2015年06月22日

キマダラルリツバメ(2015-6-22 京都市)

6月になって仕事帰りに何回かキマダラルリツバメの様子を見に行ったのですが、なかなか良い出会いがありませんでした。

そろそろシーズンも終盤なので本日仕事帰りに行ってみました。夕方になると急に雲が増えて、今日も日射しがありません。今シーズンはこのパターンが多くて、先日はポイントに着いた瞬間、大雨になったり散々でした。

ポイントについてもキマダラルリツバメの姿がありません。しばらく周囲を散歩して、戻ってくると・・・、

S20150622_183452キマダラルリツバメ
葉上で休むキマダラルリツバメ♀です。かなり新鮮な状態の個体です。尾状突起も4本そろっています。

S20150622_183749キマダラルリツバメ
上と同一個体です。今シーズンは♂をほとんど見ないうちに終了してしまいそうです。

posted by makokuni at 22:22| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オオミドリ?ジョウザン?(2015-6-20 高島市)

ジョウザンミドリシジミを観察していると、翅裏の赤斑が連続していない個体がいました。オオミドリシジミ?と思って撮影し、開翅を待ちました。
開翅すると後翅黒帯はジョウザンミドリシジミでした。写真をよく見ると途切れている赤斑の間にわずかに赤味のある部分がありました。紛らわしいなあ・・・。

S20150620_091920ジョウザンミドリシジミ
観察中は赤斑が途切れていてオオミドリシジミ?と感じました。前翅の形状はジョウザンですね。

S20150620_092329tジョウザンミドリシジミ
上と同一個体です。赤斑の間に赤味を感じる部分があります。

S20150620_092623tジョウザンミドリシジミ
開翅するとオオミドリシジミ的な感じはほとんどしなくなりました。


さて、移動して別の山。湿地を歩いていると下草からゼフィルスが飛び、近くのカエデに止まりました。
こちらも翅裏の赤斑が連続していません。時間帯が悪く、開翅してくれませんでしたが、全体的にみてオオミドリシジミと判断しましたがどうでしょうか?

S20150620_134744tオオミドリシジミ


おまけ・・・
オオミドリシジミを観察していると5m横の木にメスアカミドリシジミが飛んできました。2頭の間をうろうろしながら観察しました。

S20150620_1350561tメスアカミドリシジミ

S20150620_1348391tメスアカミドリシジミ
開翅してくれましたが右側前翅が大きく傷ついていました。

posted by makokuni at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする