2019年05月12日

ジャクチスミレとシコクスミレ(2019/5/2広島県北西部)

GWの帰省時に西中国山地に行きました。数年ぶりにジャクチスミレとシコクスミレを観察しました。

ジャクチスミレは広島県北西部の一部の山にのみ自生するスミレです。シコクスミレとスミレサイシンが交雑したスミレで、両種の中間的な形態をしています。咲く時期もスミレサイシンが最初に咲き、次がジャクチスミレ、そしてシコクスミレの順です。南方系のシコクスミレと北方系のスミレサイシンが同所に生育するこの地域ならではのスミレと言えます。


前回は春の進みが遅く、スミレサイシンは咲き残り、ジャクチスミレは満開、シコクスミレは咲き始めでした。今回はスミレサイシンは終わり、ジャクチスミレは咲き残り、シコクスミレは満開でした。咲く時期が微妙に違うのですべてをいい状態で観察するのは無理ぞうです。



s-2019-05-02_09-04-58(1).jpg

ジャクチスミレ

花弁はスミレサイシンとシコクスミレの中間の大きさで丸みも強く、色もスミレサイシンより淡い傾向にあります。側弁基部には毛があります。この点はシコクスミレの形質と思われます。


s-2019-05-02_08-22-17.jpg
ジャクチスミレ


s-2019-05-02_08-23-35(1).jpg
ジャクチスミレ
葉は展開してもスミレサイシンより小さくシコクスミレに近い大きさです。


s-2019-05-02_09-43-06.jpg
群生するシコクスミレ、ヤブレガサとともに。今回お気に入りの写真です。


s-2019-05-02_08-10-20.jpg
群生するシコクスミレ、エンレイソウと共に。



s-2019-05-02_09-30-23.jpg
シコクスミレのポートレート


s-2019-05-02_09-31-17(1).jpg
シコクスミレ、葉の展開はスミレサイシンやジャクチスミレより早いようです。


ジャクチスミレとシコクスミレ、両方とも好みのスミレです。今回も観察できてよかった。



posted by makokuni at 18:24| Comment(0) | スミレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

西中国山地のラン(2019/5/1-2広島県北西部)

GWに西中国山地で観察したランです。他にもコケイラン等も咲き始める時期ですが出会えませんでした。


s-2019-05-01_13-31-44(2).jpg
カヤラン
渓流沿いの木に着生したカヤラン。数か所で確認できましたが、花弁が大きく開いている株はほとんどありませんでした。


s-2019-05-01_13-42-11(1).jpg
カヤラン
花弁が開いていない株が多く残念。


s-2019-05-01_15-35-34(1).jpg
カヤラン
比較的細い横枝に沢山の株がついていました。


s-2019-05-01_14-19-12T.jpg
モミラン
今回はマクロレンズで撮影できる距離には咲いていませんでした。垂直な木の幹に咲いている株を見上げて望遠で撮影しました。
数か所で観察できましたが、横枝に付いていた大きな群落は着生していたコケごと崩落したようで残念でした。


s-2019-05-01_14-36-14.jpg
ユウシュンラン
数年前に大きな群落を確認した場所には行けず、カヤランを観察した渓流沿いで1株のみ確認しました。


s-2019-05-02_12-25-33(1).jpg
イチヨウラン
ジャクチスミレを観察した山から降りた後に、移動して2年ぶりに観察。


s-2019-05-02_12-41-33.jpg
イチヨウラン
花茎の伸びていない小さな株が愛らしい。花の付いていない株も複数ありました。


s-2019-05-02_12-26-07.jpg
イチヨウラン
花のアップ。


西中国山地にはこの時期から夏まで様々なランが咲いていきます。滋賀に住んでいるのでなかなか行けませんが、折に触れて行きたいと思います。





posted by makokuni at 12:00| Comment(0) | 野草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クロジ(2019/5/3広島県北東部)

GWも終わりすでに一週間経ちました。
遅くなりましたがGWに観察した生き物をボチボチあげていきたいと思います。

今回のGWで一番嬉しかった出会いは、クロジです。西日本では冬鳥として各地で越冬していますが、わずかに繁殖も記録されています。
帰省時にいつも訪れる山では以前から春にさえずる個体を観察していました。高い梢の先端で鳴いていることが多く、近くで観察することはできませんでした。
ところが今回、思いのほか近くでさえずる個体を観察できました。また複数の♂がさえずり、縄張り争いで飛びまわるのも見ることができました。
この山ではおそらく繁殖している可能性が高いと思います。


s-2019-05-03_06-19-27(1)T.jpg
さえずるクロジ♂


s-2019-05-03_06-48-15(1)T.jpg
同一個体


s-2019-05-03_06-50-00.jpg
同一個体

動画も撮影してみましたので、以下のリンクでご覧ください。

https://twitter.com/i/status/1127396867946323968



ラベル:クロジ
posted by makokuni at 10:21| Comment(0) | 鳥見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする