2017年08月31日

ジシギ(2017-8-26 津市)

最後は田んぼで観察したジシギです。稲刈り後の田んぼに複数のジシギが入っていました。

ジシギは至近距離でじっくり観察して、いろいろな特徴を確認して総合的に判断する必要があります。今回はじっくり観察できなかったので判別は保留にしたいと思います。


s-2017-08-26_12-43-21(1)T.jpg
印象的にはチュウジシギの可能性が高いと感じた個体


s-2017-08-26_12-49-57T.jpg
肩羽の羽縁が白色で幼鳥と思われる個体。


s-2017-08-26_13-03-34(1)T.jpg
全体に大きくオオジシギの可能性を感じる個体


s-2017-08-26_13-06-25(1)T.jpg
奥はひとつ上の写真の個体、手前はやや小さく肩羽の羽縁が白色


s-2017-08-26_13-06-44(1)T.jpg
上の写真、左側手前の個体と同じ


最近ジシギをじっくり観察する機会がないので、眼が曇っています。じっくり観察するには気力も必要だし、もう無理かもしれません。




posted by makokuni at 21:00| Comment(0) | 鳥見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アカアシシギ(2017-8-26 津市)

シギチ観察の続きです。
満潮時に後背地や水路で観察したシギです。


s-2017-08-26_09-04-00(1).jpg
キアシシギとソリハシシギ
満潮時に水路側面にキアシシギとソリハシシギが群れで休んでいました。どちらも背面が灰褐色で足が黄色いですが、大きいほうがキアシシギ、ひと回り小さく長く上にそった嘴をもつのがソリハシシギです。


s-2017-08-26_11-41-38(1)T.jpg
キアシシギ
浜辺にたまったゴミの上を歩くキアシシギ。


s-2017-08-26_12-18-00T.jpg
アオアシシギとアカアシシギ
群れで休むアオアシシギの中にアカアシシギが1羽入っていました。アオアシシギは夏羽から換羽中の個体が多く、アカアシシギは夏羽が残っていました。夏羽の残るアカアシシギを久々に観察でき嬉しかったです。
アカアシシギは別個体が河口の砂州にいましたが、死角に入っていてたまたまトビに驚いて飛んだのを見ました。


s-2017-08-26_12-31-29T.jpg
コアオアシシギ
コアオアシシギも2羽観察できましたが、少し離れていて2羽同時に撮影はできませんでした。


s-2017-08-26_14-01-40T.jpg
ハヤブサ幼鳥
河口でウミネコに中に何か混ざっていないかと探していたら、一斉に飛び立ってしまいました。何かと思うとハヤブサが低く飛んできました。

シギチ観察にハヤブサはつきものですが、何もいなくなってしまうので困ります。





posted by makokuni at 20:31| Comment(0) | 鳥見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月30日

シロチドリなどチドリの仲間(2017-8-26 津市)

観察したチドリの仲間です。


s-2017-08-26_08-26-53T.jpg
シロチドリ幼鳥
この浜ではシロチドリがたくさん繁殖しているようです。


s-2017-08-26_08-26-50(1)T.jpg
シロチドリ幼鳥
上と同一個体です。今回お気に入りの写真です。


s-2017-08-26_09-52-53T.jpg
メダイチドリ成鳥
夏羽から冬羽に換羽が始まっています。

河口の広い砂州にはダイゼンが10羽くらいいました。

浜から田んぼに移動すると・・・・。


s-2017-08-26_12-52-26.jpg
コチドリ幼鳥


s-2017-08-26_12-56-31T.jpg
ムナグロ成長
夏羽から冬羽に換羽が始まっています。あちこちの田んぼで10羽くらいの小群を観察できました。

田んぼのチドリは留鳥のケリもいましたが、撮影せずでした。



posted by makokuni at 20:54| Comment(0) | 鳥見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トウネン(2017-8-26 津市)

8月26日、津市で観察したシギチの続きです。

今回紹介するのは私が一番好きなシギであるトウネン(当年)です。今回観察できたトウネンはほとんど幼鳥でした。元気に渡って欲しいものです。

幼鳥は羽衣に個体差がかなりあります。光線の状態や体勢などで印象が異なる場合もあります。また、ヨーロッパトウネンと紛らわしい場合もあり、注意が必要です。
撮影したトウネンをできるだけ多くアップしたいと思います。比較をお楽しみください。


s-2017-08-26_08-24-44T.jpg
満潮時浜で休むトウネン幼鳥


s-2017-08-26_08-26-04(1)T.jpg
上と統一個体。この時間帯、雨上がりの曇天で羽衣が暗色に感じます。


s-2017-08-26_08-39-33(1)T.jpg
上と同一個体。浜をミユビシギの様に走っていました。


s-2017-08-26_10-43-12T.jpg
満潮時、浜に打ち上げられたゴミの周りで採餌するトウネン幼鳥。天候が回復し羽衣もやや淡く感じます。


s-2017-08-26_10-53-34(3)T.jpg
トウネン幼鳥
足が長くちょっとヨロネン的な体型に感じた個体。ただし、羽衣はトウネンでした。


s-2017-08-26_11-01-49(1)T.jpg
トウネン成鳥
今回観察したトウネンで成鳥はこの個体のみでした。夏羽が擦れて一部は冬羽に換羽しています。


s-2017-08-26_11-55-00T.jpg
潮が引き始めた浜にトウネン幼鳥が3個体いました。


s-2017-08-26_12-05-14(1).jpg
トウネン幼鳥


s-2017-08-26_11-58-00(1)T.jpg
トウネン幼鳥


s-2017-08-26_12-05-11T.jpg
トウネン幼鳥


トウネンはたくさん観察されるシギでしたが、近年は個体数が激減しているようです。今回観察できた個体数もやっと二桁になるくらいでした。



posted by makokuni at 20:05| Comment(0) | 鳥見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月28日

ミユビシギ(2017-8-26 津市)

琵琶湖東岸の田んぼではシギチをほとんど見かけないので、津市の海岸までシギチ観察に行きました。
数回に分けて観察したシギチを紹介しようと思います。

先ずはミユビシギです。夏羽から冬羽に換羽中でした。


s-2017-08-26_08-18-56.jpg
浜で休むミユビシギの群れ。約100羽いました。


s-2017-08-26_08-14-23(1)T.jpg
波にあわせて移動しながら採餌するミユビシギ


s-2017-08-26_09-29-05(1)T.jpg
浜を走るミユビシギ


s-2017-08-26_14-18-35(1).jpg
干潮になると干潟に分散していきました。


s-2017-08-26_14-18-16T.jpg
干潟で採餌するミユビシギ


s-2017-08-26_14-21-32.jpg
干潮、遠くに群れるミユビシギ


久しぶりにミユビシギを観察しました。群れで動き回る姿を楽しく観察しました。



posted by makokuni at 21:42| Comment(0) | 鳥見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月27日

ミズオオバコ(2017-8-18 守山市)

8月28日追記 場所は守山市でなく野洲市でした。訂正します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

シギチ探索の副産物です。
FaceBookにはアップしていたのですが、blogには上げていませんでした。記録代わりにアップしておきます。

湖岸近くに広がる田んぼの水路ですが、約200mにわたってびっしりとミズオオバコが群生していて、壮観でした。


s-2017-08-18_11-30-30(1).jpg
水路に群生するミズオオバコ


s-2017-08-18_11-37-30(1).jpg
ミズオオバコ
大きな葉がミズオオバコの葉です。


s-2017-08-18_11-31-50.jpg
ミズオオバコ
花のアップです。淡いピンク色が美しい上品な花です。


posted by makokuni at 13:54| Comment(0) | 野草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月22日

伊吹山の花(2017-8-19 米原市)

夏休みの最後は伊吹山の花で締めました。お盆明けの土曜日と言うことで、人出が多かったです。この時期ゆっくり観察するには平日の方が良いと思います。


s-2017-08-19_10-30-53.jpg
斜面を埋めるシモツケソウ
この時期の伊吹山はシモツケソウで赤く染まるのですが、現在はシカよけの柵の中しか群落になっていません。残念。


s-2017-08-19_11-57-30.jpg
シモツケソウのアップ


s-2017-08-19_10-50-39.jpg
ツリガネニンジン(白花)
ツリガネニンジンもたくさん咲いていました。その中に一株だけ白花のものがありました。


s-2017-08-19_11-55-40T.jpg
コオニユリ
伊吹山のコオニユリは草丈が低く、相対的に花が大きな株が多いと思います。


s-2017-08-19_10-21-12.jpg
コイブキアザミ
伊吹山の固有種です。同じく伊吹山特産の、ミヤマコアザミはほぼ終わっていました。


s-2017-08-19_11-42-21.jpg
イブキトリカブト
イブキトリカブトは咲き始めでした。


s-2017-08-19_09-37-59(1).jpg
イブキコゴメグサ
この花は山頂部ではなく少し北側の場所で観察しました。


伊吹山ではフウロウの仲間が複数観察できます。毎回、比較しながら観察するのを楽しみます。

s-2017-08-19_10-42-19T.jpg
エゾフウロ


s-2017-08-19_09-39-05T.jpg
ヒメフウロ


s-2017-08-19_11-01-40(1).jpg
イブキフウロ


s-2017-08-19_11-45-03.jpg
ミツバフウロ


今回一番の目的はルリトラノオを観察することでした。この花も伊吹山の特産種です。
満開前の丁度良い状態の花が多かったです。


s-2017-08-19_10-09-09(1).jpg
ルリトラノオ


s-2017-08-19_10-11-11.jpg
ルリトラノオ


s-2017-08-19_10-28-31(1).jpg
ルリトラノオのアップ
花穂は小さい花の集合体です。小さいながら花弁もしっかりある花です。


s-2017-08-19_11-58-05(1).jpg
クガイソウ
同じ時期に咲くクガイソウです。ルリトラノオとの比較のため写真を載せておきます。花の違うのですが、葉が輪生しているので簡単に見分けられます。


まだまだたくさんの花が買ったのですが、これくらいにしておきます。シカよけ柵の外と中でかなり雰囲気が違います。外側はドンドン食害が進んでいるように思います。


posted by makokuni at 22:03| Comment(0) | 野草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月21日

ヒナノキンチャク(2017-8-19 岐阜県)

岐阜県境の山にヒナノキンチャクを見にいきました。

今年も無事観察することができました。付近はシカの食害でかなりの花がなくなっていましたが、さすがにこの小さな花は食べない様です。


s-2017-08-19_08-30-39.jpg
ヒナノキンチャク1


s-2017-08-19_08-17-10.jpg
ヒナノキンチャク2
1と同一株です。


s-2017-08-19_08-22-38(1).jpg
ヒナノキンチャク3
1と同一株です。ヒナノキンチャクは非常に小さな花です。昨年は小雨の天候でぶれ写真ばかりでした。今回はしっかり三脚持参で撮影しました。非常に可愛らしい花ですね。


s-2017-08-19_08-30-13(1)T.jpg
ヒナノキンチャク4
花は花茎の下部から咲き始めて、徐々に上部に移行します。この株では下側はすでに実になっています。この実の姿を巾着に見立てたのが名前の由来でしょうか。


s-2017-08-19_08-49-08T.jpg
ヒナノキンチャク5


s-2017-08-19_08-54-38(1).jpg
ヒナノキンチャク6
5の花の部分をアップで撮影してみました。朝日にあたる花がなかなか綺麗でした。


ヒナノキンチャクを観察した後、伊吹山に移動して夏の花を観察しました。



posted by makokuni at 20:08| Comment(2) | 野草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

ゴマシジミ(2017-8-13 広島県)

今年も帰省にあわせてゴマシジミを探しに行きました。
前日は西中国山地の草原の山に行きましたが天気が今一つのためか観察できませんでした。そこで翌日、実家に近い場所に行ってみました。

草地で探しましたが見つからず、少し広範囲に探して何とか1個体観察できました。
以下、すべて同一個体です。


s-2017-08-13_11-22-33(1).jpg
ノアザミで吸蜜するゴマシジミ
今回、いろいろな花で吸蜜する場面を撮影できました。


s-2017-08-13_11-41-01(1).jpg
ワレモコウに止まるゴマシジミ(1)
産卵しているような行動を良くしますが、卵を確認できません。


s-2017-08-13_11-55-56T.jpg
ワレモコウで半開翅するゴマシジミ(1)


s-2017-08-13_12-03-42.jpg
ワレモコウに止まるゴマシジミ(2)


s-2017-08-13_12-04-33.jpg
ワレモコウで半開翅するゴマシジミ(2)


s-2017-08-13_11-22-11.jpg
ノアザミで吸蜜するゴマシジミ


s-2017-08-13_12-02-30(1)T.jpg
ウツボグサで吸蜜するゴマシジミ


s-2017-08-13_12-05-43(1)T.jpg
アキノタムラソウで吸蜜するゴマシジミ


s-2017-08-13_11-18-13.jpg
最後にもう一度、ノアザミで吸蜜するゴマシジミ


いろいろな花で吸蜜するゴマシジミを観察できたのは嬉しかったのですが、なんせ個体数が少ない。この場所も草原的環境からヤブに年々変遷しており、ゴマシジミの好む環境は少なくなっているように思います。




posted by makokuni at 20:22| Comment(5) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

ゴイシシジミ(2017-8-12 西中国山地)

キレンゲショウマの咲く谷から出て、笹の続く道を歩いていると、チラチラと飛ぶシジミチョウがたくさんいました。
ゴイシシジミです。

ゴイシシジミの幼虫はササにつくアブラムシを食べて成長します。滋賀ではシカの食害でササがほとんどなくなり、このチョウと出会うことが稀になりました。西中国山地はクマが隠れているのではと思うほどの笹薮が続いています。

この場所では視野に10個体以上のゴイシシジミが入ってくるほど個体数が多かったです。こんなに多くのゴイシシジミを一度に見たのは初めてでした。


s-2017-08-12_09-19-29.jpg
ゴイシシジミ
雨の中、カメラを出すのが億劫になり、ポケットにつっこんでいたスマホ(防水)で撮影してみました。そこそこ撮れていました。


s-2017-08-12_08-59-26.jpg
ゴイシシジミ
白地に黒い斑とシンプルな色合ですが、触角の色や足先の黒もありおしゃれなチョウだと思います。




posted by makokuni at 20:59| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする