2018年12月31日

コチョウゲンボウ(2018/12/30 琵琶湖南湖東岸)

昨日(30日)、今年最後の野鳥観察に行ってきました。自宅の掃除もあり午前中だけでしたが琵琶湖南湖東岸を回りました。
寒波が入り北風も強くなったので新たに南下してきたカモの群れを期待したのですが、状況に変化はありませんでした。カモは全体に少なく、特にホシハジロは驚くほど少ない状況です。ミコアイサは増えたように思いました。
湖岸の草地ではツグミの小群が入っていました。この冬は小鳥類も少ないように思います。


s-2018-12-30_08-58-50T.jpg
先日も観察した頭部に緑色がほぼないアメリカヒドリ成鳥♂。今回は湖岸の芝地に上がって採餌していました。


s-2018-12-30_09-14-02(1)T.jpg
ヨシガモも各所で観察できますが、琵琶湖では近くで観察できることは少ないです。寝ているヨシガモの小群を撮影していたら急に小競り合いを始めて驚きました。


カモ観察のあと付近の田んぼを回ると、久しぶりにタゲリの群れ(50+)を見ました。距離があったので写真はなしです。


s-2018-12-30_11-37-22(1)T.jpg
農道を流していたら田んぼの土くれに止まっているコチョウゲンボウを発見。


s-2018-12-30_11-37-51(1)T.jpg
久しぶりにコチョウゲンボウをゆっくりと観察し、今年の探鳥の締めにしました。




posted by makokuni at 20:42| Comment(0) | 鳥見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アメリカコガモ成鳥♂(2018/12/28京都府)

仕事納めの28日、納会が終了してから確認されてから3シーズン目となるアメリカコガモ成鳥♂を観察に行きました。
前夜が今年最後の忘年会、そして納会とアルコールが入った状態でのカモ観察、なかなかしんどかったです。酒を飲んでの野鳥観察はするものではありませんね。


s-2018-12-28_14-48-23.jpg
現地に到着。昨年に観察したほぼ同じ場所にいました。コガモの群れの中で一緒に採餌中でした。


s-2018-12-28_14-45-11T.jpg
アメリカコガモ成鳥♂
成鳥♂は前脇に縦の白線が出るので識別は簡単です。コガモ成鳥♂に比べると全体に色調が淡い感じがします。アメリカコガモ成鳥♂の波状斑は黒線がコガモより細いからでしょう。
この個体は体勢が変わっても翼鏡の緑色が常に見えていました。


s-2018-12-28_14-52-43T.jpg
アメリカコガモ成鳥♂とコガモ♀
三列風切羽の黒条の違いに括目。


s-2018-12-28_14-38-58T.jpg
アメリカコガモ成鳥♂
頭部の白線が不明瞭な傾向もアメリカコガモの特徴。


2018-12-28_14-52-45(1)T.jpg
アメリカコガモ成鳥♂


s-2018-12-28_14-52-36(3)T.jpg
アメリカコガモ成鳥♂
堰から降りる姿勢が可愛らしい。


s-2018-12-28_14-38-59(3).jpg
アメリカコガモ成鳥♂
翼鏡の内側白線はコガモより細い。




posted by makokuni at 11:55| Comment(0) | 鳥見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする