2015年05月17日

コウノトリ(2015-5-16 高島市)

山を降りて次の山に移動中、山際の田んぼに大きな鳥を発見しました。
コウノトリです。放鳥による個体回復がある程度進んだここ数年は、滋賀県でも長期滞在する個体がいるようです。昨秋のタカの渡りでも上空を飛んでくれました。

田植え準備のため耕して水を入れている田んぼで盛んに採餌しています。

S20150516_1128001コウノトリ
雨あがりの山を背景に採餌するコウノトリとアオサギです。アオサギが小さな鳥に見えます。

S20150516_111802コウノトリ
足環が確認できます。


S20150516_113333コウノトリ
獲物を捕まえると放り投げてパクリとします。獲物のほとんどはカエルでした。

S20150516_1115011コウノトリ
獲物を追うときに羽を広げました。黒い部分は尾ではなく翼です。初列風切の長さがまちまちで伸長中のようです。

S20150516_1127461tコウノトリ
2羽のコウノトリ、なぜかあまり近ずくことがありません。つねに一定の距離を取っている感じでした。

S20150516_114913コウノトリ
しばらく採餌した後、畔にあがって羽繕いをして休憩体制に入りました。

S20150516_1207361コウノトリ
かなり念入りに羽繕いをしていました。次列風切羽を一枚ごとに丁寧に嘴に挟んでいました。

S20150516_115204コウノトリ
羽繕いが終わると・・・

S20150516_115156コウノトリ
羽を広げて伸びをしました。

S20150516_1153444コウノトリ
最後は大きく口を開けました。

S20150516_114638コウノトリ
近くで見ると眼に凄味があります。
滋賀県でも繁殖してくれることを期待しています。


さて、この後移動した山・・・、やはりガスがなかなか取れずハチクマの渡りは観察できませんでした。ガスの中を飛翔するクマタカ、ミサゴ、ハリオアマツバメなどを観察して終了しました。

帰りにまたこの田んぼに立ち寄ったのですが、コウノトリの姿はありませんでした。またどこかで出会うのを楽しみにしています。




posted by makokuni at 08:32| Comment(4) | TrackBack(0) | 鳥見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする