2013年04月21日

アケボノスミレ(2013-4-20 米原市)

「春は曙」と言うことで、アケボノスミレを観察しに伊吹山に行ってきました。少し早いかなと思ったのですが、結果的には満開前のちょうど良い感じでした。

S20130420_081552_2

今年最初に観察したアケボノスミレ。登山道わきで朝日に照らされていました。日が当たり、花弁のピンク色がとんでしまいました。

アケボノスミレは花期がやや遅いイメージがあったので、少し時期が早いかなと思っていましたが、何とか観察できてほっとしました。

登山道から、昔大きな寺があったと言う尾根筋の草地にやっと出ました。アケボノスミレはこの付近で咲いているハズです。

S20130420_092058

林縁の草地を探すと、蕾がたくさんありました。横から撮影すると白くて太短い距がよくわかります。蕾の時期はピンク色が濃いですね。



S20130420_101532

二つ並んだ蕾。ならんで咲く姿を見たかったなあ・・・。

開花した株はポツポツと見つかりましたが、並んで咲いているのはなかなかありませんでした。

S20130420_0947201

枯れた枝の間から大きな花が顔を出しています。

S20130420_100724

独特のピンク色の花弁をしています。側弁基部には毛が生えています。

S20130420_101623t

やや逆光気味になると花弁が透けて、ピンク色が柔らかく感じますね。

S20130420_1017071

花のまわりに葉がたくさんでています。花が咲いてから葉が伸びてくるのもアケボノスミレの特徴です。

S20130420_102329

上と同じ株です。



S20130420_101817

最後にやっと二つ並んだアケボノスミレを見つけました。

アケボノスミレは30年以上前に初めて観察した株があまりにきれいだったので、まだそれ以上の出会いがありません。思い出を越えるのは難しいのかもしれませんね。




posted by makokuni at 15:08| Comment(0) | TrackBack(0) | スミレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする