2016年01月30日

今冬2個体目のアカハシハジロ(2016-1-30 滋賀県)

一番観察したかったカモには出会えませんでしたが、この冬2個体目のアカハシハジロを観察することができました。
1個体目は♂生殖羽でしたが、2個体目は♂1年目冬と思われます。

S20160130_111603_2ホシハジロの群れに混ざって休むアカハシハジロ。まだ色合いが鈍いので1個体目よりは探しにくい感じがしました。

S20160130_1058473t_2アカハシハジロ1年目冬。頭は明るい茶色ですがオレンジ色とまではいきません。

S20160130_1204131t嘴の上部に黒色の斑が残っています。色も鈍い赤色です。

S20160130_1200532t胸の黒色部もまだらで、脇から腹部にも斑が残っています。


今日は1個体目のアカハシハジロを見つけることができませんでした。2羽並んで観察できたらと思いますが、どうなりますか・・・。

posted by makokuni at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キンクロハジロ色彩異常個体(2016-1-30 滋賀県)

本日も午前中にカモ探索でしたが、一番観察したかったカモは行方不明でした。残念・・・、

S20160130_121421バスボートに追われて飛ぶオオバンの群れ

S20160130_103821キンクロハジロの群れに怪しい個体がいました。中央手前側に淡色の個体がいます。

S20160130_1042521t頭、背、脇など全体が淡色ですが羽衣の特徴はキンクロハジロ♀でした。いわゆるバフ変の個体でしょうか。頭を上げるまで待ちたかったのですが、気力が続かず詳細を観察しないまま移動しました。


以下、本日のカモ。

S20160130_091448tシノリガモ。増水で休息できる場所がほとんどなくなっていました。

S20160130_0915372tシノリガモと雑種カモ

S20160130_0855311tホオジロガモの群れ

S20160130_0854461tホオジロガモ♂生殖羽

S20160130_0849131tホオジロガモ♂1st Win


posted by makokuni at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月24日

メジロガモ(2016-1-23 大阪府)

大雪が降るとの予報でしたが、大津は冷たい風が吹き荒れているものの青空です。

昨日stintsを観察した帰りに、メジロガモの様子を見に行きました。
メジロガモを初めて観察したのは30年近く前の福岡大濠公園でした。ここのメジロガモは数年前から毎年越冬に来ている個体です。

S20160123_1154341_2メジロガモはホシハジロ、キンクロハジロと一緒に行動していました。

S20160123_114046メジロガモ♂生殖羽

S20160123_1141413メジロガモ、なぜか口を開ける。

S20160123_1144021t羽繕いの途中、腹を見せたメジロガモ。

S20160123_1157301メジロガモ、正面顔。嘴爪の黒色はちょっと広めの個体か?

S20160123_124453t手を叩くと寄ってくるほど人なれしています。

S20160123_120549羽ばたきを撮影したかったのですが、ここまででした。

S20160123_121711ホシハジロ♀に対してホシハジロ♂と張り合って求愛行動を繰り広げていました。

S20160123_1214211鳴きながら頸を前に低く伸ばした後、上に伸ばす行動をしていました。頸を伸ばすと黒い環があることが判ります。

S20160123_120725t頸を「くの字」に曲げた後、頭を後ろにそらすのですが、うまく撮影できませんでした。


メジロガモの求愛行動、面白く観察しました。結構いろいろなカモに対して求愛行動しているようで、メジロガモとの雑種が多いのはこんなところに種としての特性があるのかもしれません。



posted by makokuni at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月23日

ヨーロッパトウネン(2016-1-23 岸和田市)

越冬中のstintsを観察したくなって、岸和田のため池に行ってきました。

昼からは冬型の天気になるとのことで早朝に出発し、8時前には現地に到着。散歩やゲートボールの方がたくさんで驚きました。

さっそく探すとコチドリとタカブシギを発見。さらに歩くとちょっと距離がありましたが、stintsの姿を確認。
プロポーションからヨーロッパトウネンと判断して、写真を数枚撮影。さてじっくりとスコープで観察しよう・・・とした瞬間に飛ばれてしまいました。

1時間ほど待ちましたが、スコープでも詳細が判らない距離で近づいてくれませんでした。残念・・・。

S20160123_080047t



S20160123_080049t

posted by makokuni at 22:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 鳥見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月17日

マガモ×カルガモ(2016-1-17 大津市)

今日もカモ観察です。
昨年末に確認していた雑種(マガモ×カルガモ)と思われる個体を観察に行きました。

S20160117_084134マガモ、オカヨシガモと泳ぐ雑種カモ
全体的な羽衣はマガモ♂に似ています。

S20160117_084159t雑種カモ
嘴は黒くて先端が黄色でカルガモに似ています。

S20160117_084144t雑種カモ
脇腹の斑はカルガモからか、それとも非生殖羽か?

本日のカモ、その1

S20160117_090034t_2シノリガモ
相変わらず2羽で行動していました。翼を傷めている個体も今のところ元気そうです。

本日のカモ、その2
午後、次男を野洲まで送るついでにアカハシハジロの様子を見に行きました。先週と同じ場所で確認できました。
琵琶湖は西風が冷たく、やっと冬らしくなりました。

S20160117_122934tアカハシハジロ

posted by makokuni at 15:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 鳥見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月16日

トモエガモ(2016-1-16 高島市)

大津は晴れていましたが、高島は時雨れていました。高島しぐれです。

S20160116_092803tコハクチョウ
43羽が田んぼで採餌中でした。3羽並んだところを記念写真。

S20160116_131819tオオハクチョウ
オオハクチョウは内湖の岸に上がって休憩中でしたが、何かに驚いて急に水面に出てきました。11羽いました。

S20160116_112805tカルガモ色彩異常個体
琵琶湖岸では昨年末にも観察したカルガモ色彩異常個体がまだいました。それにしてもこの場所のカルガモ、警戒心が非常に強いです。

本日のトピックスはコハクチョウの餌場近くにある沼で観察したトモエガモです。

S20160116_085814tトモエガモ
左側はコガモです。トモエガモは雌幼鳥かな。

S20160116_091304tトモエガモ飛翔、上面

S20160116_0913042tトモエガモ飛翔、下面

以下、おまけです。

S20160116_0813521ノスリ成鳥
ビニールハウス上から獲物を探す。

S20160116_1008421チョウゲンボウ

S20160116_100941tチョウゲンボウ

琵琶湖の沖にはオオハムがいましたが、撮影できず。
ここ数年の課題であるアオシギも今日はダメでした。





posted by makokuni at 20:58| Comment(4) | TrackBack(0) | 鳥見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月11日

アカハシハジロ、再度(2016-1-11 滋賀県)

今日も午前中に少しだけカモ探索に行ってきました。
二日前に観察したアカハシハジロはちょっと離れたところにいました。結構広い範囲で行動しているようです。

S20160111_110522t琵琶湖は西風ですがまだ本格的な寒さではありません。休憩中のアカハシハジロ、肉眼でも判る距離でした。

S20160111_1058471t休憩中のアカハシハジロ。眼はしっかりと開いています。

S20160111_1058251t休憩していても時折、近くのオオバンにつっかかっていました。

S20160111_1104581tオオバンに体当たりするアカハシハジロ。結構気が荒そうです。

S20160111_1057101t羽繕いするアカハシハジロ

S20160111_105804t羽繕い後、羽ばたきをするだろうと待ち構えていたら、ちゃんとしてくれました。

S20160111_105805tアカハシハジロ、羽ばたき1

S20160111_1058061tアカハシハジロ、羽ばたき2

S20160111_1058063tアカハシハジロ、羽ばたき3

S20160111_105756tアカハシハジロ、この冬もこのまま滞在してくれそうです。

posted by makokuni at 15:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 鳥見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月10日

心配なシノリガモ(2016-1-9 滋賀県)

昨年末に観察したシノリガモの様子を見に行ってきました。

3羽いたうち♂第一回冬羽と思われる個体の姿が無く、♀2羽になっていました。
しかも、1羽は左側の翼を傷めているようです。

S20160109_082813t並んで移動するシノリガモ

S20160109_0830201t岩の上で休むシノリガモ

S20160109_082848t右側の個体の左側の翼が下がったままです。常にこの状態だったので翼にトラブルがあると思われます。心配ですが見守るしかありません。
左側のカモはコガモです。シノリガモとほぼ同大ですね。

posted by makokuni at 10:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 鳥見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月09日

アカハシハジロ(2016-1-9 滋賀県)

今年も来てくれました。三回目の探索でやっと出会うことができました。

S20160109_0920101オオバンの群れに混じってホシハジロとともに休憩中のアカハシハジロ♂。寝ていても頭のオレンジ色が目立って見つけるのは簡単です。

S20160109_1016341tアカハシハジロ♂、生殖羽
オレンジ色の頭部と赤い嘴がきれいな大型のカモです。尾に近い部分に緑味があるのに初めて気付きました。

S20160109_1028261t正面から見ると独特の頭部形状がよく判ります。

S20160109_103008tアカハシハジロ♂のポートレート
胸から後頸の黒が頭部とのコントラストを際立てています。

S20160109_103345tアカハシハジロ♂、羽ばたき
翼の下面は初列先端を除きほぼ白色でした。

S20160109_1033466tアカハシハジロ♂、羽ばたき
翼の上面は幅広い灰白色の翼帯が目立ちます。

S20160109_103927tアカハシハジロ♂
キンクロハジロ、ホシハジロと並ぶとひと回り大きいです。

S20160109_103929tアカハシハジロ♂
ホシハジロの群れに混じっていてもこれだけ印象が違うので、かなり遠くても識別は可能です。


今日は天気も良くて適度に西風があったためか、カモがあまり分散していない様でラッキーでした。ここ数年見逃していたので観察できて良かったです。

posted by makokuni at 17:28| Comment(4) | TrackBack(0) | 鳥見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月04日

湖西のハクチョウ(2016-1-3 高島市)

湖西にハクチョウの様子を観察に行きました。
途中、白鬚神社の前に朝日を見物される方がたくさんおられてビックリしました。

7時30分に田んぼに到着。コハクチョウ一家族だけしか姿がありません。まだ塒立ちしていないようです。

S20160103_0734161朝日で少し赤くなったコハクチョウ

塒の内湖に行くとちょうど塒立ちの最中でした。コハクチョウの小群が飛び立っていました。

S20160103_081012塒立ちのため鳴き交わしながらタイミングを計るコハクチョウ

S20160103_081022tオオハクチョウ
内湖の奥には今年もオオハクチョウが休んでいました。今年は幼鳥がたくさんの大家族です。

S20160103_081314tコハクチョウ

S20160103_081115tオオハクチョウ
この2羽はコハクチョウと行動を共にしていました。

S20160103_081647塒に残っていたコハクチョウとオオハクチョウ2羽が同時に飛び立ちました。

オオハクチョウの大家族以外は全て8時20分までに塒立ちしたので、近くの餌場にしている田んぼに行ってみました。

S20160103_0833021田んぼで採餌するコハクチョウ
この群れにオオハクチョウ2羽も入っていました。

S20160103_083050採餌するオオハクチョウ
幼鳥も肩羽の換羽が始まっているようで、嘴の基部も黄色くなってきています。

S20160103_0839591t小競り合いするコハクチョウ

S20160103_0842361畔の草を採餌するコハクチョウ
今年はまだ雪が少ないのですが、コハクチョウの生活には影響があるのでしょうか。まだ青い草がたくさんあるので泥んこの顔にはしばらくならないかもしれませんね。

ハクチョウを観察した後、湖岸を少しだけ回ってみましたが目的の珍ガモ?は見つかりませんでした。

以下、田んぼでのおまけです。

S20160103_090544tハヤブサ

S20160103_090717tハヤブサ飛翔


S20160103_0824021tチョウゲンボウ
今年もこの標識は人気のようです。この場所にくると大概止まっています。

 

posted by makokuni at 17:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 鳥見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする