2016年06月21日

キヌガサタケ(2016年6月21日 京都市)

今日は所用があり午後からお休みをいただきました。
所用が終わってもまだ日は高いので思い立って京都府立植物園に行ってきました。

目的は梅雨時に竹林で発生するキヌガサタケです。
午後遅くだったので状態の良いものは少なかったですが、たくさんのキヌガサタケを観察できました。「たまご」もまだたくさんあったのでしばらくは観察できそうです。

S20160621_151528キヌガサタケ
午後遅くなので、レースが縮んでいました。やはり午前中の観察が良いようです。


S20160621_1513201キヌガサタケ
これが一番きれいにレースが残っていたものです。


S20160621_1531291キヌガサタケ
近くに行くと独特のにおいを感じます。臭いに誘われて虫がたくさん集まっていました。


キヌガサタケというと、学生時代にウスキキヌガサタケを見に宮島(厳島)に何回か行った事を思い出します。久しぶりに見てみたいなあ・・・(遠い目)。


帰りは途中で御所によって、アオバズクを久しぶりに見て終了しました。



 

posted by makokuni at 21:09| Comment(4) | TrackBack(0) | 生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月20日

グンバイトンボ(2016年6月18日 高島市)

山からの帰り道、グンバイトンボの様子を見に行ってみました。

グンバイトンボは、♂の中脚と後脚が白い軍配状になっている面白いトンボです。水質の良い緩やかな水草の多い場所に生息するトンボで、減少著しいトンボです。

繁殖行動を観察したかったのですが、♂ばかり数個体の確認で終わってしまいました。


S20160618_151813グンバイトンボ♂


S20160618_151301グンバイトンボ♂


S20160618_151221グンバイトンボ♂

posted by makokuni at 21:19| Comment(2) | TrackBack(0) | トンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アカシジミ(2016年6月18日 高島市)

山の上でもアカシジミが出始めたようです。栗の花にアカシジミが吸蜜にきていました。
今年は里のナラガシワ林に行かなかったので、低地性のゼフィルスをほとんど観察できていません。ウラジロミドリシジミや中国地方のヒロオビミドリシジミも来年は見たいと思います。


S20160618_132530アカシジミ
野鳥撮影用のレンズでそのまま望遠接写してみました。なんとかそれなりに写っていました。

 

posted by makokuni at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メスアカミドリシジミ(2016年6月18日 長浜市)

一週間後のメスアカミドリシジミを観察に行きました。
さすがに翅には傷ができていましたが、元気に占有行動をしていました。

天気がよくて暑いためか、10時半ごろから開翅をしなくなりそのまま隠れてしまいました。


S20160618_1011281メスアカミドリシジミ♂
谷に張り出した枝先で占有行動する。

S20160618_0953401メスアカミドリシジミ♂
翅の角度と太陽の位置で翅の色は変化する。金緑色に輝く。



S20160618_0945281メスアカミドリシジミ♂
見下ろす位置で開翅してくれたが、青みが強くでた。


S20160618_094810メスアカミドリシジミ♂
完全に翅を開いた状態。右側前翅に欠けがあるのが少し残念。眼で見たような感じに写真がならないのは腕のせいでしょうね。

posted by makokuni at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フジミドリシジミ(2016年6月18日 高島市)

林道を登ってブナ林まで上がってきました。目的は先週に続いてフジミドリシジミです。今日も採集の人と数人すれ違いました。

ゆっくり歩いて下草に止まっているフジミドリシジミを探しますが、撮影できる場所にいたのは♀1個体のみでした。

S20160618_074527フジミドリシジミ♀
林道脇の低木で開翅していました。


S20160618_0746331フジミドリシジミ♀
同一個体。翅表と翅裏を同時に撮影してみました。左後翅が傷んでいるのが少し残念。


以下は同じ場面を広角で撮影したものです。止まった場所がややこしい位置だったので、うまく表現できていません。

S20160618_074728



S20160618_074734



今年もフジミドリシジミ♂の開翅は撮影できませんでした。また来年ですね。

posted by makokuni at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月19日

ジョウザンミドリシジミ(2016年6月18日 高島市)

林道に朝日が射しこむとゼフィルスが飛びだし、すぐに足元のシダにとまりました。
今シーズン初のジョウザンミドリシジミでした。出始めのようで個体数はまだ少ない感じでした。


S20160618_063855ジョウザンミドリシジミ♂
林道脇のシダにとまる。


S20160618_064125ジョウザンミドリシジ♂
林道の石にとまって開翅。ジョウザンミドリシジミは青く輝くことが多いのですが、珍しく緑色に輝きました。

 

posted by makokuni at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クロツグミ(2016-6-18 長浜市)

山道を車で走っていて、カーブを曲がると・・・、すぐ近くの枯れ木に大型の猛禽が止まっていました。
クマタカです。あわてて車を停めてカメラを手にしますが、クマタカは谷に降りてすぐに消えてしまいました。
呆然と見送っていると、同じ枯れ木にクロツグミが飛んできました。

このレンズでは画面からはみ出していたかも・・・、うーん、残念。

S20160618_1101371t

posted by makokuni at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アズマヒキガエル(6月28日 高島市)

早朝、林道を登っていると水の流れる道の真ん中にヒキガエルが鎮座していました。
滋賀県のヒキガエルはアズマヒキガエルとされています。ニホンヒキガエルとの区別はなかなか微妙なところもあるのですが、この個体は鼓膜は大きめで明瞭でした。

カエルは大好きな生き物です。ヒキガエル、なかなか哲学的な表情ですね。

S20160618_063327

posted by makokuni at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月12日

メスアカミドリシジミ(2016年6月11日 長浜市)

湖西から湖北の山に移動しました。メスアカミドリシジミの観察、撮影が目的です。
谷を見下ろす場所で待機していると、ミスジチョウやウスバシロチョウなどのチョウが飛び交います。カメラが汗臭いのか、イチモンジチョウがカメラにまとわりついて離れません。近くの林からはトラツグミの声がしていました。

S20160611_1055021tダイミョウセセリ
この場所のダイミョウセセリは後翅に白線のない東日本タイプです。

S20160611_104251tクロサナエ
久々に観察しました。渓流に生息する小型サナエです。暗いところにいるイメージでしたのでメスアカのテリハリポイントにとまったので驚きました。


目的のメスアカミドリシジミはなかなかやってきません。まだ早かったかとあきらめかけた時、輝きながら飛んできました。

S20160611_1016571メスアカミドリシジミ♂
羽化したばかりのようなきれいな個体でした。羽縁の白線がきれいに残っています。


S20160611_1016341tメスアカミドリシジミ♂
このままテリハリを続けてくれるかと思ったのですが、すぐに谷の上流に飛び去ってしましました。残念。


今年もきれいなメスアカミドリシジミを観察、撮影できましたが、短時間の観察でちょっと物足りない感じです。
来週末は最盛期となっている思いますが、バトルで羽が傷だらけになっているでしょう。それもまた素晴らしいものですね。来週も再訪しようと思います。


 

posted by makokuni at 11:07| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フジミドリシジミ(2016年6月11日 高島市)

湖西北部の山に行ってきました。

アカショウビンを楽しみにしていたのですが、声もしませんでした。オオルリ、キビタキは子育てに忙しそうでした。このあたりでは久しぶりにカッコウが鳴いていました。


湿地状の斜面にはキンコウカが咲いていました。まだ五分咲き程度でしょうか。

S20160611_071134_2キンコウカの咲く斜面


S20160611_071213キンコウカ


S20160611_0715251
キンコウカの花


樹木も初夏の花に移っていました。

S20160611_0832101サルナシ
サルナシの花が満開。日本のキュウイですね。実の季節に再訪して、味見したいです。


一番目立ったのは、コアジサイでした。シカが食べないためか増えているように感じます。

S20160611_084450コアジサイ、ちょっと逆光で撮影してみました。


目的のフジミドリシジミは数個体を目視で確認できましたが、撮影できたのは1個体のみでした。今回も開翅撮影はできませんでした。フジミドリとは相性悪いなあ・・・。

S20160611_075856葉上のフジミドリシジミ


S20160611_075910tフジミドリシジミ♂
ゆっくりと撮影しようとレンズとスピードライトを準備していたら、飛んで行ってしまいました。

来週、もう一回見に行こうと思います。


 

posted by makokuni at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする