2011年08月29日

ミサゴの狩り(2011-8-28 東近江市)

東近江市のため池に行ってきました。目的の生き物を観察することはできなかったのですが、思いがけずミサゴの狩りを観察できました。

S20110828_074015t

ため池の上を時々ホバリングしながら旋回しています。


S20110828_072838t

狙いを定めて急降下。脚を前に突き出して、ゆびをしっかり開いています。水面には魚が作っている波紋がありますね。
ミサゴの指が前2本、後ろ2本に開いているのが判るでしょうか。鳥は前3本、後ろ1本が普通ですが、ミサゴは魚をしっかり掴むため前後2本づつになっています。


S20110828_072839t

でも結局、空振りでした。芦にかかって鮮明に撮影できなかったのが残念です。
この後も何回か水面に突っ込みましたが、いずれも空振りでした。

一枚目の写真を見る限り、風切羽が均一にそろって尾羽の先が尖っているなどの特徴から、この個体は若鳥だと思います。獲物を狩るのがまだまだ下手なのでしょう。

posted by makokuni at 21:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 鳥見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月28日

青い赤トンボ ナニワトンボ(2011-8-28 大津市)

トンボを観察するようになってから見たいと思っていた、「青い赤トンボ」に今日やっと出会いました。
昨年環境の良さそうなため池を見つけていたので、様子を見に行ってきました。本当は9月〜10月が時期的には良いのでしょうが、その時期はタカの渡り観察で行けそうにないので・・・。

ため池に着いて、水位の下がった斜面をさがすと・・・。

S20110828_105213

青い赤トンボ、ナニワトンボの♂です。予想より小さくて、相対的に目の大きいトンボの印象を持ちました。
思ったより敏感でなかなか撮影させてくれません。青い色も飛ぶと背景にとけ込んで見失いがちです。


S20110828_104950

S20110828_103424

水位が下がって斜面に出ている枯れ枝などに止まっている個体を数頭確認しました。雌は観察できませんでした。だだ、池横の林の梢にナニワトンボと思われる小型のトンボがちらちら動いていたので、思ったより個体数は多いのかもしれません。


S20110828_104419

8月最後の日曜日、「青い赤トンボ」との素敵な出会いでした。

posted by makokuni at 23:11| Comment(2) | TrackBack(0) | トンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月25日

ニホンヒキガエル(2011-8-16 広島県庄原市)

久々に出会いました。私の好きなカエル、ニホンヒキガエルです。
ばったり出会って警戒されてしまいました。
自然に歩いている姿を撮影したかったのですがダメでした。

S20110816_093103

posted by makokuni at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月21日

夏キャンプ 大鬼谷(2011-8-15〜17)

今年も帰省にあわせて大鬼谷でキャンプをしてきました。今年は長男(高2)、次男(小6)と私の3人です。長男は都合で1泊だけして大津に戻りました。

さて、今回も白樺サイトにテントを張りました。

S20110817_083248

テント設営が終わったらさっそく喉を潤します。このところアルコール摂取量が多めなので、半分はノンアルコールにしました。

S20110815_143930

初日の夕食は簡単に炭火焼き肉、その後子供達は恒例の缶詰焼き、たき火で楽しみました。夕食途中にすごい豪雨が30分ほど降りました。

S20110816_072048

2日目の朝食準備の最中です。長男がこのアングルがなかなか良いと言うので写真に撮ってみました。朝食はスパムを挟んだホットサンドにしました。

この日は長男を備後庄原駅に送った後はのんびり過ごしました。次男はツリーアドベンチャーを今年も楽しみました。この日も時々激しい雨が降ったりの不安定な天候でした。

S20110816_172947

2日目の夕食です。チキンとホタテのトマトソース煮込みです。なかなか美味しかったです。翌朝、残ったソースにご飯を入れてリゾット風にしたら、これが最高に旨かったです。

S20110816_182500

この日は地元産のりんごワインをいただきました。甘くないスッキリした味わいでした。

S20110817_082859

3日目、最終日の朝です。この日も小雨が降ったりやんだり。結局テントを乾かすことができず、濡れたまま撤収となりました。テントの上にモリアオガエルの幼体がちょこんと乗っていました。

さて、ここ何年も夏キャンプを楽しんできたのですが、来年は次男が中学生になりどうなるか判りません。
もしかしたら今年が最後になるかも・・・。

いろいろと子供達に教えたいこともあったのですが、たき火と飯炊きはできるようになったので良しとしましょう。

posted by makokuni at 17:16| Comment(2) | TrackBack(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カマキリの餌場(2011-8-18 広島県庄原市)

ゴマシジミとツマグロキチョウを観察した草原に上がる道沿いに、堆肥が落ちていてチョウが吸水している場所がありました。
その脇に黄色いものがたくさん落ちています。よく見ればキチョウやツマグロキチョウの羽です。他のチョウの羽も落ちています。

草の影にはオオカマキリが隠れていました。カマキリにとっては、待っていれば餌がやってくる絶好の餌場です。

S20110818_104623

posted by makokuni at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月20日

ツマグロキチョウ(2011-8-18 広島県庄原市)

ゴマシジミを観察した場所で一番多かったのがこのチョウです。

S20110818_094426t

カワラケツメイを食草とするツマグロキチョウです。チョウの後ろに写っている黄色い花の植物がカワラケツメイです。
ツマグロキチョウは全国的にも減少が著しいチョウで、私の住む滋賀県では現在確認されていません。


S20110818_093606

気温が上がると地面近くをヒラヒラ飛んでほとんど止まってくれません。カワラケツメイの生えた草地を飛ぶのをなんとか撮影できました。

posted by makokuni at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゴジュウカラ(2011-8-16 広島県庄原市)

キャンプで迎えた朝、近くの林道を歩いてみました。野鳥の繁殖期も終わったこの時期は囀りも聞こえてきません。
その代わりに、今年巣立った若鳥達がたくさん観察できました。

特にカラ類は若鳥だけで集まって道沿いの林を飛び回っています。エナガ、シジュウカラ、ヤマガラが主なメンバーですが、その中に1羽ゴジュウカラが混ざっていました。

S20110816_0942532rt

成鳥と違ってぼやけた羽色で、ぽやぽやした感じです。


S20110816_0943131rt

ゴジュウカラと言ったら、この頭を下にしたポーズですね。


posted by makokuni at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月19日

ゴマブルー ゴマシジミ(2011-8-15,17,18 広島県庄原市)

夏休みです。帰省にあわせて今年も実家近くでキャンプと生き物観察を楽しみました。昨日夜に大津に戻ってきました。

観察した生き物を紹介していきます。
まず最初はゴマシジミです。翅表の青色が「ゴマブルー」と称される人気の高いシジミチョウです。実家の近くに有名産地があるので今年も観察に行ってきました。

短時間ですが3日に渡って観察して、撮影できた全個体を紹介したいと思います。観察した個体数よりネットを持った採集者の方が多いぐらいでした。

個体1
S20110815_114949
2011-8-15

羽がかなり傷ついていましたがワレモコウに産卵していました。ご苦労様、よく頑張ったね・・・。


個体2
S20110815_120048
2011-8-15

こちらはまだまだきれいな個体。こちらもワレモコウに産卵していました。

S20110815_124530t
2011-8-15

一瞬ですが羽を半開にしてくれました。ブルーに黒い斑と帯がきれいです。


個体3
S20110817_112855
2011-8-17

小雨が降ったり青空が出たりの不安定な天候、笹の葉上で休む個体を見つけました。雲が切れて光が射してくると開翅しそうになるのですが、またすぐ雲が出て結局だめでした。


個体4
S20110818_100048t
2011-8-18

ワレモコウで採蜜。

S20110818_100239
2011-8-18

ワレモコウの横枝に止まる。

S20110818_091630t
2011-8-18

草原の上を飛翔する。


個体5
S20110818_102453
2011-8-18

17日にも観察した個体。羽が傷んでいるので採集者が逃がしていた。今日はワレモコウで産卵していた。


S20110818_1036482t
2011-8-18

それにしても飛翔写真は難しいです。

ゴマシジミの翅表は個体によってかなり違うようです。雄雌の区別も今一つよく判りません。
この辺が採集者を引きつけるところなのでしょうか。

3日通って撮影できた個体がわずか5個体。ネットを持った方が「数が少ない」と嘆いていました。いつまで観察することができるか少し心配です。

posted by makokuni at 18:23| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月09日

湖畔のチョウ(2011-8-7 長浜市)

レンカクを観察した湖畔にコムラサキがたくさんいました。レンカク狙いのカメラマンは変な方向にレンズを向ける私を怪訝に思ったのか「何とってんの」と数人に声をかけられてしまいました。

S20110807_0711591

光線の具合で翅表が青く発色します。


S20110807_0746241

ちなみに翅裏はこんな感じです。


キリシマミドリシジミを見に行った後、また湖畔の砂浜に行ってみました。メガネサナエとあわよくばオオサカサナエを探そうと思ったのです。結果は・・・・だめでした。
そのかわりにアオスジアゲハの集団吸水をみることができました。

S20110807_114109t

posted by makokuni at 22:06| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月08日

キリシマミドリシジミ(2011-8-7 米原市)

琵琶湖畔から移動してきたのは、写真の山麓です。奧に見えるのは伊吹山です。

S20110807_100118

懸案の二つ目は、キリシマミドリシジミの観察です。
林道に車で入って、良さそうな谷すじを登ってみました。

結果、キリシマミドリシジミ♂を2頭確認できました。残念ながら高い場所で飛翔していて写真に撮ることはできませんでした。
今回はとりあえず観察できただけで満足です。来年もう少し撮影に適した場所を見つけてトライしたいと思います。

posted by makokuni at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする