2018年12月07日

オオワシとコハクチョウ(2018/12/1 滋賀県北部)

12月になりました。暖かい日が続いていましたが今週末はやっと寒くなりそうです。
さて、12月1日に滋賀県北部の湖北から高島を回ってみました。その時に観察したオオワシなどを紹介します。


s-2018-12-01_11-42-00(1)T.jpg
11月17日に飛来したオオワシ。21年連続してやって来ています。おそらく世界で一番撮影されているオオワシではないでしょうか。
この日も数十人の撮影者が山麓で待っていました。


s-2018-12-01_11-46-41T.jpg
この日は昼前から北風になり狩りのため飛ぶだろうと思っていたら、予想どおり飛び立ちました・・・がタイミングが悪く撮影できませんでした。


s-2018-12-01_10-04-41(1)T.jpg
この日は普段いかない場所で鳥を探しました。とあるため池にミコアイサが入っていました。左側が雌、右側が雄です。一見同じような羽衣ですが大きさがかなり異なります。どちらも1年目冬の個体だと思います。♂は頭部などに白い羽が出始めています。


s-2018-12-01_12-33-32(1)T.jpg
湖北のコハクチョウ。ほとんどは琵琶湖岸で休んでいましたが、田んぼでも小群を確認しました。成鳥4幼鳥7でした。


s-2018-12-01_15-09-14T.jpg
湖西北部のコハクチョウ。琵琶湖岸で採餌していました。


s-2018-12-01_15-11-31.jpg
コハクチョウが採餌するとオオバンやカモが集まってきます。巻上げられる水草などを狙っているようです。

翌日は栃の森での野鳥調査でしたので、夕方に買い出しして調査に向けて移動しました。



posted by makokuni at 22:05| Comment(0) | 鳥見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする