2014年01月26日

クロハラアジサシ(2014-1-25 草津市)

大学時代の友人が仕事関係で滋賀に来て、昨夜久々に酒を飲みました。お互いいい歳になりましたが、相変わらず熱い男でした。飲むペースで負けたのはちょっと悔しい(笑)。

午前中は時間があったので、また琵琶湖南湖東岸にいってみました。

S20140125_0929551t比良山を背景に飛ぶカモの群れ

Ss20140125_1001211コハクチョウとカモ

風もなく湖面は穏やかで、ポカポカと春の陽気でした。


今回の目的はまだ琵琶湖で観察できていないクロハラアジサシを探すこと。ここ数年は冬季に観察されているのですが、相性が悪いのかまだ出会うことができていません。
そこで止まっていそうな場所を少し丁寧に探してみました。

エリにユリカモメが止まっています。あれ・・・、奥の鳥は・・・。見つけましたクロハラアジサシです。

S20140125_094332


以下、クロハラアジサシの写真です。

S20140125_0937062羽を伸ばすクロハラアジサシ

S20140125_0936293tクロハラアジサシの飛翔。バックの黒い影はカモです。

S20140125_0936301tクロハラアジサシは2羽いました。

S20140125_0947032t湖面へダイブ。

S20140125_0947033tシャッターのタイミングが微妙・・・。魚は捕れたかな?

S20140125_0934312t狩りは成功。しっかり魚を捕えていました。


久しぶりに沼アジサシを観察できました。夏羽になるまでいて欲しいなあ・・・。






posted by makokuni at 11:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 鳥見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月18日

南湖東岸散策(2014-1-18 草津市)

琵琶湖の南湖東岸を散策してきました。
朝は暖かかったのですが、昼ごろから風が強くなり寒くなってきましたね。

湖面のカモはやや少な目ですが、それでもそこそこの数。ハジロ類のなかに面白いものがまざっていないか結構まじめに探しましたが見つかりませんでした。
沖にはミコアイサの大群・・・、近くでみれたら壮観だろうなあ。

S20140118_120054
オオバンはたくさん・・・・、これでもほんの一部です。



S20140118_112751
今年は南湖にもコハクチョウがやってきていました。琵琶湖岸の風車を背景に撮影してみました。しかし風力発電は難しい問題です。トータルバランスではマイナスかな。

S20140118_112947
コハクチョウはやはり人気がありますね。コハクチョウのいる場所は人がたくさん集まっているので、私は遠くから観察させてもらいました。

帰りにため池によっていつものオジロトウネンを探したのですが発見できず。年々数が少なくなっていたのでこの冬でとうとう越冬しなくなったのかな。残念です。

posted by makokuni at 22:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 鳥見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月13日

セッコク(2014-1-12 大津市)

昨日1月12日、大津と京都の境にある山に登ってみました。

寒さが本格的になって、あんな鳥やこんな鳥が南下してやって来ているのでは・・・、と妄想モードいっぱいでしたが、やはりそんなことはなくアトリの小群を観察できたくらいでした。

雪の上には動物の足跡がいっぱいありました。初めて見た足跡がこれ・・・、ネズミの仲間だと思うのですが尾の跡がありません。

S20140112_103141

さて、鳥がいないのでそろそろ帰ろうと歩いていたら、モミの木に何か着生しています。

S20140112_123123

これはセッコクです。まだ小さい株ですが何か所か着生しています。付近の木を探すと人目に付きにくい場所に大きな株もありました。初夏には咲いているところを観察しに再訪することになりそうです。

S20140112_123130

探せば他の着生ランもありそうな感じがしました。クモランとか探せばあるかな。

posted by makokuni at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 野草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月09日

アメリカコハクチョウ(2013-12-31 出雲市)

昨年末の出雲の最後です。
もう少しじっくりと小鳥を探せばユキホオジロやツメナガホオジロも久しぶりに観察できたかもしれませんが、今回も大型の鳥のみです。

今回はいつもよりたくさんのコハクチョウを観察できました。ここで越冬する群れは日本で一番西の個体群だと思います。

コハクチョウの群れの中に、嘴の黄色い部分が小さい個体が1羽いました。典型的なアメリカコハクチョウに比べれば黄色い部分が大きいと思いますが、アメリカコハクチョウの血が濃いのは間違いないと思います。

S20131231_113207t

比較のため近くにいたコハクチョウの写真をアップしておきます。嘴の黄色い部分の形は個体によりまちまちです。

S20131231_1323511

posted by makokuni at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月04日

マナヅルとナベヅル(2013-12-31 出雲市)

昨年末、出雲平野にマガンの群れを観察に行ってきました。故郷の庄原からは松江道ができたのでかなり近くなりました。



約1時間半で到着。さっそくコハクチョウとマガンの群れが出迎えてくれました。

S20131231_110900

あれ、コハクチョウの群れに背の高い鳥が3羽混ざっています。これは・・・、ツルですね。

S20131231_111221

二番穂が伸びた田んぼでしきりに採餌しています。大きな2羽はマナヅル、小さな1羽はナベヅル幼鳥です。
ナベヅルは時々マナヅルにつつかれながらも一緒に行動していました。

S20131231_112024コハクチョウの休む田んぼで採餌。

S20131231_1323081t羽繕いするマナヅル。

S20131231_1329482_23羽そろって同じ方向を向いていると思ったら・・・。

S20131231_1332511t案の定、飛び立ちました。

posted by makokuni at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月03日

初鳥はアカガシラサギ(2014-1-2 庄原市)

先ほど年末年始の帰省から大津に戻りました。途中車の故障などで大変でしたが無事帰宅できました。高速道路でブレーキが故障したのですが、事故にもならずラッキーでした。

ラッキーと言えば帰省先の広島県庄原市でアカガシラサギを観察しました。大晦日から元旦で飲み食いが続いたので腹ごなしがてらに実家近くを散策したおりに見つけました。

S20140102_140330tアカガシラサギ(2014-1-2 広島県庄原市)

ため池横を歩いていたところ、急に近くから小型のサギが飛び立ちました。頭から背が褐色で白い翼とのコントラストがはっきり判りました。
一気に心臓バクバク・・・、アカガシラサギです。なんとかそれと判る程度に撮影できました。
こんなところで出会うとはビックリしました。



この後、ため池の対岸の小さな芦原に入ってしまいました。1時間ほど待つと出てくれたのですが、近寄ることができない場所で遠くからの撮影となりました。

S20140102_160258tアカガシラサギ(2014-1-2 広島県庄原市)


アカガシラサギは今年の早春に八重山で見る予定だったのですが、2ヶ月ほど前倒しで観察してしまいました。
楽しみが一つ減ったと考えたらアンラッキーかな?

posted by makokuni at 23:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 鳥見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月01日

新年のご挨拶

2014

新年あけましておめでとうございます。

 旧年中は大変お世話になりました。今年も宜しくお願いいたします。

 今年も皆様と共に素晴らしい自然と生き物に出会える年になりますように・・・。

posted by makokuni at 00:01| Comment(4) | TrackBack(0) | 日々の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする