2018年05月30日

トケンラン(2018/5/27 京都府)

栃の森の野鳥調査で出会った生きものたちです。


s-2018-05-27_12-19-26(1)T.jpg
カワトンボ(アサヒナと思われる)
トンボはまだ少な目、ほとんどがアサヒナカワトンボでミヤマカワトンボが僅かにいました。サナエは見かけず。あとはシオヤ。
昆虫はハムシや樹木の花に集まるカミキリ等がたくさんいました。


s-2018-05-27_12-40-33(1).jpg
ジムグリ
この森ではヘビに会うことは少ないのですが今回はジムグリに出会いました。シックで綺麗なヘビだと思います。


s-2018-05-27_12-39-44(1).jpg
ジムグリ、頭部アップ


s-2018-05-27_14-27-44.jpg
モリアオガエル
各所で鳴いており数か所で卵塊がありました。例年多数の卵塊のある池、まだ卵塊の数が少なく産卵はこれからも続きそうです。


さて、初夏のランですが、キンランはほぼ終わり、ショウキランはもう少し、トケンランは咲き始めでした。
シカの食害から守るため研究者が設置した網のなかで咲いているのを見るのは、少々複雑な気分です。網を設置していない場所で咲いているとほっとします。

以下、トケンランの写真です。


s-2018-05-27_14-43-57(1).jpg
トケンラン


s-2018-05-27_14-46-27.jpg
トケンラン


s-2018-05-27_12-44-24.jpg
トケンラン


s-2018-05-27_12-42-59(1).jpg
トケンラン


s-2018-05-27_08-27-57.jpg
トケンラン


今回トケンランを観察していて蕾にたくさんのアブラムシがついているのを発見しました。そのアブラムシを食べるためかテントウムシの幼虫と蛹もついていました。トケンランの媒介に関与していたら面白いのですが・・・。



ラベル:トケンラン
posted by makokuni at 22:47| Comment(0) | 野草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キバシリ(2018/5/27 京都府)

いつもの原生林(通称、栃の森)に野鳥調査に行ってきました。
前夜はお酒を飲みながらコノハズクやオオコノハズクの声を楽しみました。調査当日、明け方には浴びるような野鳥のコーラス、その中でヤイロチョウが鳴いてくれました。

林内に入るとアカショウビンが至近距離で鳴き交わし、巣立ちした小鳥類なども確認できました。
樹木は白い花が満開でした。


s-2018-05-27_12-15-08.jpg
サワフタギ


s-2018-05-27_12-18-34(2).jpg
サワフタギ、花のアップ。


s-2018-05-27_14-03-22.jpg
ツルアジサイ


s-2018-05-27_11-57-58(1).jpg
ヤブデマリ


野鳥の写真はキバシリしか写しませんでした。各所で複数の個体が観察できました。


s-2018-05-27_09-38-11T.jpg
キバシリ、ほとんど樹皮一体化して溶け込んでいます。


s-2018-05-27_09-37-23T.jpg
キバシリ
暗い条件で撮影して荒れた画像になってしまいました。


s-2018-05-27_09-37-22(1)T.jpg
キバシリ
身体の割に大きな足と爪、支えとなる尾が確認できます。





ラベル:キバシリ
posted by makokuni at 21:29| Comment(0) | 鳥見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする