太い脚が印象的です。


s-2019-07-25_12-10-46(1)T.jpg
ライチョウの雛。かわいいです。無事に成長してほしい。


最後のライチョウは畳平の湿性お花畑の中にいました。


s-2019-07-25_13-29-23(1).jpg
ハクサンイチゲの中でたたずむライチョウ♀。雛がいるようでしたが草に隠れて何羽いるか判りませんでした。


乗鞍ではライチョウ以外にホシガラスやイワヒバリなども観察できました。その他の野鳥はまたアップしたいと思います。





ラベル:ライチョウ
posted by makokuni at 20:30| Comment(0) | 鳥見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする