2012年04月23日

ナガバノスミレサイシン(2012-4-21 京都市修学院尺羅ケ谷四明ケ嶽)

先日の土曜日、天候が思ったほど悪くなかったのでタイトルの場所に行ってきました。長い住所ですが比叡山の山頂近くです。

比叡山に行ったのは、野鳥観察の先輩でタカの渡り観察などでお世話になっているscopsさんが一昨年のGWに観察された白いスミレが気になったからです。
その時は白いシハイスミレと思っていたのですが、やっぱり違うと思い実際に確認することに・・・。


自然歩道沿いを探すと、白っぽいスミレが咲いています。白にちかいですがわずかに青みがあります。

S20120421_124052


別の株の写真です。特徴的な細長い葉が判ります。これで確定です。やはりナガバノスミレサイシンでした。
葉以外の特徴、例えば太く短い距なども明らかにシハイスミレと違っており、やっとすっきりしました。

S20120421_124359


ナガバノスミレサイシンは太平洋側に分布しているのでもう少し南でないと観察できないと思っていました。


スミレサイシンと同様に葉の展開・伸長が花よりやや遅れるようです。

S20120421_124213



大津にはスミレサイシンもたくさん観察されます。4月15日に大津市葛川坂下町で観察したスミレサイシンを比較で掲載しておきます。
ナガバノスミレサイシンに比べて幅の広い葉が特徴です。写真では判りませんが花自体もかなり大きく、ナガバノスミレサイシンに比べて全体にがっちりした印象です。

S20120415_073219

posted by makokuni at 21:17| Comment(4) | TrackBack(0) | スミレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月22日

イソスミレ(2012-4-19 石川県)

ギフチョウを観察した後、もう一つの宿題のためさらに足を延ばして石川県に行きました。
砂丘に生育するスミレであるイソスミレとアナマスミレを観察するためです。

イソスミレは憧れのスミレだったのですがこの時期なかなか動くことができず、やっと観察することができました。

石川県の海岸に到着し、さっそく砂丘に登ります。
紫色の花が見えてきました。やったー、念願のイソスミレです。

S20120419_144550


まだ3分から5分咲きでしょうか。見ごろはもう少し後かもしれません。


S20120419_141331

青紫の花弁が大きくて非常に見栄えのする美しいタチツボスミレ類です。

S20120419_141006


S20120419_143405

春とはいえ晴天時の砂は熱いぐらいでした。真夏の砂丘は過酷な環境でしょう。この環境に適応しているのはすごいことです。
下の小さな株が大きくなるのは何年かかるのでしょう。

S20120419_145027




砂丘に適応したもう一つのスミレがアナマスミレです。こちらはスミレが日本海側の海岸の環境に適応した変種とされています。

S20120419_141634


S20120419_144008


砂に葉が埋もれそうな小さな株ですが、大きな花が存在を主張しています。

S20120419_143642



イソスミレはこの場所が現在日本で確認されている最大の群落だそうです。この群落がいつまでも維持されることを祈りながら帰宅の途につきました。

posted by makokuni at 21:50| Comment(2) | TrackBack(0) | スミレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月21日

ギフチョウ・U(2012-4-19 南越前町)

カタクリの咲く場所でギフチョウの飛来を待ちます。

きました。カタクリの周りを飛んでいます。吸蜜するか・・・・、
飛び去ってしまいました。
何とか飛翔写真をgetしましたが、羽が一部切れて残念・・・・。

S20120419_123753


それでも間断なくギフチョウがやってきてくれて、やっと宿題のカタクリギフの撮影ができました。


カタクリとギフチョウ(その1)
比較的すれていない個体。構図とピントが今一つです。残念。

S20120419_1248551t


カタクリとギフチョウ(その2)
構図はいい感じですが、光の具合とバックの細長い枯葉が今一つです。残念。

S20120419_121450t


カタクリとギフチョウ(その3)
やっとイメージに近い感じに撮影できましたが、羽が傷んでいるのが今一つです。残念。

S20120419_1237221


カタクリギフの撮影はできたのですが、宿題が終わった感じではありません。
また新しい宿題をもらった感じです。

南越前町はギフチョウの個体数がいまだに多い場所ですが、採集者の数があまりに多いのが気になります。カタクリとギフチョウがいつまでも観察できるように協力したいと思います。

posted by makokuni at 20:37| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月20日

ギフチョウ・T(2012-4-19 南越前町)

今週末も天気が悪そうですね。それを見越して昨日木曜日に休暇をいただきました。
帝釈峡にスミレを見に行こうかと思っていたのですが、西から天気が下り坂とのこと。北上して以前からの宿題にトライすることにしました。

大津を5時半に出発、名神・北陸道を走って南越前町には7時過ぎに到着しました。目的の蝶、ギフチョウが飛び始めるまでに時間があるので、近くの尾根に登ってみました。サンショウクイが飛び回り、センダイムシクイが盛んにさえずっていました。尾根にはカンアオイがあちこちにあり、コタチツボスミレが咲いていました。

9時近くになり気温も上がってきたので、そろそろカタクリの咲いている場所に移動します。
尾根道を下っていると、倒木で身体を温めているギフチョウを発見。今年の初物です。右後ろの羽が欠けているのが少し残念。

S20120419_081846


近づくと少し移動して地面に止まりました。

S20120419_082333


しばらくすると飛び立ち、近くのキンキマメザクラの花で吸蜜を始めました。ゆっくりしてくれたらと思ったのですが、すぐに林の中に飛び去ってしまいました。何とか数枚撮影できたのがこの写真です。マメザクラの花がほとんど終わりかけているのが今一つですね。

S20120419_082247


さて、カタクリの咲く場所についてギフチョウの飛来を待ちますがなかなか姿を現しません。
コツバメはやってくるのですが・・・・・。

S20120419_093221


さて、宿題のカタクリギフはどうなるのか・・・、次回に続きます。

posted by makokuni at 21:31| Comment(1) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月17日

バイカオウレン(2012-4-15 大津市坂本本町)

大津市葛川坂下町から移動して、久しぶりに比叡山に行ってみました。

杉林の中にバイカオウレンが咲いていました。遊歩道沿いにもたくさん咲いており、ちょうど見ごろでしょうか。

S20120415_120844


アップで撮影するとなかなな繊細な造りなのが判りますね。

S20120415_110142


カタクリはこの二株だけが咲いていました。他に少しばかり葉がありましたが咲いていませんでした。鹿の食害のためか林床はほとんど下草がない状態でさみしい限りです。

S20120415_115345


ドライブウェイ沿いの日当たりのよい斜面にイワナシが可愛らしい花をつけていました。

S20120415_104640



他にも観察したい花があったのですが見つけられませんでした。少し早かったかもしれません。

posted by makokuni at 21:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 野草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月15日

イワウチワ(トクカワソウ)(2012-4-15 大津市葛川坂下町)

沢沿いの林道を歩いていると、崖にピンク色の花が広がっているのが見えました。

あっ・・・もう咲いているんだ。咲いているとは思っていなかったので、ちょっと驚きました。

S20120415_083026

イワウチワです。別名トクカワソウといわれている葉の形のものです。



S20120415_083301

今日、一番お気に入りの写真です。逆光ですがイワウチワの淡いピンク色がいい感じに撮影できました。



S20120415_083003

滋賀県北部の赤坂山で観察されるものより、花柄が長い様に思います。

posted by makokuni at 20:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 野草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミソサザイ(2012-4-15 大津市葛川坂下町)

今日は大津市北西部で春の花を観察してきました。野鳥もオオルリなどの夏鳥が渡ってきていて、谷筋でさえずっていました。

でも谷の主役はオオルリではなく、こちらでした。

S20120415_090323t


あちこちで大きな声で鳴いていました。日本でも小さい部類の鳥ですが、声は本当に大きく力強い美声です。

S20120415_090309t


沢沿いの岩の割れ目に盛んにコケを運んでいました。巣作りと縄張り確保と大変ですね。










posted by makokuni at 17:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 鳥見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月11日

アズマイチゲ(2012-4-8 米原市)

福井県から帰宅する途中、長浜ICで降りて米原市の伊吹山麓に行ってみました。開花したアズマイチゲを観察するためです。


予想どおり満開状態でした。天気が良すぎて白い花弁の質感がうまく撮影できません。
花弁にはシミができ始めているものが多く、もうそろそろ見頃も終わりそうでした。

S20120408_145011



S20120408_144632

posted by makokuni at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 野草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月09日

キクザキイチゲ(2012-4-8 福井県南越前町)

嶺南地方でナガハシスミレを観察してから、あまりの天気の良さに「春の女神」を探しに北上することに・・・・。

カタクリとのツーショットを期待していたのですが、カタクリは蕾も出そろっていない状態でした。雪も多くていたとしてもまだまだ初期の状況ではないかと思います。もう少し海沿いの暖かそうなポイントにすればよかったかもしれません。

でも山際にはキクザキイチゲがきれいに咲いていました。これだけでも満足です。

淡い青色の花弁です。

S20120408_123707



たくさんの群落ではなく、ぽつぽつと咲いています。春の陽をうけて花を広げます。

S20120408_131750



日陰になっていた場所では花が開ききっていませんが、かえって花弁の色が濃く印象的な色合いです。

S20120408_131539

posted by makokuni at 21:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 野草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月08日

ナガハシスミレ(2012-4-8 福井県嶺南地方)

今日は良い天気でしたね。朝は霜が降りるほど寒かったですが、日中は汗ばむほどでした。
さて、早起きして先週のリベンジにでかけてきました。

先日観察できなかったナガハシスミレ(テングスミレ)の観察が目的です。その名の通り長い距が特徴のタチツボスミレの仲間です。

先ず訪れたのは原発再稼働で揺れるおおい町です。原発に向かう道路脇の斜面にスミレが咲いていました。距が明らかに長いスミレです。ナガハシスミレですね。

S20120408_094812
2012-4-8 福井県おおい町



横から撮影すると長い距がよくわかります。

S20120408_095046
2012-4-8 福井県おおい町



ナガハシスミレの花弁は赤味の強いものから白っぽいものまでいろいろでした。
下の写真は白に近い株です。

S20120408_111734
2012-4-8 敦賀市



長い距は、まっすぐだっり、下に曲がったり、上にそったりでまちまちでした。

S20120408_111623
2012-4-8 敦賀市




posted by makokuni at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | スミレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする