2017年05月31日

キンラン 栃の森で野鳥調査(2017-5-28 南丹市)

栃の森に野鳥調査に行ってきました。アカショウビンやコノハズクなどこの時期ならではの野鳥を楽しみました。
この森も季節の進みが遅く、昨年と比べると2週間くらいの違いを感じました。

また、シカの食害の影響もいろいろと変遷しているようで、長期間調査を継続することの大事さを感じました。

なお、この森への立ち入りは現在制限されています。私たちは長年野鳥調査を継続しており、許可を得て立ち入りしています。


s-2017-05-28_13-07-18.jpg
森の風景1


s-2017-05-28_12-10-03.jpg
森の風景2
この場所でツミの声が何度も聞くことができた。


s-2017-05-28_13-07-05.jpg
森の風景3
巨木が倒れ大きな空間ができています。本来なら新しい樹が生えてくるのでしょうが、シカの食害でなかなか更新できないようです。


s-2017-05-28_08-36-34.jpg
モリアオガエル
今回は産卵の真っ最中でした。午前中雨が降ったこともあり、多くの個体が産卵場所である小さな池に集まっていました。


s-2017-05-28_12-59-13(1).jpg
羽化したてのカワトンボ
源流域に生息するサナエトンボは観察できませんでした。チョウはウスバシロチョウがたくさんいました。


s-2017-05-28_12-18-12.jpg
キヨスミウツボ
キヨスミウツボは地面から顔をだしたばかりで、咲くのはもう少し後になりそうです。トケンランやショウキランも花茎がのびていましたが咲くのはもう少し先のようです。昨年は満開だったのでかなり状態が違いました。


s-2017-05-28_13-25-16.jpg
キンラン
この森では初めての観察になります。私より以前から調査に入っているメンバーも初めてとのことでした。長いこと休眠していたのか、不思議です。
2株並んで生えていたのですが、1株は上部が噛み千切られていました。おそらくシカに齧られたものと思います。花自体は食べずに近くに落ちていました。
シカも初めて出会ったのかもしれません。とりあえず噛んでみたのでしょうか?


s-2017-05-28_13-26-02(1).jpg
キンラン
上と同一株です。ほとんどの花に小さな穴が開いています。花弁に穴を開けて蜜を吸う昆虫がいたと思うのですが、これもその仕業でしょうか?


毎回のことなのですが、調査の前夜は野鳥の声を聴きながら酒を飲みます。コノハズクやヨタカの声は安い酒を最高の酒にしてくれます。





posted by makokuni at 20:44| Comment(0) | 野草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月29日

琵琶湖のハマヒルガオ(2017-5-27 高島市)

大津は晴天でしたが湖西北部は風が冷たく肌寒い天気でした。湖岸でトンボを探しましたが、サナエ類の姿は確認できませんでした。
湖岸のハマヒルガオを撮影して、明日の野鳥調査のため移動しました。


s-2017-05-27_14-03-19.jpg
琵琶湖岸のハマヒルガオ


s-2017-05-27_14-03-52.jpg
ハマヒルガオ


s-2017-05-27_14-04-21(1).jpg
ハマヒルガオ



posted by makokuni at 21:27| Comment(0) | 野草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月23日

草原のスミレ(2017-5-20 養父市)

無事にサクラスミレを観察できたので次は草原のスミレを探しました。

今年は春の花が咲くのが遅かったのですが、現状ではほぼ平年なみかやや進んでいるくらいになっている様に思います。前回この場所を訪れた時はサクラスミレが咲き始めでしたが、他のスミレ、特にアカネスミレは満開でしたが・・・。


s-2017-05-20_10-59-12.jpg
アカネスミレ
アカネスミレはほぼ終わりで、咲き残りがわずかにあるのみでした。


s-2017-05-20_11-01-16(1).jpg
アカネスミレ
アカネスミレはサクラスミレの小型版な感じのスミレです。花の感じが良く似ていますが、大きさはかなり小さいです。


スミレ(種名としての)もほとんど終わっていました。この草原のスミレは矮小化した株が多く、ホコバスミレ的な株ばかりでした。

s-2017-05-20_10-28-40.jpg
スミレ
矮小化した株ばかり咲いていました。大型のスミレは花期が終わっている様でした。


s-2017-05-20_10-29-12.jpg
スミレ
上と同一株。葉の基部がくさび型になっています。もう少し葉が細ければホコバスミレとして良いかもしれません。


今回観察したかったのは白いスミレです。なかなか発見できず少し焦りましたが、一株だけ見つけることができました。


s-2017-05-20_10-20-27T.jpg
ホソバシロスミレ
このスミレはコメントいただいたようにシロガネホコバスミレでした。修正します。6/3比良山系のホソバシロスミレを観察し、違いを理解しました。
葉の特徴が今一つ明確に判りませんが、葉身より葉柄が長いです。白花のスミレやアリアケスミレの可能性も考えたのですが、やはりシロスミレと思います。


それにしても草原は暑かった。水分をたくさん摂ったのに疲労感がなかなか抜けませんでした。




posted by makokuni at 21:59| Comment(7) | スミレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月21日

サクラスミレ(2017-5-20 養父市)

昨日と今日、本当に暑かったですね。身体が慣れていないのでかなりしんどい感じです。

昨日は久しぶりにサクラスミレを観察しに、兵庫県北部の草原に行きました。日陰の無い場所なので、あまり歩いていないのに暑くて疲れてしまいました。
サクラスミレは広い草原の狭い範囲にしか観察できませんでした。日射しが強すぎて、写真は残念な感じになってしましました。花の写真は明るい曇天が良いなあ・・・。


s-2017-05-20_08-49-24(1).jpg
大津を5時に出ましたが、名神が6時まで工事で通行止。京都洛西まで移動して京都縦貫道経由で行きました。現地には8時前に到着。林間学校?の小学生がたくさんいてびっくりしました。
スキー場になっている草原を登り、稜線近くの急斜面に向かいます。アケボノスミレが完全に終わり、葉だけになっていたので少し心配でしたが、サクラスミレはちょうど見ごろでした。


s-2017-05-20_08-47-10.jpg
サクラスミレ
スミレの女王といわれる、大きな花のスミレです。花弁の基部が広がっていなくで、側弁に密生した毛で口が閉じているような感じになっています。


s-2017-05-20_08-41-59(1).jpg
サクラスミレ
上と同一株。


s-2017-05-20_08-45-35.jpg
サクラスミレ
上と同一株。葉の柄に毛がたくさん生えています。


s-2017-05-20_08-56-18.jpg
サクラスミレ


s-2017-05-20_08-32-54(1).jpg
サクラスミレ
上と同一株。日射しが強いので、花弁に強い影が入ってしまいます。


s-2017-05-20_09-29-49.jpg
草原に咲くサクラスミレ


s-2017-05-20_09-19-44.jpg
サクラスミレ
上と同一の株。


s-2017-05-20_09-28-30.jpg
草原に咲くサクラスミレ
今回観察した中で一番の大株です。大きな花がたくさんで豪華絢爛な状態です。


s-2017-05-20_09-20-57.jpg
サクラスミレ
上と同一の株。もう少し柔らかい光だったら良かったのですが、ぜいたくな望みですね。


草原では今年初のカッコウを観察できましたが、大きなのはダメでした。
もう一つ観察したいスミレがあったので、草原を歩きながら探しました。暑くてよれよれになりましたが、何とか一株見つけることができました。



posted by makokuni at 19:21| Comment(0) | スミレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月14日

春のタカの渡り(2017-5-14 高島市)

5月半ばです。昨日は雨で一日ゆっくりと休養しました。そろそろエビネなど咲いている時期ですが、タカの渡りも見逃すわけにはいきません。西の状況を見て当たりそうな日に休日を取るのがいいのですが、現状ちょっと無理なので仕方ありません。今日を逃すとこの春はタカの渡りを観察できそうにありません。

新しい場所を地図でチェックしたものの結局お手軽な場所で観察しました。


s-2017-05-14_11-30-33.jpg
本日の観察場所。春らしくカスミが酷い天気でした。朝はアカショウビンのさえずりを聴くことができました。


7時から15時の観察で総数21羽と今回も残念な結果でした。春は難しいなあ・・・。
内訳は次のとおりです。
ハチクマ 12
サシバ  4
ノスリ  1
オオタカ 1
ツミ   3


s-2017-05-14_14-53-15T.jpg
サシバ
サシバの渡りとしては一カ月遅いこの時期、若い個体が多いようです。


s-2017-05-14_14-54-44(4)T.jpg
ハチクマ成鳥♂
観察できて良かった。遠くを渡る個体ばかりでしたが、なんとか撮影できる範囲を飛んでくれました。


本日、九州北部でかなりの数が飛んだようなので、明日か明後日ですかね・・・。






posted by makokuni at 19:44| Comment(1) | 鳥見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月10日

オキナグサ(2017-5-3 庄原市)

実家に戻る前に川沿いの岩場に生育するオキナグサを見に行きました。このような場所に咲くオキナグサはここでしか見たことがありません。
昨年はほとんど花が終わり翁のひげになっていましたが、今年は予想どおりまだ大丈夫でした。


s-2017-05-03_11-53-15(1).jpg
川沿いの岩場に咲くオキナグサ


s-2017-05-03_11-43-01.jpg
オキナグサ
上と同一株。


s-2017-05-03_11-49-58(1).jpg
オキナグサ
上と同一株。


s-2017-05-03_11-49-06.jpg
翁のひげになった株もありました。


s-2017-05-03_11-41-21(1).jpg
たくさん花をつけた大株、花は終わりかけでした。


この後、実家に戻り翌日は田植え。その後は大津に戻りゆっくりして仕事再開に備えました。長くて短い連休でした。




posted by makokuni at 21:17| Comment(0) | 野草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月09日

ダイセンキスミレなど(2017-5-3 庄原市吾妻山)

GW5日目、最後は恒例の吾妻山です。春に帰省すると必ずダイセンキスミレを観察に訪れます。

前日夕方に西中国山地から移動してそのまま車中泊。翌日、早朝に探鳥しました。夏鳥は一通り観察できましたが、まだ少な目。目的のクロジは囀りだけで姿は観察できませんでした。ここでもソウシチョウの声がして残念な感じです。

s-2017-05-03_07-35-52T.jpg
カケス


s-2017-05-03_07-39-37T.jpg
アカゲラ


s-2017-05-03_09-45-34T.jpg
クロツグミ
野鳥用のカメラを持ち歩いていないときに限って近くにでてきます。短いズームレンズで撮影して超トリミングしています。


探鳥していると香川ナンバーの車がやってきて、胴長を履いた人が降りてきました。手にはバール。これはと思って、「サンショウウオですか?」と聞いてみると、高地型カスミサンショウウオとハコネサンショウウオの観察目的で初めて吾妻山に来たとのことでした。観察のポイントを少し話して別れましたが、観察できたのでしょうか。

s-2017-05-03_08-37-31.jpg
高地型カスミサンショウウオ
ここ数年、観察できる成体の個体数、卵のうの数がかなり減少している感じがします。今年は産卵も少し遅れているかもしれませんが、もう少し体系的に調べる必要があるように思います。

さて、吾妻山のスミレも少し遅れています。昨年はかなり早かったので、状態がかなり異なりました・

s-2017-05-03_09-43-16.jpg
オオタチツボスミレ
まだ3分咲きくらいの感じでしょうか。


s-2017-05-03_09-12-03.jpg
スミレサイシン
満開前の見頃の状態でした。例年のGWではピークを過ぎていることがほとんどです。


s-2017-05-03_08-20-59.jpg
フモトスミレ
咲き始め。日当たりの良い場所でやっと咲いた状態でした。

さて、目的のダイセンキスミレです。花期が比較的長いスミレですが、3分咲きくらいかな。まだまだたくさん蕾が残っていました。

s-2017-05-03_10-26-33(1).jpg
ダイセンキスミレ


s-2017-05-03_08-23-48.jpg
ダイセンキスミレ


s-2017-05-03_10-18-41.jpg
ダイセンキスミレ


s-2017-05-03_08-25-38.jpg
ダイセンキスミレ


s-2017-05-03_10-12-03(1).jpg
ダイセンキスミレ
典型的なダイセンキスミレのポートレートです。


GWの生き物観察もあと少しです。実家に帰る前にもう一か所に立ち寄りました。



posted by makokuni at 20:41| Comment(2) | 生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月08日

イチヨウラン(2017-5-2 広島県西中国山地)

山から思ったより早く降りてこれたので、昨年観察したイチヨウランを見に行くことにしました。
私の車では入れないので延々と歩いて到着です。

葉は昨年と同様の数を確認できましたが、花がついていたのは僅かに1株のみでした。今年は花が咲くのが全般的に遅いのですが、そのせいでは無いような気がします。裏年なのでしょうか?

s-2017-05-02_11-59-24.jpg
イチヨウラン
笹の生えた斜面の下、半日陰の場所に生育しています。


s-2017-05-02_11-51-27(1).jpg
イチヨウラン


s-2017-05-02_11-50-13.jpg
イチヨウラン


s-2017-05-02_11-59-51.jpg
イチヨウラン
花のアップです。この株は花弁に斑がほとんどありません。


とりあえず観察できたので良かったです。もう一か所の自生地には立ち寄らずに、次の目的地に移動しました。



posted by makokuni at 20:44| Comment(0) | 野草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月07日

ジャクチスミレ(2017-5-2 広島県吉和冠山)

GW4日目、広島県と山口県の県境に位置する吉和冠山に登りました。この山は思い出深い山です。


s-2017-05-02_13-09-06(1).jpg
下山後に撮影した吉和冠山。山頂部の形状が独特です。


登山口を6時に出発。スギの植林を超えて登って行きます。


s-2017-05-02_07-05-28.jpg
スミレサイシン
林床にはスミレサイシンが満開でした。早咲きのスミレなので例年なら標高の低い場所では花が終わっているのですが、今年は登山口付近でも花が残っていました。


s-2017-05-02_07-24-23.jpg
登山道に猛禽類の食痕と思われる羽が散らばっていました。その一部です。アオゲラが捕食されたようです。

野鳥はコルリ、ジュウイチなどの声。クロジも囀っていて驚きました。


s-2017-05-02_07-34-29.jpg
ジャクチスミレ
登山道をさらに登るとやっとジャクチスミレが咲いていました。ジャクチスミレはスミレサイシンとシコクスミレが自然交雑したスミレです。形態的には両スミレの中間、咲く時期もスミレサイシン、ジャクチスミレ、シコクスミレの順に咲くようです。今年はまだ3分咲き程度で蕾が多くありました。


s-2017-05-02_08-16-19.jpg
登り始めて2時間半で山頂到着。まだ8時半前でした。


s-2017-05-02_08-18-50(1).jpg
山頂付近の展望場所からの眺望。


一休みしてから山頂付近のカタクリを見に行きました。

s-2017-05-02_08-34-30(1).jpg
登山道脇に咲くカタクリ。朝なのでまだ花弁が十分に反転していません。まだ十分に綺麗な状態でした。


s-2017-05-02_08-34-43.jpg
カタクリの近くにもジャクチスミレが咲いていました。朝日に花弁が透けて非常に綺麗でした。

9時前に下山開始。登りで撮影しなかった花を撮影しながらゆっくり下山しました。

s-2017-05-02_08-39-54.jpg
シコクスミレ
前回登った時はたくさん咲いていたシコクスミレですが、今年はまだ早い様でわずかに4株しか咲いていませんでした。


s-2017-05-02_09-01-32(1).jpg
ジャクチスミレ


s-2017-05-02_09-04-12(1).jpg
ジャクチスミレ


s-2017-05-02_09-12-11.jpg
ジャクチスミレ


s-2017-05-02_09-12-20(1).jpg
スミレサイシン
今回であったスミレサイシンで最大の大株です。


s-2017-05-02_09-16-09.jpg
ジャクチスミレ
最初に撮影したのと同じ株です。

標高が低くなるとエイザンスミレが増えてきました。

s-2017-05-02_09-52-20.jpg
エイザンスミレ


s-2017-05-02_09-57-11.jpg
エイザンスミレ


登山道は小さな沢沿いにあり、付近にトチノキもたくさんあります。当然スギタニルリシジミも姿を見せてくれました。

s-2017-05-02_09-57-57(1).jpg
スギタニルリシジミの開翅1


s-2017-05-02_10-01-34T.jpg
スギタニルリシジミの開翅2


s-2017-05-02_10-02-27.jpg
スギタニルリシジミ


s-2017-05-02_10-21-43(1).jpg
ヒナスミレ
登山口近くにまだヒナスミレが咲いていました。


約2時間で登山口に戻ってきました。まだ11時です。さて、次はどこに行きましょう・・・。



posted by makokuni at 20:49| Comment(5) | スミレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

着生ラン探索(2017-5-1 広島県安芸太田町)

GW3日目、朝早く出発したものの途中兵庫県で遊んだので目的地に着いたのは13時前でした。急いで渓谷沿いの道に入りました。
今回の目的は渓谷の木々に着生しているランです。花期でない種類も含めてより多くのランを見つけたいものです。いつもは野鳥を探す双眼鏡で今日は木々を見ながら歩きました。


s-2017-05-01_13-42-14.jpg
セッコクがたくさん着生する断崖


s-2017-05-01_13-04-45.jpg
カヤラン
ちょうど良い状態で咲いていました。


s-2017-05-01_15-17-36(1)T.jpg
カヤラン
この株は落ちてしまいそう。


s-2017-05-01_15-14-26T.jpg
カヤランとモミラン
モミランはそろそろ花期が終わりでしょうか・・・。たくさん咲いていた木はコケごと剥離して落ちたようです。状態が刻々と変わるので頻繁に来て観察したいのですが、なんせ遠い。


s-2017-05-01_16-20-18.jpg
モミラン
300×1.4TCで望遠接写しましたが、真上でなかなか苦しい。


s-2017-05-01_15-51-59(1).jpg
セッコク
対岸の崖にたくさん着生しているセッコクが樹にも着生していました。花はもう少し先です。


s-2017-05-01_14-50-01(1).jpg
セッコクとヨウラクラン
見難い位置に着生ランを確認。細長く垂れ下がったセッコクはキバナノセッコクを思わせる形状でした。ヨウラクランは花穂が出始めているようでした。


s-2017-05-01_15-22-10(1).jpg
ヨウラクランとムギラン
昨年の花の名残と新しい花穂がでたヨウラクラン。ムギランも昨年の実が確認できます。


もう一種類確認したかったランはタイムアップで来年になりました。じっくり探せばまだまだ見つけることができそうです。





posted by makokuni at 11:48| Comment(0) | 野草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする