2012年06月30日

クマとフジミドリシジミ(2012-6-30 高島市)

ナラガシワ林を後にして、次は山のゼフィルスを探します。
林道入り口に車を駐車して、林道を歩いて登ります。

数百メートル歩いたころ、前方の林道脇に黒い塊が・・・・。
なんだ・・・?とまじまじと見ると、「やったー、クマだ!!」、あわててザックからカメラを取り出します。クマもあわてたようで、耳をピンと立ててダッシュで斜面に向かいます。
残念、カメラが間に合いませんでした。
まだ若い個体でしたが、おしかったなあ・・・。
林道には新鮮なフンが転がっていました。

クマに出会ったので少々ビビりながらさらに林道を登っていきます。途中で大量のゼフィルスに遭遇しましたが、これはまた後ほど・・・。

標高があがるとブナが目立つようになります。すると谷からの風でゼフィルスが吹き上げられて林道にとまりました。
フジミドリシジミです。もう少し早い時間にここまで登ってくるつもりだったのですが、途中で時間を使いすぎたようです。さすがに昼近くになると開翅してくれませんでした。
フジミドリの開翅も来年の宿題ですね。

S20120630_094639

posted by makokuni at 20:40| Comment(3) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今シーズン最後のナラガシワ林(2012-6-30 高島市)

6月も最終日、今日は急に蒸し暑くなりました。午後から天気が下り坂の予報だったので、早起きして午前中だけの予定で湖西北部の高島市に行ってきました。
先ずは6月中に何回か通ったナラガシワ林で平地性のゼフィルスを探します。


最初はこれ、今シーズン何回も観察できたアカシジミです。もうかなり色が褪せていますが、まだまだ元気そうでした。

S20120630_060812


お次は、おなじみのミズイロオナガシジミです。こちらは羽化する期間が長いのか、まだ新鮮な感じがします。

S20120630_061742


最後はウラジロミドリシジミです。今シーズンの目標は、このチョウの開翅を撮影することでした。

S20120630_063118


♀でしたが翅をすりすりして開翅してくれそうです。・・・が、太陽に厚い雲がかかってしまいました。そこで秘密兵器を出してみると、あら不思議・・・。

S20120630_064037


開翅してくれました。やれやれです。結局、♂は観察することもなく、当然♂の開翅は撮影できずでシーズンを終えることになりました。


S20120630_064212

posted by makokuni at 20:16| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月27日

キマダラルリツバメV(2012-6-27 京都市)

昨日観察したキマダラルリツバメのペアが気になったので、今朝出社途中にポイントを覗いてみました。交尾は終わっていても、そのまま同じ場所いる可能性が高いと考えたからです。

結果、♀だけがまったりと葉上で休んでいました。♂の姿はありませんでした。

S20120627_071903

posted by makokuni at 20:14| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月26日

キマダラルリツバメU(2012-6-26 京都市)

今日は晴れ間も出てなかなか良い天気でした。そこで、定時に退社していつものポイントに行ってみました。
電車の運行が乱れていて、予定より遅れて到着。太陽が山に少し隠れてしまいました。その影響か、開翅せずに葉にとまってじっとしています。30分待ったのですがまったく動きませんでした。

S20120626_182623


家に帰って写真をじっくり見ると、これは交尾中のようです。♂の腹部の先に♀の腹部が写っています。

うーん残念、キマダラルリツバメの交尾は見たことがなかったのに現地で気づかなかったとは・・・。

posted by makokuni at 21:06| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月23日

メスアカミドリシジミ(2012-6-23 高島市)

林道脇を流れる谷川に突き出した枝でテリハリするゼフィルスを発見。

S20120623_1123573t

メスアカミドリシジミです。
今年初めてのゼフらしい開翅です。金青色の翅表がなかなかきれいです。

S20120623_110642t

S20120623_1107411t


蛾やチョウが飛んでくるとスクランブル発進していました。そして、メスアカミドリシジミが来ると・・・、卍巴飛行を披露してくれました。

S20120623_105150t_2


S20120623_111302



posted by makokuni at 22:24| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウラクロシジミ(2012-6-23 高島市)

今日は久々に雨を心配しないで良い休日でした。そこで今日も高島市の林道を歩いてきました。

野鳥はアカショウビン、クマタカと一瞬でしたが大満足でした。
トンボはムカシヤンマ、小型サナエ(同定する前に飛ばれてしまった)、オニヤンマとアサヒナカワトンボくらい。

あと、チョウを調査する人(私のバイブル「琵琶湖博物館研究調査報告滋賀県のチョウ類の分布」を編集された方)、サンショウウオを調査する人(私の友人である岐阜のTさんと知り合い)とも出会い面白い一日でした。

さて今日一番たくさんいたのは・・・、これです。

S20120623_1150581

ミズナラの葉にとまるこのチョウは・・・

S20120623_0818001

先週も出会ったウラクロシジミです。今日は本当にたくさん観察しました。栗の花にたくさん集まっていて数十頭はいたと思います。

S20120623_101344

S20120623_101143


少し開翅してくれました。銀白色なのですが、飛んでいる時には若干青みを感じました。

S20120623_101814


今日一番開翅してくれた個体です。

S20120623_085038


沢に突き出した枝では別のゼフィルスがテリハリしていました。これはまた後でアップする予定です。

林道を峠まで登ってブナ林を散策したのですが、期待していたフジミドリシジミは観察できませんでした。もう少し朝早く到着しないとだめなのかな?

さて、山をおりてナラガシワの林を覗いてみました。アカシジミ、ミズイロオナガシジミ、ウラジロミドリシジミを観察できました。ウラジロの開翅が宿題でしたが時間的に今日もダメでした。

S20120623_131019

S20120623_130906

S20120623_1336251

posted by makokuni at 22:01| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月18日

芦生原生林のフジミドリシジミ(2012-6-17 南丹市)

S20120617_112853

野鳥調査をしながら、野草や昆虫も探しました。写真はタツナミソウの仲間(ホクリクタツナミソウではと思いますが確定できていません)。


トンボは少なくて、シオヤトンボ、ニホンカワトンボと写真のトンボしか観察できませんでした。

S20120617_105713

雨に打たれてじっとしているヒメクロサナエです。

S20120617_105950

識別点のひとつが胸横の黒条線です。2本の黒条線が途中で一本につながり太くなって上まで達しています。


芦生原生林にはブナがたくさんあります。そこで今回期待していたのが、ブナを食樹とするゼフィルスの仲間、フジミドリシジミです。
天候が悪かったのできれいな翅表はほとんど観察できませんでしたが、何とか観察できました。

雨が止んでカエデの葉上で休むフジミドリシジミ♂です。

S20120617_110703


一瞬ガスが晴れて明るくなると、開翅してくれました。
独特の淡い青色が少しだけ見えましたが、写真では完全に色がとんでいます。雨のため長いレンズを持っていなかったので、ズームレンズにテレコンをつけて撮影したら解像度がメタメタで残念な写真になってしまいました。

S20120617_110126


同行の観察者に少し枝を下げてもらって、撮影させいただきました。

S20120617_110724


この時期にブナ林を訪れるのは本当に久しぶりなので、フジミドリシジミとも数十年ぶりの出会いになりました。
開翅はまたのお楽しみと言うことにしたいと思います。


posted by makokuni at 22:16| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

芦生原生林の腐生植物(2012-6-17 南丹市)

高島市でチョウを探索した後、京都・滋賀・福井県境の芦生原生林に向かいました。翌日早朝からの野鳥調査に同行するためです。
芦生原生林は厳しく立ち入りが制限されていますが、このグループは長年の調査を継続するため許可を得て入山しています。

さて、調査当日は小雨が降っていましが予定どおり調査開始。アカショウビンが鳴いています。野鳥調査は皆さんにまかせて、私は双眼鏡も出さず梅雨の原生林を楽しませてもらいました。

梅雨時らしく、キノコがたくさん生えていましたが、目についたのが腐生植物です。


先ずは、ギンリョウソウ(イチヤクソウ科ギンリョウソウ属)です。
あちこちにたくさん生えていました。葉緑素を持たない腐生植物ですから色が白で、別名ユウレイタケと言います。
雨にしっとりと濡れています。

S20120617_074555r



次は、久々のショウキラン(ラン科ショウキラン属)です。
ランの仲間ですがこちらも腐生植物で葉緑素を持っていません。花がまだ咲き始めなのが少し残念です。
雨があがり、林は霧に覆われています。

S20120617_092549


最後はこれ・・・、腐生植物ではなくて寄生植物だと思うのですが・・・。
現在のところ種名が特定できていません。
キヨスミウツボが第一候補なのですが、ミヤマツチトリモチも可能性があるかもしれません。
ひとつを引き抜いたところ、土の中にはホワイトアスパラガスのような肉質の太い茎がありました。先端の丸い部分の中には複数の花と思われる組織が詰まっていました。
うーん、次回の調査で再確認が必要ですね。

S20120617_113422

posted by makokuni at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 野草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月17日

ウラクロシジミ(2012-6-16 高島市)

白ときたら当然黒を観察したくなりますね。
ウラジロミドリシジミを観察した丘陵地から移動して、林道を少し登ってみました。

雨の中、ウラゴマダラシジミが飛び回っていましたが、撮影できず。
さらに雨の林道を登っていくと、林道わきの木にとまっているチョウを発見しました。

S20120616_120710

この日4種目のゼフ、ウラクロシジミでした。
この写真では判りませんが翅表は全体が白く、この個体は♂でした。この個体以外にも数個体確認できました。

posted by makokuni at 22:15| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウラジロミドリシジミ(2012-6-16 高島市)

終日雨の天気予報でしたが、とりあえず出かけてみました。

傘をさして歩きながら雨宿りしているチョウを探します。
ミズイロオナガシジミを1頭確認しましたが、先週たくさんいたアカシジミは見かけません。

やはりこの雨ではしんどいかな・・・・、と思っていると下草に止まっているチョウを発見。


S20120616_102552

ウラジロミドリシジミの♀でした。
この天気では開翅は無理なので、とりあえずアップで撮影しました。

S20120616_102032

posted by makokuni at 22:07| Comment(1) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする