2018年05月20日

エビネ(2018/5/19 滋賀県)

土曜日の花探索、一番の目的はエビネの観察。数か所を回りました。


s-2018-05-19_11-40-21.jpg
一か所目はスギ植林の谷に生えるエビネ。少しピークを過ぎた感じでした。


2か所目は谷川沿いの斜面下に群生していたのですが、土砂が流入して埋まっていました。今後の復活に期待しましょう。


3か所目は以前に教えていただいた場所。稜線近くにかなり大きな群落があります。
樹が広範囲に倒れたりしてかなり環境変化があるのですが、今年もちゃんと咲いてくれました。ここもピークは過ぎていました。今年は花が早いですね。


s-2018-05-19_12-39-50(1).jpg
エビネの群落


s-2018-05-19_12-37-26.jpg
エビネの群落
群落ごとに微妙に色合いが違うのが面白いです。


s-2018-05-19_12-22-29.jpg
エビネ
この群落は花がしぼみかけでした。


s-2018-05-19_12-29-46(2).jpg
エビネ
群落毎に撮影して色合いの比較をしたかったのですが、風が強すぎて諦めました。


花は満開前の7部咲くらいの状態がいいですね。来年は少し早目に見に行きたいです。個人的に新しい場所も開拓しなくては。








ラベル:エビネ
posted by makokuni at 19:59| Comment(0) | 野草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サンコウチョウ(2018/5/19 滋賀県)

この土日は用事があってハチクマの渡りは諦めました。残念ですが秋まで待ちましょう。

土曜日は午前中に用事が終わったので、昼前から花探索に出かけました。林道を登っていると至近距離でサンコウチョウのさえずりが聞こえました。立ち止まって杉林を覘くと、長い尾のサンコウチョウ♂がいました。
先週は声だけでしたが、今週は姿もしっかり確認できました。この林道では何か所も声が聞こえていたので、個体数は多い様です。


s-2018-05-19_10-47-26(1)T.jpg
サンコウチョウ♂
長い尾、アイリングと嘴の青い色が特徴です。この角度だと尾と頭が強調されて体のバランスが面白いですね。


s-2018-05-19_10-47-29(2)T.jpg
サンコウチョウ♂


s-2018-05-19_10-47-39T.jpg
サンコウチョウ♂
この尾の長さ。この後、長い尾をなびかせて林の奥に飛んでいきました。




posted by makokuni at 18:38| Comment(2) | 鳥見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする