2011年10月23日

トンボも終盤(2011-10-22 大津市)

タカの渡り観察に行きたかったんですが、仕事の資料作成などで今週末と来週末は出かけられません。昨日、思ったより晴れ間がでたのでわずかな時間ですが近場で秋のトンボを観察してきました。

S20111022_135322r


S20111022_140535


S20111022_124425


S20111022_124703


S20111022_124834


S20111022_133819


S20111022_1429241


その他にまだギンヤンマやハグロトンボがいました。カトリヤンマの居そうな場所があったのですが、観察できませんでした。

posted by makokuni at 16:34| Comment(4) | TrackBack(0) | トンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月16日

タカの渡り・岩間山(2011-10-16 大津市)

2週間ぶりに岩間山にタカの渡り観察に行ってきました。
朝までに雨もやみ終日晴天の岩間山でしたが、西風が強く渡るタカは大変そうでした。

S20111016_1316481t

晴れているのに空気は霞んでいて上昇するノスリが滲んで見えます。
今日は朝から14:30までの観察で86羽のタカを観察しました。そのほとんどがノスリで、小さいながらノスリ柱もできました。(追記:私が帰ったあとノスリの団体がどっと来たようで、夕方までに275羽が観察されました。)


S20111016_1409332t

ノスリは、強い西風にあおられて上昇しても急下降する個体が多かったです。それでもノスリの渡りは悲壮感がないのが良いですね。

S20111016_130656t

今日一羽だけ観察できたサシバです。おそらく私自身の今年最後に観察したサシバになるでしょう。無事越冬地に着いて、来春戻って来て欲しいものです。

posted by makokuni at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月11日

オニバス(2011-10-8 加西市)

オオキトンボを観察したため池から、別のため池に移動しました。
コンクリート護岸のよくある感じのため池で、ヒシなどが水面を覆っています。

その中にひときわ大きな葉がちらほら・・・。オニバスです。

S20111008_113341

オニバスは各地で激減しているスイレンの仲間です。

S20111008_113441

葉の表面にトゲ状の突起があるのが特徴です。
奧の葉の左手前に膨らみかけた実があるのですが判るでしょうか。

S20111008_113431

こちらは葉の中央付近と右端にトゲトゲの実があります。今度は花の時期に観察したいです。

posted by makokuni at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 野草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月10日

オオキトンボ(2011-10-8 加西市)

3連休は所用で帰省してきました。
帰省途中、中国自動車道を加西ICで降りて1時間ほどトンボを観察しました。時間がないので目星をつけていたため池に直行です。

ため池の護岸にキトンボが止まっていました。黄色と言うよりオレンジ色のきれいなトンボです。

S20111008_1023371


結構敏感でなかなか近くで撮影できませんでしたが、なんとかホバリングを撮影できました。

S20111008_1024362

キトンボはたくさん観察できるかも・・・、と思っていましたが数個体しか観察できませんでした。

さて、さらに目的のトンボを探します。
いました・・・、赤銅色の独特の色合いをしたトンボ、オオキトンボです。初めての出会いです。

S20111008_095716r

オオキトンボは滋賀県では偶然飛来したと思われる観察記録しかなかったと思います。全国的にも産地は限られ、近畿地方で確実に観察できるのは兵庫県のみです。


S20111008_103125t

ホバリングしながらパトロールしていました。オオキトンボもかなり敏感で近づけず、300mm×1.4TCでの撮影です。


S20111008_105705t

決まった場所に止まって、飛び立ってパトロールして戻ってくることを繰り返していました。


S20111008_1057051t

この日はキトンボ、オオキトンボとも雌を確認できませんでした。繁殖活動を観察したかったのですが、時期の問題か、時間の問題か・・・。

とりあえず目的のトンボを観察できたので満足満足、また中国道に乗って自宅に向かいました。







posted by makokuni at 16:41| Comment(3) | TrackBack(0) | トンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月02日

タカの渡り・岩間山(2011-10-2)

10月になりました。サシバ、ハチクマの渡りはピークを過ぎ、終盤になりました。
昨日は次男の運動会でタカの渡り観察はお休み。今日は張り切って早朝より出かけましたが、一言で言うと「寒い」・・・。
予想以上に気温が低いのとタカが飛ばないのとで、すっかり冷えてしまいました。今度の3連休は予定が確定していないので、もしかしたら今日のサシバとハチクマが今シーズンの最後かもしれません。

それでも今シーズンのタカ観察総数は例年の目標1000羽を超えています。満足感がないのは、今年は近くを飛んでくれるタカがほとんどいないのが原因です。今日もやはりだめ。タカとアイコンタクトできる出会いは今シーズンやってくるのでしょうか?

S20111002_073232t
オオルリ♂若鳥
観察地点付近を飛び回っていました。雌の若鳥もいました。ホオの実を食べていました。



S20111002_092844t
エゾビタキ
こちらはフレンドリーなエゾビタキです。タカと違って近くに来てくれました。


S20111002_092845t
上と同一個体です。飛び立ちの瞬間です。


S20111002_094306t
サシバ
今日、一番近くを飛んでくれた個体です。墨絵のような山をバックに上昇してきましたが、上がりきれず、こちらに近づいてくれませんでした。


S20111002_094322t
上と同一個体。
結局、市街地を背景に谷に回り込んで死角の谷すじに入っていきました。

posted by makokuni at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする