2012年11月19日

コノシメトンボ(2012-11-18 大津市)

タカの渡り観察も一応終了してしまって、少々気が抜けています。例年この時期は観察するターゲットを決められずにだらだらと過ごしてしまいます。
琵琶湖にやってきたカモをじっくりと観察すると面白い発見があると思うのですが、なかなか行動が伴いません。

昨日は天気も良かったので、近くの池に晩秋のトンボを見に行きました。キトンボを観察したかったのですが、観察できたのは・・・・

S20121118_1046151

コノシメトンボ♂が2頭だけでした。木の手すりに止まって、体を温めていました。

S20121118_104838

鼻先まで赤く色づいています。体が温まったら元気に飛びまわっていましたが、トンボもそろそろ終わりですね。

来週からしばらくの間、どう過ごすのか・・・。やはり琵琶湖かなあ。

S20121118_112121

チョウも同じく終わりですね。思い切って八重山にでも行こうかなあ・・・。

posted by makokuni at 21:56| Comment(2) | TrackBack(0) | トンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月10日

今年最後のタカの渡り観察(2012-11-10 大津市)

S20121110_141750

今日は午前中、地域の防災訓練がありました。昼からは今年最後のトンボ観察に行こうと思っていたのですが、明日は雨の天気予報。明日予定していた今年最後のタカの渡り観察に急遽行くことにしました。

観察ポイントに12時半ごろ到着。空気が澄んで、伊吹山や竹生島が驚くほどはっきり見えます。
午前中はノスリとハイタカがそこそこ渡ったようですが、昼からはノスリが少しだけでした。

S20121110_145804t

西日に照らされて上昇するノスリです。

S20121110_150726

観察ポイントの近くにムベの実がありました。背景の斜面は紅葉していました。

S20121110_1507241t

本当に今年最後の渡り観察になったノスリです。飛行機雲を背景にゆっくりと渡っていきました。


これで、今年の秋のタカ渡り観察は終了です。今シーズンは土日の巡りが悪くサラリーマンには残念なシーズンでした。来年はどうなりますか。
来年は春の渡りももう少し観察しに行きたいと思います。

posted by makokuni at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月06日

原生林の秋(2012-11-4 南丹市)

S20121104_155619

11月4日、野鳥調査で京都府北部の原生林に行ってきました。楽しみにしていた冬鳥の大群は観察できませんでしたが、色付き始めた木々やキノコを観察しました。

秋になると色付く木々。紅葉や黄葉はおなじみですが、白くなる葉もあります。色ずく葉をいくつか紹介します。

S20121104_121240

天狗の団扇みたいなこの黄葉は、この原生林を代表するトチの葉です。

S20121104_125640

こちらはブナの黄葉です。緑から茶色に変色したものまで段階がいろいろです。

S20121104_123644

紅葉の代表はやはりこのモミジです。ヤマモミジかな?


キノコもたくさん観察できました。いくつか紹介します。

S20121104_072929
クリタケ

S20121104_080347
ナメコ1
ナメコの味噌汁に最適なサイズです。立ち枯れの木に生えていました。

S20121104_100920
ナメコ2
こちらは大きな倒木に生えたやや大きくなったもの。キノコ鍋で食べたいなあ。

S20121104_094737
エノキタケ
冬のキノコの代表格です。スーパーで売っているのとは全然違います。

S20121104_082048
ツキヨタケ
こちらは、食中毒事件の原因となるキノコです。一見おいしそうなのですが、有名な毒キノコです。

S20121104_0823221
タマゴタケの仲間?
レモンイエローをしたキノコです。

S20121104_113409
アカチシオタケ?
朽木から生えた小さなキノコです。柄のオレンジ色は印象的です。

S20121104_114707
ヌメリスギタケ(幼菌)

S20121104_124249
チャナメツムタケ?(現地で教えてもらったのに忘れてしまい自己識別です)


その他に、ツチグリ、ニカワチャワンタケ、スッポンタケ、ロクショウグサレキン、ベニナギナタタケなどを確認しました。


今回はすべての写真をミラーレス機の「Nikon1 V1」で撮影してみました。それなりに撮影できたのですが、望遠レンズとの組み合わせではピント合わせが難しいと思いました。本気で撮影するときはこれまでのデジイチの方がやはり良いですね。

S20121104_155939


最後にもう一枚・・・、苦手な人は見ないでくださいね。


S20121104_131136
ヒバカリ
この日であった小さなヘビです。大昔にであったことがありますが、今回初めて撮影しました。非常におとなしいヘビでつぶらな瞳が可愛らしいですね。
オタマジャクシや小魚、ミミズなどを捕食するみたいです。分布は広いヘビですが、なかなか観察する機会がないヘビです。

このヘビは本気で撮影すべきで、カメラを変えた方が良かったと少し後悔しています。



posted by makokuni at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月04日

ハイタカ(2012-11-3 高島市)

今日(11/4)は、京都北部の原生林に同行させていただきました。紅葉やキノコなど楽しめましたが、期待していた冬鳥の群れは観察できませんでした。写真の整理できたらブログにアップしたいと思います。それにしても、皆さんの博学さや野鳥の地鳴きでの識別力は凄いです。勉強になりました。

早朝からの活動に備えて、昨日夕方には現地手前の林道終点に入りましたが、その前に琵琶湖北部でタカの渡りを少しだけ観察しました。

S20121103_1300331

時折日が射すものの、強い北風と小雨の天候でした。

2時間ほどの観察で、オオタカ1、ハイタカ2と少しさびしい結果でした。

S20121103_1319001t

目線下を渡っていくハイタカ。

posted by makokuni at 21:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 鳥見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする