2012年03月31日

ヒロハノアマナ(2012-3-29 豊橋市)

キスミレの傍らにヒロハノアマナが群生していました。
到着したときはまだ花が開いていませんでしたが、日が高くなるにつれて開いてきました。

S20120329_095614

アマナは観察したことがあるのですが、ヒロハノアマナは初めての出会いです。
葉の中央にあるラインが特徴です。

S20120329_094828

ヒロハノアマナはアマナとともに日本産のチューリップです。

S20120329_095503

春の日射しのなかきれいに咲いていますが、他の植物が伸びてくると消えてしまうスプリングエフェメラルです。

posted by makokuni at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 野草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キスミレ(2012-3-29 豊橋市)

今週末も雨になりました。最近このパターンが続きサラリーマンには少々きついですね。と言う訳で、週末の雨を見越して木曜日に休みをいただきました。
日本海側で春を探そうと思っていたのですが、ふと思い立って愛知県豊橋市へ行ってきました。

4時半に家を出て名神と東名を走り、4時間後には山の稜線にいました。
目的はキスミレです。キスミレは九州の九重や阿蘇、富士山麓などの群落が有名ですが、近畿地方には自生していません。一番近い自生地がこの豊橋市の自生地ではないでしょうか。

稜線をすすむとなだらかな鞍部にでました。柴刈りされた空間に黄色い花が咲いています。初めての出会いにドキドキです。



S20120329_095802

春の陽を浴びて黄色が鮮やかです。

S20120329_084703

キスミレは笹などが茂ると生育できなくなるので、地元の方が柴刈り等の管理をされているとのことでした。

S20120329_094117

全体の大きさに対して、花はかなり大きく感じます。葉も独特の色合いで表面がビロードのようです。

S20120329_084146

花弁の裏側は紅紫で、距は短いのが判ります。



S20120329_092012

ちょっと逆光で撮影してみました。あまり芸術的な(?)写真は撮らないので、こんなんでどうでしょう?

S20120329_091227

最後は正面からのアップです。側弁の基部に毛が密生していますね。


2時間ほど滞在して夢のような時間を過ごしました。

posted by makokuni at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | スミレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月25日

ミチノクフクジュソウ(2012-3-25 庄原市東城町)

広島県庄原市の実家に帰省してきました。昨年11月に亡くなった母の納骨を行いました。

春らしい天気を期待したのですが、昨日は風雨、今日は風雪と春とは思えない激しい天気でした。それでも今日の午前中に庄原近辺の春の花を観察してきました。

先ずは、東城町のミチノクフクジュソウです。
時々日が射すものの雪が断続的に降る天気でしたので、やはり開花していませんでした。

S20120325_105517

日射しがあるものの雪が降っています。

S20120325_101309

一時激しく雪が降りました。
こんな天気でのフクジュソウもなかなか味わい深いと思いました。

posted by makokuni at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 野草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月22日

早春の花めぐりV・バイカオウレン(2012-3-20 甲賀市)

早春の花めぐり、最後はとある古いお寺の参道に咲くこの花です。

S20120320_153956

真上から撮影すると梅の花のように見えるので、バイカオウレンと名づけられたのでしょう。
写真では判りにくいですが、この花も非常に小さな花です。

S20120320_152901

参道脇にびっしりと生育しているのですが、花はまだまだ3分咲きといった感じでした。3月3日に観察したときはやっと花芽がでたところでしたが、予想よりさらに遅い感じです。

S20120320_154121

S20120320_154257

とりあえず、車を走らせて早春に観察したかった花を短時間にざっと回った一日となりました。
今年もフクジュソウの自生地に行けなかったのは残念ですが、来年の宿題にとっておきましょう。

posted by makokuni at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 野草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月21日

早春の花めぐりU・ユキワリイチゲ(2012-3-20 甲賀市)

伊吹山麓でセツブンソウやスハマソウを楽しんだ後、一気に南下して甲賀市土山町へ移動しました。3月3日に訪れた時は蕾だったユキワリイチゲの群落を観察するためです。

イチゲの仲間は太陽があたらないと開いてくれません。朝からいい天気なので期待して現地に到着・・・、2年ぶりに満開のユキワリイチゲに出会えました。

S20120320_142641

淡い紫色の花が絨毯のように広がっています。

S20120320_143523

ユキワリイチゲにも沢山のミツバチが来ていました。

S20120320_142535

S20120320_143608

ゆっくり観察したかったのですが、思いのほか撮影に来られる人が多く早々に引き上げることにしました。

posted by makokuni at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 野草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月20日

早春の花めぐりT・セツブンソウ(2012-3-20 米原市)

最近、会議会議の連続で少々疲れています。今日はゆっくり休もうと思っていましたが、朝起きると、なかなかいい天気。今日を逃したら、早春の花たちを見過ごす可能性が高くなります。

フクジュソウを探しに行こうかと思ったのですが探索するには時間的に難しいかな・・・と有名自生地を回ることにしました。

先ずやってきたのは米原市の伊吹山麓。今年もセブンソウを観察することができました。この冬も雪が多かったので、開花はかなり遅れているようで、ちょうど見ごろになった感じです。

S20120320_115509



S20120320_114636

ミツバチがたくさん飛び交っていました。小さな花ですが蜜があるのでしょうか。ミツバチ以外にはテングチョウがいましたが、こちらはセツブンソウには来ませんでした。

S20120320_120059

S20120320_115746

いつも同じような写真になるので、今回はちょっと引いた感じで撮影してみました。

その他の花は、スハマソウ、フクジュソウ(植栽かな)、アオイスミレ、アズマイチゲくらいかな。アズマイチゲは今回もきれいに咲いているのを観察できませんでした。午前中だか仕方ないかな。

posted by makokuni at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 野草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月13日

水の中は・・・

先日撮影した水の中です。ペンタックスの防水コンデジでトライしてみました。

S201203a
承水路に沈んだ稲の切り株に産卵された卵嚢・・・・、何とか撮影できました。

S201203b
隠れていたのを見つけたので、水が濁ってしまいました。

S201203c
機材にもう一工夫必要ですね。それと本来の姿を撮影するにはやはり夜間にトライするしかないかな、と思います。来シーズンの宿題になりました。

posted by makokuni at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月04日

カスミサンショウウオ(2012-3-3 甲賀市甲賀町)

ユキワリイチゲの観察に行く途中にちょっと寄り道で探し物をしてみました。

S20120303_105627

甲賀市付近には雰囲気の良い里山があちこちにあります。
県道の道端に車を止めて、山際の田んぼに入ってみました。

S20120303_103741

田んぼは春を迎える準備が進んでいました。山際に掘られた水路(承水路と言うそうです)は、山から直接冷たい水が田んぼに入るのを防ぎ水を温めるのが目的とのことです。

この水路がアカガエルやカスミサンショウウオの恰好の産卵場所になっています。
一番手前にある丸いドーナッツ状のものがカスミサンショウウオの卵嚢です。たくさんあるのはアカガエルの卵塊です。
三面張りの水路よりやはりこんな場所がいいですね。

アカガエルの卵塊の脇に、産卵後間もないカスミサンショウウオの卵嚢(下写真の右下)がありました。これは♂が近くに隠れているかもしれません。
そっとアカガエルの卵塊を動かすと・・・、いました。

S20120303_103927_2

今シーズン初のカスミサンショウウオ成体です。近くにもう一個体、尾の切れた♂がいました。もう少し産卵シーズンは続くのでしょうか?

甲賀市付近はカスミサンショウウオがまだ生息できる環境が残っているようです。適当に車を止めて入った田んぼのほとんどで卵嚢を確認できました。
一度夜に産卵行動を観察に来たいなあ・・・、と思いましたがやっぱりこの時期寒いだろうなあ。

posted by makokuni at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユキワリイチゲ(2012-3-3 甲賀市土山町)

昨日は春らしい一日でした。陽気に誘われて早春の花、ユキワリイチゲを観察に行ってきました。
今年は2月に雪が多かったので開花は遅いと思っていたのですが、やはり2週間程度遅れているようです。

S20120303_121838

林床にびっしりと生育していますが、ほとんどがまだ蕾でした。一番日当たりのよい場所でやっとこの程度でした。


S20120303_120337

一輪だけ開花していたユキワリイチゲ。

S20120303_121713

ISOのセットミスで少し画像が荒れていますが、淡い春の装いです。

この後、バイカオウレンの群生地にも立ち寄ったのですが、こちらもやっと小さな蕾が出だした所でした。

posted by makokuni at 09:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 野草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする