2015年11月22日

ホオジロガモ(2015-11-21 高島市)

採餌中のコハクチョウに付きまとうオオバンの中にホオジロガモが一羽入っていました。
普段はあまり湖岸近くで観察できないのに、かなり近くで観察することができました。

S20151121_125122tホオジロガモ雄
採餌するコハクチョウが水草を食べるときにまきあげた小動物を狙っているのでしょうか。このコハクチョウのそばから離れませんでした。

S20151121_1254101tホオジロガモ雄
肩羽の黒色部が線状になっていません。羽が乱れているだけかな。頭の色は写真ではなかなか見た感じになりません。

S20151121_125324tホオジロガモ雄のはばたき
雨覆からは次列風切羽の白色が目立ちます。


この日は暖かくて湖岸ではウラナミシジミがたくさん飛んできました。今年最後になるだろう(?)チョウ写真です。

S20151121_132401ウラナミシジミ


田んぼにはチョウゲンボウが複数個体いました。このまま居ついて越冬してくれたらいいですね。

S20151121_141500t標識にとまるチョウゲンボウ若
この標識は例年チョウゲンボウが好んでとまります。このチョウゲンボウはこの後、近くの田んぼにいたタシギを狙いましたが、さすがに獲物としては大きすぎたようです。

posted by makokuni at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コハクチョウとオオハクチョウ(2015-11-21 長浜市、高島市)

湖北野鳥センター前でオオヒシクイを観察。
ハクチョウは湖岸にもビオトープにもあまり残っていなかったので、少しだけ田んぼを回ってみました。

S20151121_101857田んぼで採餌するコハクチョウの群れ(長浜市)

S20151121_1015201新しく飛来した個体と一騒ぎ


湖北のコハクチョウの様子が確認できたので、湖西に移動しました。
湖岸を南下しているとハクチョウの姿がありました。

S20151121_115926オオハクチョウ幼とコハクチョウ(高島市)
オオハクチョウ幼鳥3とコハクチョウがいました。オオハクチョウはコハクチョウより一回り大きいですね。
この後、コハクチョウは南に飛びましたが、オオハクチョウは小さな入り江で採餌をしていました。

S20151121_123017t採餌するオオハクチョウ
身体の動きを見ていると足でかき回してから水草を食べているようでした。

S20151121_1229241採餌するオオハクチョウ

S20151121_1230261採餌が終わると湖岸沿いにゆっくりと移動していました。


さらに湖岸沿いに南下するとコハクチョウの小群がいました。

S20151121_1242511コハクチョウの小群(高島市)

S20151121_130034採餌するコハクチョウ
コハクチョウが採餌を始めると、付近にオオバンやヒドリガモが集まってきました。
コハクチョウがかき回して浮き上がる水草のおこぼれを狙っているようです。

S20151121_1252161採餌するコハクチョウに付きまとうオオバン







posted by makokuni at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月21日

ズグロカモメ(2015-11-21 長浜市)

2週間ぶりにフィールドへ。琵琶湖北部にハクチョウとオオヒシクイの様子を見に行ってきました。

途中で立ち寄った河口でズグロカモメ第一回冬羽を観察しました。
以前は野洲川河口でも越冬していたのですが、最近はどうなのでしょうか?

S20151121_090627tズグロカモメとユリカモメ
河口の中州で休憩中。ズグロカモメはユリカモメよりやや小さく、黒い嘴をしています。

S20151121_0919542tズグロカモメ
河岸を飛びまわる。第一回冬羽は背面に独特な黒褐色の斑がでます。

S20151121_0921391ズグロカモメ
琵琶湖を背景に飛ぶ。

posted by makokuni at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月07日

今秋のタカ渡り終了・岩間山(2015-11-7 大津市)

今秋最後のタカの渡り観察に行ってきました。もう少し良い天気で最終日を迎えたかったのですが、曇りでカスミのある天気でした。
午前中だけの観察で、ハイタカを数羽観察して終了しました。

S20151107_0949191tハイタカ幼鳥

今秋のタカの渡りは、18回(その内17回が岩間山)で5000羽を超えるタカを観察できました。ハチクマ、サシバ、ノスリともそれぞれのピークとなった日に観察できたのが大きかったです。
浜大津で長期間観察していただいたおかげで、岩間山を含む大津周辺の渡りの状況が明確になってきました。

来年はこれまでと少し違ったスタンスで秋の渡りシーズンを過ごしたいと思っています。

S20151107_114302t_2マヒワ
今日もマヒワの群れが飛びまわっていました。水場(トンボ池)に入れ替わり立ち代わりしてやってきました。水場近くの松の枝で待機するマヒワです。

朝方はツグミの群れが次々と渡っていました。もう冬ですね。

S20151107_120956tエナガ
カラ類も混群となってにぎやかに移動していました。コガラやキクイタダキも混ざっていました。


2か月間のタカの渡りでしたが、みなさんのおかげで今年もしっかり楽しむことができました。
ありがとうございました。

posted by makokuni at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月05日

「ハイタカガイド」と「カモ識別図鑑」

S20151105_1952192

楽しみにしていた「ハイタカガイド」と「カモ識別図鑑」が届きました。

☆ フィールドガイド日本の猛禽類 vol.03 ハイタカ 
 ミサゴ、サシバに続くシリーズ第3弾、ハイタカのフィールドガイドです。毎回のことながら見て楽しい、読んで楽しいフィールドガイドです。これからハイタカに出会うのが楽しみになりそうです。
 著者の一人、渡辺さんのサイト「湖北ワイルドライフアートスタジオ」で購入できます。みなさん、ぜひ。


☆ 決定版 日本のカモ 識別図鑑
 サブタイトルが「日本産カモの全羽衣をイラストと写真で詳述」です。まさに、そのとおりで目から鱗の情報が満載です。
 著者の氏原さんを何回かフィールドでお見かけしたのですが、いつも鋭い眼光で観察されていました。あの観察力が詰まった一冊です。
 アメリカコガモの♀を探してみたくなりました。


 

 

posted by makokuni at 20:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月01日

ハイタカの渡り・岩間山(2015-11-1 大津市)

11月になりました。
今秋のタカの渡りもいよいよ終わりです(もう一回ぐらい行くかもしれませんが・・・笑)。

今朝は冷え込みましたが、午前中は天気も良くぽかぽかした昼寝日和でした。昼からは雲が厚くなり、陽が陰って肌寒くなりました。
タカの渡りは、7:15から15:00までで46羽を観察しました。その内、ハイタカ属が34羽でした。西行のハイタカが11羽、東行のハイタカが12羽で東西方向に入り乱れていました。

小鳥はキクイタダキを今シーズン初めて観察しました。ツグミ類を期待していたのですが姿はありませんでした。

S20151101_1230121沖ノ島を背景に東に向かうハイタカ幼鳥

S20151101_123117tハイタカ幼鳥、珍しく上面を撮影できました。

S20151101_1120052t本日一番近くを飛んでくれたハイタカ成鳥♂。胸元の赤味がきれいです。


それにしてもノスリが渡りません。もう一山あると思っていたのですが、このまま終わりそうです。例年より500羽程度少ない感じです。天気がずっと良かったので、分散してしまったのでしょうか。
近々、今秋のタカの渡りを総括(個人的な・・・)したいと思います。

posted by makokuni at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする