2016年04月17日

ヒゴスミレとアケボノスミレ(2016-4-16 広島県)

スミレ探索に行ってきましたが、結果は×でした。うーん、なかなか難しいものですね。来年はアプローチを変えてみます。

満開のヒゴスミレと咲き始めのアケボノスミレが慰めてくれました。


S20160416_083737ヒゴスミレ。明るい落葉広葉樹林の林床に咲いていました。

S20160416_0827451ヒゴスミレの大株。ここまでたくさん花をつけなくてもいいのですが・・・。



S20160416_0832261ヒゴスミレ。上の写真と同一の株を広角レンズで撮影。林の雰囲気が判るでしょうか。


尾根にあがるとアケボノスミレが咲いていました。花は咲き始めていますが葉はほとんど出ていません。葉がもう少し伸びた方が良い感じかも。

S20160416_0756131アケボノスミレ。葉がわずかに顔をだしています。


S20160416_075914アケボノスミレ

 






posted by makokuni at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | スミレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヒナスミレ群落(2016-4-16 広島県)

昨年に葉だけの状態で見つけたヒナスミレの群落。今年は花期に見に行ってみました。
標高の低い場所では1週間前に花が終わっていますが、この場所ではまだ咲いていました。

植林の杉の林床にヒナスミレが咲いています。
大きな群落なのですが、写真では一部分しか写りません。また差し込む日光と影で撮影もなかなか難しい条件でした。

この群落は花弁に赤味がなくごく淡い青紫でした。ヒナスミレとしては特殊なタイプかもしれません。

S20160416_095123ヒナスミレ群落のごく一部。


S20160416_095135ヒナスミレ群落。中央の青みの強いスミレはタチツボスミレ。





S20160416_095237上の写真と同じところ。俯瞰して撮影。これでも群落の5分の1程度。


S20160416_095636_2ヒナスミレ。側弁基部には毛があります。


S20160416_100420ヒナスミレ群落


S20160416_100608_2ヒナスミレ


S20160416_101101ヒナスミレ


S20160416_1013121_2ヒナスミレ




S20160416_102451_2ヒナスミレ


個人的に過去観察したヒナスミレ群落では最大でした。たくさん咲いているのですが、群落として表現するのは難しいものですね。

 

posted by makokuni at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | スミレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする