2017年10月28日

ホシハジロ色彩異常個体(2017-10-28 草津市)

3週連続で週末が雨。さすがにガックリしています。
タカの渡りは早々に諦めて本日も琵琶湖南湖東岸に行ってきました。雨でも釣り人は多く、湖岸の駐車場はかなりの車でした。


s-2017-10-28_11-11-08.jpg
先日メジロガモを観察した内湖。今日もカモがたくさん入っていました。ホシハジロが大多数ですが、他のカモも少し増えていました。


s-2017-10-28_11-11-20T.jpg
内湖にいたカイツブリ


s-2017-10-28_11-00-53(1)T.jpg
内湖にいたカンムリカイツブリ


先週までは琵琶湖岸の水鳥はそれほど多くなかったのですが、本日は各所にかなりの数が入っていました。まだ移動中の個体が多いと思うので、しばらくは増えたり減ったりだと思います。


s-2017-10-28_11-24-31.jpg
琵琶湖岸の水鳥。オオバンがうんざりする数でいます。水鳥調査はしんどそうです。


s-2017-10-28_11-39-08(1)T.jpg
この場所、昨シーズンはキンクロハジロの色彩異常個体がいましたが、今日はホシハジロの色彩異常個体がいました。雌個体ですね。






posted by makokuni at 20:57| Comment(0) | 鳥見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月21日

メジロガモ?、雑種カモかも(2017-10-21 草津市)

今週末も雨です。おまけに台風も近づいています。晴れればハイタカ属やノスリの渡り観察に行くところですが、さすがにむりそう。
朝はまだ雨が降っていなかったので、琵琶湖南湖東岸に少しだけ行きました。すぐに雨が降ってきて、30分くらいしか観察できませんでしたが、内湖で面白いカモを見つけました。


s-2017-10-21_09-06-02.jpg
内湖で休むカモの群れ
カモの大部分はホシハジロでした。おそらくほとんどは移動中の個体だと思います。


s-2017-10-21_10-02-34(1).jpg
ほぼホシハジロの群れ


スコープで面白いカモがいないかと探していたら・・・、いました。
見つけた瞬間は、まだ見たことのないメジロガモ♀成鳥だと喜んだのですが、どうも嘴に違和感があります。
嘴だけみるとアカハジロの嘴が一番近い形態と思いました。
また大きさもメジロガモとしてはかなり大きく、ホシハジロよりやや小さいぐらいであることも問題です。

おそらくこの個体はメジロガモではなく、アカハジロ×メジロガモではないかと思います。アカハジロ×ホシハジロでもメジロガモに良く似た形態になる場合もあるようなのでの、その可能性もあるかもしれません。


s-2017-10-21_09-01-48T.jpg
ホシハジロの群れに混ざる雑種カモ


s-2017-10-21_08-57-16T.jpg
メジロガモに似た雑種カモ
メジロガモにしては大きく、嘴も細長い感じがします。


s-2017-10-21_09-14-27T.jpg
雑種カモ
現場で見た時は頭部に青みを感じなかったのですが、写真では青黒い感じがしますね。


s-2017-10-21_09-14-50T.jpg
雑種カモ
超トリミング。天気が悪い朝なので色がはっきりでず残念。


しばらくすると内湖の奥に移動してしまいました。羽ばたきは撮影できずでした。
残念ながら雨が本降りになり観察を終了しました。




posted by makokuni at 20:32| Comment(2) | 鳥見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月15日

オナガガモ×コガモ♂成鳥エクリプス(2017-10-15 京都市)

カモの数が徐々に増えてきました。
その中でビッグニュースがありました。今年もオナガガモ×コガモの交雑個体がやってきました。それもエクリプスです。
天気が良ければタカの渡りと迷うところですが小雨交じりの天気予報で、早速観察に行ってみました。


s-2017-02-11_09-04-38T.jpg
今年2月のオナガガモ×コガモです。生殖羽の状態です。形態的にはオナガガモとコガモの特徴を併せ持っています。


以下、今回撮影したオナガガモ×コガモです。この個体は♂成鳥と考えられます。上面に波状の生殖羽が少しでていますがほぼエクリプスの羽衣でした。


s-2017-10-14_10-25-49T.jpg
オナガガモ×コガモ
コガモより大きくヒドリガモより少し小さいくらいの大きさです。体色もコガモよりやや淡い感じがします。
頸がやや長く全体のバランスはオナガガモに近いものがあります。


s-2017-10-14_10-25-13(2)T.jpg
オナガガモ×コガモ


s-2017-10-14_10-25-55(2)T.jpg
オナガガモ×コガモ
岩に上がってくれたので脇から下面の羽衣が観察できました。脇の羽や胸からお腹の斑は成鳥のパターンです。


s-2017-10-14_10-26-53(3)T.jpg
オナガガモ×コガモ
羽ばたき。翼のパターンはオナガガモが優勢です。


s-2017-10-14_10-28-28(1)T.jpg
オナガガモ×コガモ
羽繕い中。頭頂部はすでにやや緑味がありました。


s-2017-10-14_10-36-23(2)T.jpg
オナガガモ×コガモ
羽繕いの後、砂州に上がって休憩していました。右側はコガモ、奥はヒドリガモです。


さて、この個体と比較するために同日同所で撮影したオナガガモとコガモの写真をあげておきます。


s-2017-10-14_09-50-07(1)T.jpg
オナガガモ
♂成鳥エクリプスと思います。この時期すでにほぼ生殖羽になっている個体もいますが、この個体はあまり換羽が進んでいない様です。


s-2017-10-14_10-19-53.jpg
コガモ
手前の個体、♂成鳥エクリプスと思います。肩羽に横斑があります。


s-2017-10-14_10-12-48(2).jpg
コガモ
成鳥♂エクリプスと思います。羽ばたき、翼のパターンをオナガガモ×コガモと比較ください。


何回見ても興味深い個体です。この冬もこのまま居ついてほしいものです。時々観察に行って羽衣の変遷を確認したいと思います。



posted by makokuni at 17:09| Comment(0) | 鳥見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月14日

ヒメアカネ(2017-10-9 南丹市)

栃の森での野鳥調査、最後はいつもの広い谷で休憩です。
時には空を猛禽が飛ぶこともあるのですが、今回はトンボが楽しませてくれました。

この広い谷には湿地があり、アキアカネに混じって小型のアカネがいました。顔が白いヒメアカネでした。
最近この時期には岩間山のトンボ池でしかトンボ観察をしていなかったので久々の観察です。顔が白いアカネの名前が出てこず、顔が白い・・・、舞妓さんの白塗りと連想してマイコアカネと思ってしまいました。
ちょっと恥ずかしい・・・。


s-2017-10-09_14-29-24.jpg
谷の風景


s-2017-10-09_14-50-11T.jpg
ヒメアカネ、やや未成熟の♂


s-2017-10-09_14-54-16(1)T.jpg
ヒメアカネ成熟♂





posted by makokuni at 17:38| Comment(0) | トンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋の栃の森、野鳥調査(2017-10-9 南丹市)

湖西北部でタカの渡りを観察した翌日、栃の森へ野鳥調査に行きました。
6月依頼なので4か月ぶりです。

今回の写真は全てスマートフォンで撮影したものです。
気軽に撮影できるのですが、自分が意図したように撮影するのは難しく、特に小さな生き物の撮影はダメでした。


s-2017-10-09_06-27-36.jpg
朝、峠からの眺望
日が昇るとあっという間に雲海が崩れてしまいました。


s-2017-10-09_07-21-57.jpg
黄葉し始めた栃の葉と湿地


s-2017-10-09_07-51-52.jpg
この夏の雨で川岸が削られて大きな杉が倒れていました。


s-2017-10-09_08-33-48.jpg
谷の風景
紅葉や黄葉はやっと始まった感じでした。今月末ぐらいがいいかもしれません。


s-2017-10-09_09-35-04.jpg
サンヨウブシ(トリカブト)


s-2017-10-09_13-07-35.jpg
ナツエビネ
なんとこの時期に咲いている株がありました。さすがにくたびれた姿でしたが驚きました。


以下、キノコいろいろです。名前はあえて書かないことにします。


s-2017-10-09_07-14-33.jpg


s-2017-10-09_07-44-13.jpg


s-2017-10-09_10-27-04.jpg


s-2017-10-09_10-35-19T.jpg


野鳥の方は、冬鳥と夏鳥が観察できましたが個体数は少な目でした。
タゴガエル幼体とカナヘビ幼体が過去最高の数いました。繁殖状況が良かったのかな?




posted by makokuni at 17:29| Comment(0) | 生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

ツミ多し・湖西北部のタカ渡り(2017-10-8 高島市)

今回のタカの渡り観察は、いつもの岩間山ではなく湖西北部の場所に行きました。


s-2017-10-08_06-29-59.jpg6時30分、観察地点からの眺望です。天気も良く、朝日が琵琶湖に反射して眩しいくらいです。


s-2017-10-08_12-47-06(1).jpg
アトリの群れ
小鳥はオオルリやヒタキ類がまだいましたが、冬鳥であるアトリが群れで入っていました。


s-2017-10-08_09-50-01(2)T.jpg
ノビタキ
観察地点ではノビタキが採餌していました。


タカの渡りは6時半から15時半までの観察で、トータル118羽を観察しました。内訳はノスリ65、ハチクマ8、ツミ41、ハヤブサ2、チゴハヤブサ2でした。



s-2017-10-08_14-46-01.jpg
琵琶湖をバックに南西に飛ぶノスリ
この日は観察地点から南側(琵琶湖側)遠くを飛ぶタカが多く、ちょっと残念でした。


s-2017-10-08_14-25-34T.jpg
頭上を飛んでくれたノスリ


s-2017-10-08_15-09-49T.jpg
チゴハヤブサ
トンボを捕食していましたが、近くに来てくれませんでした。超トリミングでやっとチゴハヤブサと判る距離でした。


s-2017-10-08_10-12-29(2)T.jpg
ハチクマ
ハチクマはさすがに数が少なく、サシバは観察できませんでした。琵琶湖北部ではもともとサシバの渡りは少なく、ハチクマの方が多いのですが・・・。


s-2017-10-08_11-21-23(3)T.jpg
ツミ幼鳥
岩間山に比べるとツミの個体数はかなり多い傾向にあります。ハイタカ属の観察には北部の方が楽しめると思います。


タカの渡り観察の後は、翌日の原生林での野鳥調査のため移動しました。












posted by makokuni at 20:24| Comment(0) | 鳥見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月02日

サシバ・ハチクマを見送る(二日目)(2017-10-1 岩間山)

s-2017-10-01_06-34-43.jpg
サシバとハチクマの見送り、二日目です。
朝6時40分、観察地からの展望です。この日は朝は快晴でしたが、徐々に雲の多い空になりました。上昇気流がないのか、タカは低く渡って行きました。


小鳥は相変わらずヒタキ類が多く、オオムシクイやシマセンニュウの声も確認できました。
今シーズンも何回か見かけたサメビタキをやっと撮影できました。

s-2017-10-01_06-54-28(2)T.jpg
サメビタキ
独特の色合いで白いアイリングが目立ちます。ヒタキ三種の中では個体数が少ないこともあって、人気があるように思います。
英名がダークサイデッドフライキャッチャーで、なんかスターウォーズ的で面白い。


s-2017-10-01_06-54-11T.jpg
サメビタキ、同一個体


s-2017-10-01_06-54-14T.jpg
サメビタキ、同一個体


タカはサシバとノスリが低く渡ってきて観察地点横の斜面で上昇するため、近くを通過する個体が多く楽しめました。


s-2017-10-01_11-04-28.jpg
龍谷大学をバックに上昇するサシバ幼鳥


s-2017-10-01_09-46-55.jpg
観察地点の東側で上昇するノスリ2とハシブトガラス


この日は観察地点にハシブトガラスが群れていて、渡り途中のサシバやノスリをさかんに追いかけていました。
s-2017-10-01_08-43-52(5)T.jpg
ハシブトガラスに追われるサシバ幼鳥


タカ同士でもバトルが発生していました。気の強いツミはなかなかやってくれます。

s-2017-10-01_08-59-49T.jpg
ツミとサシバ幼鳥
そのまま通過して渡って行くかと思ったら・・・・、


s-2017-10-01_09-00-13(4)T.jpg
サシバ幼鳥を追うツミ
やはりツミは手をださないとすまない様です・・・。


ハチクマが2個体、頭上近くを飛んでくれました。

s-2017-10-01_09-01-29(3)T.jpg
ハチクマ幼鳥


s-2017-10-01_09-01-45(2)T.jpg
ハチクマ幼鳥、同一個体


s-2017-10-01_09-01-18T.jpg
ハチクマ成鳥♂


s-2017-10-01_09-01-39T.jpg
ハチクマ成鳥♂、同一個体


最後に近くを飛んでくれたサシバです。

s-2017-10-01_09-43-45(4)T.jpg
サシバ成鳥


s-2017-10-01_09-43-46(2)T.jpg
サシバ成鳥、同一個体


s-2017-10-01_09-48-32(3)T.jpg
サシバ幼鳥
背面を近くで撮影できるのは岩間山ではめったにありません。


s-2017-10-01_09-48-35T.jpg
サシバ幼鳥、同一個体


午前中だけの観察でしたが、サシバとハチクマを心置きなく見送ることができました。無事海を渡ってまた帰ってきてほしいものです。





posted by makokuni at 20:12| Comment(0) | 鳥見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月01日

サシバ・ハチクマを見送る(初日)(2017-9-30 岩間山)

今秋のタカの渡り、サシバとハチクマは9月25日がピークとなりました。サシバとハチクマをある程度の数で観察できるのはこの土日が最後になると思います。

9月30日と10月1日の両日とも岩間山にサシバ、ハチクマを見送りに行ってきました。先ず9月30日の報告です。


s-2017-09-30_06-37-53.jpg
6時40分、岩間山観察定点からの眺望です。良い天気ですがカスミがありました。
日中は気温があがり少し蒸し暑く感じました。


s-2017-09-30_07-17-56(1)T.jpg
小鳥は相変わらずヒタキ類が多くいました。オオムシクイやクロツグミなどの声もしていました。
写真はエゾビタキの後姿です。


この日観察できたタカは総数125羽でしたが、近くを飛ぶ個体は少なく寂しい感じでした。


s-2017-09-30_08-34-42(2)T.jpg
比較的近くを飛んだハチクマ幼鳥。来年の秋まで観察できる機会はないので、ありがたく見送りました。


サシバも最後です。無事に越冬地に着くことを祈りながら見送りました。

s-2017-09-30_13-19-43T.jpg
サシバ成鳥


s-2017-09-30_13-20-30T.jpg
サシバ幼鳥。少し前に巣だったばかりですが、海を越えて行かなくてはなりません。頑張れ・・・。


サシバ、ハチクマの渡りが終われば、次はハイタカ属とノスリの渡りが本格的になります。
この日はハイタカも初認、東に渡るハイタカも観察されました。


s-2017-09-30_14-48-59T.jpg
ノスリ成鳥。これから10月末までよろしく。


トンボ池は今シーズン、種類、個体数とも少なく少し残念でした。

s-2017-09-30_13-03-36(1)T.jpg
アオイトトンボ


サシバ、ハチクマの見送り初日、満足感が少ない感じでした。明日が本当に最後の見送りになります。
続く・・・





続きを読む
posted by makokuni at 19:33| Comment(0) | 鳥見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする