2017年04月30日

伊吹山のイブキスミレ(2017-4-29 米原市)

連休初日、伊吹山に春の花を観察に行きました。今年はかなり花が咲くのが遅く、例年の4月末とはかなり感じが異なります。


s-2017-04-29_09-02-31.jpg
ヒトリシズカ
あちこちにたくさん咲いていました。こんなにたくさんあるとは思っていませんでした。


s-2017-04-29_08-38-43.jpg
スハマソウ
石灰岩の割れ目に咲く株。3合目は満開でした。


s-2017-04-29_09-34-20(1).jpg
カタクリ
カタクリも満開。平地より一カ月近く違います。


s-2017-04-29_10-30-29(1).jpg
アマナ
アマナも満開。草地や疎林の林床にたくさん咲いていましたが、いざ撮影しようとすると良い感じの株はあまりありません。


s-2017-04-29_09-58-25.jpg
コスミレ
1合目あたりでは完全に花期が終わっていましたが、3合目は丁度満開。今年はかなり遅いですね。エゾノタチツボスミレはまだ咲いていませんでした。


s-2017-04-29_09-46-33.jpg
エイザンスミレ
東の尾根にはヒゴスミレがたくさん咲いていますが、こちらにはエイザンスミレが咲いていました。


さて、いよいよ伊吹山のイブキスミレです。例年訪問するのが遅くて出会えなかったようです。今年は遅れているのでほぼ満開の状態でした。広島の大きな株のイブキスミレをイメージして探していたのも間違えでした。雪が多いためか小さな背の低い株ばかりで、かなり感じが違いました。


s-2017-04-29_10-13-01(1).jpg
イブキスミレ
非常に背が低く地面に張り付いたような株がほとんどでした。


s-2017-04-29_10-07-46.jpg
イブキスミレ
これでも比較的大きな株。側弁基部に毛が密生しています。


s-2017-04-29_10-12-13(1).jpg
イブキスミレ
やっと伊吹山のイブキスミレを観察できました。花期の後とは言え何回も行っている場所なので、やはり眼が節穴であると再認識しました。


大気が不安定でこの後に雷、大雨の予報だったので早々に下山して移動しました。
posted by makokuni at 21:54| Comment(2) | スミレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月23日

コチドリ(2017-4-23 草津市)

春ですね。琵琶湖畔は釣りやデイキャンプでスゴイ人出でした。

今日は伊吹山に行く計画だったのですが、あまりに疲れが抜けないので無理せず休息日にしました。少しだけ田んぼを回ってみましたが、シギチは入っていませんでした。

コチドリが繁殖期を迎えていました。


s-2017-04-23_10-37-08(1).jpg
コチドリ♂
しきりに上空を気にしていました。


s-2017-04-23_10-34-42T.jpg
コチドリ♂


s-2017-04-23_10-40-47(1).jpg
コチドリ♀


s-2017-04-23_10-40-05T.jpg
コチドリ
上の2羽と同一個体です。


琵琶湖畔で状態の良い蓮田を見つけたので、時間をみつけて何回か行こうと思います。




posted by makokuni at 14:35| Comment(0) | 鳥見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

ナガバノスミレサイシン(2017-4-22 比叡山)

久しぶりに比叡山に上がってみました。天気が良いので人出が多く、特に外国の方が目に付きました。

夏鳥はオオルリが元気に囀っていました。気の早いハチクマが渡っていないか空を見上げましたが、確認できませんでした。

本日の目的はナガバノスミレサイシンです。葉はたくさんあるのですが、花つきはあまりよくない様でした。


s-2017-04-22_11-33-46(3)T.jpg
オオルリ
芽吹き始めの木で囀っていました。


s-2017-04-22_12-28-28(1).jpg
コツバメ
早春を代表するチョウです。飛ぶと青い翅表がきれいです。


以下、ナガバノスミレサイシンです。シカが食べたササの間に咲いているので、撮影に適した株は少なかったです。


s-2017-04-22_11-30-02(1).jpg
ナガバノスミレサイシン


s-2017-04-22_11-25-45(1).jpg
ナガバノスミレサイシン


s-2017-04-22_11-24-45.jpg
ナガバノスミレサイシン


s-2017-04-22_11-31-39(1).jpg
ナガバノスミレサイシン


s-2017-04-22_11-16-09.jpg
ナガバノスミレサイシン
上と同じ株です。上は広角撮影です。


s-2017-04-22_11-33-43(1).jpg
ナガバノスミレサイシン


s-2017-04-22_12-04-43(1).jpg
ナガバノスミレサイシン


ナガバノスミレサイシン、京滋では比叡山でしか観察したことがありません。他にもあると思うのですが、最近探索するパワーがありません。ここ数年、個人的既産地を季節ごとに回るパターンになっています。




posted by makokuni at 18:50| Comment(0) | スミレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月17日

ギフチョウ(2017-4-16 南越前町)

この春は仕事関係のトラブルの影響でなかなか心穏やかに過ごすことができません。
仕事と趣味は別物と割り切ってはいるものの、状況が状況だけに難しいですね。

ここ数年の懸案だった広島の○○スミレも行けない間に花期が終わってしまいました。いつになったら観察できるのか。。。ちょっと疲れてしまいました。

さて、日曜日何とか半日は遊べるようになったので、南越前町まで今春最初で最後のギフチョウ観察に行ってきました。山に上がればカタクリも良い状態だと思うのですが、時間が無いので山際の地点です。
さすがにカタクリはほぼ終わっていました。ギフチョウは擦れた個体が多かったですが、元気に飛びまわっていました。

付近の林からはセンダイムシクイやコマドリの声がしていました。


s-2017-04-16_10-15-26(1).jpg
ギフチョウ
ほぼ咲き終わりのカタクリで吸蜜。こんな状態でも蜜はあるのですね。


s-2017-04-16_10-27-04T.jpg
ギフチョウ
エンゴサクで吸蜜する個体。その他の花ではオオイヌノフグリ、タチツボスミレで吸蜜していました。


s-2017-04-16_10-32-03.jpg
ギフチョウ


s-2017-04-16_10-32-59.jpg
ギフチョウ


s-2017-04-16_10-44-37.jpg
ギフチョウ


s-2017-04-16_11-18-39.jpg
ギフチョウ

このあたりもシカの食害が始まっているようで、少し南の今庄のカタクリ群落はここ数年で大きなダメージを受けているようです。食草のカンアオイの状況も心配です。
京都や滋賀の様にならないことを祈っています。




posted by makokuni at 21:29| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

サバノオの仲間、3種(2017-4-15 滋賀県)

4月15日土曜日、不安定な大気で雨が降るかもしれませんが、滋賀県内に自生しているサバノオの仲間4種を観察に出かけました。3種類を観察できましたが、3種類目を観察中から激しい雨になり、4種類目はあきらめて帰宅しました。

1種目はキバナサバノオ。早朝の谷、小さな滝の脇に1株だけありました。ここ数年で衰退してしまいました。


s-2017-04-15_07-20-39(1).jpg
キバナサバノオ
早朝なのでまだ花弁が開いていませんでした。滝の飛沫が激しく当たる場所に1株だけになりました。


次はサンインシロカネソウです。少し開けた沢筋にたくさんの株がありました。例年なら花がほとんど終わっている時期ですが、今年はまだ蕾もたくさん残っていました。


s-2017-04-15_08-43-43.jpg
サンインシロカネソウ


s-2017-04-15_08-36-21.jpg
サンインシロカネソウ


s-2017-04-15_08-38-32.jpg
サンインシロカネソウ


3種目はトウゴクサバノオです。観察中に雨が激しくなり、急斜面で難儀しました。


s-2017-04-15_11-37-28(2).jpg
トウゴクサバノオ
激しい雨で霞んでしまいました。


s-2017-04-15_11-47-19(2)T.jpg
トウゴクサバノオ
スギの下で少し雨宿りをしたのですが、足元にも咲いていました。


4種目のツルシロカネソウを観察しようと移動したのですが、雷と激しい雨で断念。山道を少し歩く必要がある場所なのでまたの機会にしました。



posted by makokuni at 15:22| Comment(0) | 野草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月15日

イブキスミレ(2017-4-9 広島県)

4月9日に観察したスミレの続きです。

この場所で最も多いスミレはイブキスミレです。早咲きのスミレですが今年はまだ3分咲き程度で満開ではありませんでした。


s-2017-04-09_10-50-08(1).jpg
イブキスミレ
側弁に毛が密生しています。


s-2017-04-09_10-57-57(1).jpg
イブキスミレ
距が白く葉が大きく丸いところがオオタチツボスミレと少し似ていますが、実際にはかなり違った印象です。


s-2017-04-09_11-46-02.jpg
イブキスミレ
独特の株立ちの姿です。


s-2017-04-09_11-51-11.jpg
イブキスミレ
上弁がウサギの耳の様に立ち上がっているものが多いです。


イブキスミレは大好きなスミレのひとつです。伊吹の名のとおり、伊吹山にあるですがまだ観察できていません。今年はぜひ伊吹山のイブキスミレを見たいと思います。




続きを読む
posted by makokuni at 19:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月12日

ハグロヒナスミレ(2017-4-9 広島県)

ヒナスミレが満開ということは、経験的にハグロヒナスミレには少し早いということ。
残念ながら今年もハグロヒナスミレの良い状態を観察できませんでした。前日が良い天気だったらおそらくきれいに咲いていたと思います。


s-2017-04-09_11-29-22(1).jpg
ハグロヒナスミレ
花弁が十分に開いていませんでした。午後遅くまで粘ればもう少し開いたかもしれませんが、突発的にここまで来たので帰る時間を考えて早々に切り上げました。


s-2017-04-09_12-39-36.jpg
ハグロヒナスミレ


s-2017-04-09_12-42-04.jpg
ハグロヒナスミレ


s-2017-04-09_12-41-37.jpg
ハグロヒナスミレ
ここまで同一の株です。撮影する角度によって違った感じになりますね。


s-2017-04-09_12-47-27.jpg
ハグロヒナスミレ
この株も十分に花弁が開いていませんでした。


s-2017-04-09_12-52-48(1).jpg
ハグロヒナスミレ
この株も。。。


s-2017-04-09_12-54-48(2).jpg
ハグロヒナスミレ
この株も。。。



ここ数年で一番たくさんの株を見つけましたが、残念ながらきれいに花弁が開いたものはありませんでした。蕾の株も多かったので天気さえよければ二日後くらいが一番良かったのではと思います。
ここ10年くらい毎年通っているのですが本当にいい状態で観察できたのは一回しかありません。なかなか難しいですね。




posted by makokuni at 21:23| Comment(0) | スミレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月11日

ヒナスミレ(2017-4-9 広島県)

岡山県まで行ってまだ午前中、そうだ広島県東部なら1時間半で午前中には着くな・・・。
で行ってきました帝釈峡。
ヒナスミレが満開でした。昨年より一週間程度遅い感じでした。


s-2017-04-09_13-16-08(1).jpg
ヒナスミレ
花が非常に大きな株でした。


s-2017-04-09_11-43-58.jpg
ヒナスミレ
陽があたって色が飛んでしまいましたが、花つきの良い綺麗な株です。


s-2017-04-09_12-25-46.jpg
ヒナスミレ


s-2017-04-09_11-03-25.jpg
ヒナスミレ


この場所では大きな群落はなく、あちこちにポツポツ咲いているのですが、ここ数年で一番たくさん咲いていたように思います。



posted by makokuni at 20:49| Comment(0) | スミレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

ミノコバイモ(2017-4-9 岡山県)

ミノコバイモは未見の花でした。この春は鈴鹿方面に観察に行こうと思っていたのですが、中国地方にも分布していることが判り、3月に観察に行ったのですがまだ咲いていませんでした。
この週末は天気が良ければギフチョウを見に行く計画でしたが、天候の回復が思わしくなさそうなので急遽ミノコバイモにしました。

5時過ぎに自宅をでて現地には7時半に到着。雨上がりの林内に入ると・・・、ありました。前回探索した場所で正解でした。


s-2017-04-09_08-11-24.jpg
ミノコバイモ


s-2017-04-09_08-15-18(2).jpg
ミノコバイモ
上と同一の株。

s-2017-04-09_08-12-06(1).jpg
ミノコバイモ


s-2017-04-09_08-02-02(1).jpg
ミノコバイモ


s-2017-04-09_08-04-27(1).jpg
ミノコバイモ


s-2017-04-09_08-16-05(1).jpg
ミノコバイモ


s-2017-04-09_08-21-17.jpg
ミノコバイモ


s-2017-04-09_08-24-33.jpg
ミノコバイモ
葉の色が茶色で斑入りの株がありました。


s-2017-04-09_08-29-01(1).jpg
ミノコバイモ
なんとか花の内側が撮影できました。


s-2017-04-09_08-32-27.jpg
ミノコバイモ


s-2017-04-09_08-39-08(1).jpg
ミノコバイモ


林縁から林内まで広い範囲に生育していましたが、少し陽が入る程度の半日陰が好きな感じがしました。
朝早く自宅を出たのでミノコバイモを観察してもまだ9時前でした。さて貴重な休日、次はどこに行きましょう。
posted by makokuni at 20:48| Comment(0) | 野草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月09日

雨天のケリ(2017-4-8 草津市)

雨の土曜日、近くの田んぼを回りましたが、渡りのシギチには出会えませんでした。

雨の中、たたずむケリです。
近くでは鳴きながらカラスを追いかける姿も・・・。繁殖期ですね。


s-2017-04-08_10-23-09T.jpg



posted by makokuni at 21:44| Comment(0) | 鳥見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする