2016年08月28日

フウロウいろいろ(2016年8月19日、27日 米原市、岐阜県)

8月19日と27日に観察したフウロウの仲間、5種類です。
今年は花が咲くのが早い傾向が続いています。フウロウも盆前くらいの方が良かったと思います。いづれの花も終盤でした。


S20160827_0907021ヒメフウロ(2016年8月27日 岐阜県)
石灰岩地帯に咲く小型のフウロウです。

S20160827_090517ヒメフウロ(2016年8月27日 岐阜県)


S20160827_090806ヒメフウロ(2016年8月27日 岐阜県)


S20160827_0916201ヒメフウロ(2016年8月27日 岐阜県)
石灰岩を覆うコケに生えている株です。小雨が降っていたので、レンズに水滴がついて、変なにじみができています。

 

S20160819_0831381エゾフウロ(2016年8月19日 米原市)
早朝でまだ花弁が開いていません。萼などに長い毛があります。


S20160819_083112エゾフウロ(2016年8月19日 米原市)
花弁は開いても重なりがあります。


S20160819_1217371ハクサンフウロ(2016年8月19日 米原市)


S20160819_093252ミツバフウロ(2016年8月19日 米原市)
やや小型のフウロウです。葉が3列です。


S20160819_1221321イブキフウロ(2016年8月19日 米原市)
花弁の先にある切れ込みが特徴です。





posted by makokuni at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 野草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヒナノキンチャク(2016年8月27日 岐阜県)

ヒナノキンチャクを見に行ってきました。
連休明けの一週間、ヒナノキンチャクを見に行くことを楽しみに何とか過ごしたのですが、現地は小雨でした。ちょっと残念ですが傘をさして歩きました。

ヒナノキンチャクはヒメハギ科で、石灰岩のある草地や崩壊地に咲く植物です。
花のピークは過ぎたようで、小さな巾着がたくさんついていました。

S20160827_0812121ヒナノキンチャク
石灰岩のある斜面に咲いていました。


S20160827_081038ヒナノキンチャク
草丈が10cmにみたない小さな植物です。


S20160827_0805321ヒナノキンチャク
この場所では狭い範囲にわずかに生育している状態です。盗掘や踏みつけにあわず、今後も咲き続けて欲しいと思います。


S20160827_080301ヒナノキンチャク
花のアップ。咲き終わった花は巾着状にぶら下がっています。
花も実も可愛らしい素晴らしいヒナノキンチャクでした。

 

posted by makokuni at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 野草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする