2011年05月30日

春も終わり

S20110508_102117
カメノコテントウ(2011-5-8 大津市膳所平尾町)

5月も終わりです。
今年の春は時期が例年からかなり遅れたりで、観察できないものもありました。スミレの仲間をもう少し観察したかったのと、自宅近くの沢でムカシトンボを撮影できなかったのが、来年の宿題となりました。

春の写真を少しだけ。

S20110503_104850
ベニシジミとウマノアシガタ(2011-5-3 広島県庄原市)


S20110508_113134
コツバメ(2011-5-8 大津市膳所平尾町)


S20110521_142054t
トラフシジミ(2011-5-21 大津市葛川坂下町)

posted by makokuni at 21:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月22日

ウスバシロチョウ(2011-5-21 大津市葛川坂下)

S20110521_135516

今日は午前中を中心にかなり雨が降りました。昨日と違い気温も低めでした。

さて、カジカガエルのいた谷川に小さな河川敷があり、道沿いの土手とつながった空間を作っています。その空間を白い蝶がたくさん飛んでいました。


S20110521_125422t

ウスバシロチョウでした。今がちょうど最盛期なのでしょう。複数の個体が絡みながら飛んでいます。
気温が高いためかなかなか止まってくれません。


S20110521_143618t



S20110521_145340t

1時間ほど観察し満足して帰途につきました。

posted by makokuni at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月21日

カジカガエル(2011-5-21 大津市葛川坂下町)

S20110521_131514

今日はすっかり夏の陽気でした。あまりの暑さに昼から大津市北西部の谷川に行ってきました。
日射しは強いですが、谷をとおる風は心地よい涼しさでした。


谷川から「フィフィフィ・・・」と鳴き声が。カジカガエルです。


S20110521_124158


♂が岩の上でテリトリーを張っています。


S20110521_124028



S20110521_124121



S20110521_142618


身体の大きな♀も探してみたのですが、観察できませんでした。

posted by makokuni at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月16日

ムカシヤンマ(2011-5-15 大津市瀬田)

S20110515_132602

ホンサナエを観察して、もう一つのため池に向かいました。こちらのため池は一部が湿地状になっています。
ヨツボシトンボ、シオカラトンボ、シオヤトンボ、小型のサナエトンボもいましたが識別できず。

湿地脇の赤松をふと見ると・・・。


S20110515_133821


こんな所にムカシヤンマが止まっていました。
近づいてもまったく動きません。


S20110515_134202

上からアップで撮影してみました。栗色の複眼が魅力的なトンボです。

posted by makokuni at 22:51| Comment(2) | TrackBack(0) | トンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホンサナエ(2011-5-15 大津市瀬田)

岩間山で思いがけずムカシヤンマを観察したので、トンボの状況を確認しに行きました。

ため池に着くと、護岸にごつい体型のサナエトンボがテリトリーを張っています。


S20110515_141152

近づいてみると・・・、


S20110515_141115

ホンサナエ♂でした。数が減少しているトンボなので、この場所で観察できると思っていませんでした。
河川にいるトンボのイメージだったのですが、こんな池にもいるんですね。

posted by makokuni at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | トンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月15日

ハチクマ渡りとホソミイトトンボ(2011-5-15 大津市岩間山)

今日(5/15)午前中に2時間ほど岩間山に行ってきました。目的はもちろん、「春のハチクマの渡り}です。ハチクマの春の渡りでは、琵琶湖南部を通過する個体が少ないのは判っているのですが、遠出する元気もなくいつもの岩間山になった訳です。

結果は、「ハチクマ4」。なんとか観察することができました。夏鳥は他に、オオルリ、サンショウクイぐらいでした。ハチクマの一羽は、ディスプレイフライトを披露してくれました。

ハチクマはたくさん飛ばないことは判っていたので、いつもの水たまりでトンボ観察をしました。


S20110515_110747t

いました、ホソミイトトンボです。秋のタカの渡りでは越冬型でしたが、すでに青い姿になっています。連結して飛んでいます。


S20110515_121638t

水たまりに浮かんだ、枯れ草の茎に産卵していました。


S20110515_121114

もう一種類は、こちらも青くなったホソミオツネントンボ♂です。


S20110515_1206521t

連結していますが、♀はあまり青くなっていません。


ビックリしたのは、タカの渡り観察定点にムカシヤンマが飛んできたこと。こんな稜線まで上がってくるとは思っていませんでした。

ムカシヤンマが飛んできたので、山から降りてため池へトンボ観察に行きました。すでいろいろなトンボが活動していました。季節は初夏になりつつあります。

観察したトンボはまた後日紹介したいと思います。

posted by makokuni at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月14日

サナエトンボ3種(2011-5-8,14 大津市膳所平尾町)

S20110514_101106
ジロボウエンゴサク(2011-5-14 大津市膳所平尾町)

GWの後かなり疲れが残っていて、先週と今週は近所の散歩でリハビリ中です。
近くの谷を散歩コースにして、ターゲットはサンコウチョウと春の某トンボです。

サンコウチョウは観察できましたが、某トンボはダメでした。この谷にはいないのか・・・。
それでも春のサナエトンボ3種とアサヒナカワトンボ、シオヤトンボを観察できました。


S20110508_102518
オグマサナエ♂(2011-5-8 大津市膳所平尾町)
谷の入り口にある池の近くで観察。


S20110508_110948
ヒメクロサナエ♀(2011-5-8 大津市膳所平尾町)
谷川の脇で観察。羽化してまだあまり時間がたっていない個体です。
ハの字型の黄斑と逆T字型の黄斑があります。


S20110508_110933
上と同一個体です。側面の太い黒すじも特徴です。
この谷川でヒメクロサナエを初めて観察しました。


S20110514_100757
ダビドサナエ(2011-5-14 大津市膳所平尾町)
パトロール飛行する場面ばかりで、なかなか撮影できませんでした。
やっと1カット撮影できたのがこれ。


トンボもやっと増えてきた感じです。
夏鳥は、オオルリがたくさん、サンコウチョウはまだ定着していない感じでした。

そろそろ、ハチクマも帰ってきますね。明日はハチクマねらいで近場の山に行ってみますか。

posted by makokuni at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | トンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月08日

春の蝶4・ウスバシロチョウ (2011-5-5 庄原市)

春の蝶、4回目です。これでGWに出会った蝶の最後にしたいと思います。

ツマキチョウを撮影していると、滑空している白い蝶を発見しました。土手を上ってタンポポで吸蜜し始めました。

ウスバシロチョウです。シロチョウと名が付いていますが、アゲハの仲間で、ウスバアゲハと呼称する人もいます。


S20110505_103537t
ウスバシロチョウ (2011-5-5 庄原市掛田町)


近寄ってじっくり撮影しようと思ったのですが、殺気が伝わったのかすぐに飛ばれてしまいました。

飛翔する姿はさすがにアゲハの仲間です。モンシロチョウのようなヒラヒラとした飛び方はしません。羽ばたきと滑空の力強い飛翔です。


S20110505_110050
ウスバシロチョウ (2011-5-5 庄原市掛田町)

posted by makokuni at 21:54| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

春の蝶3・ギフチョウ (2011-5-4 三次市)

連休後半は田植えでしたが、5月3日の一日で終えることができました。
時間の空いた4日をどうしようかと悩んだ末・・・・、「そうだ、ギフチョウを見に行こう」。

今年は春が遅いのでまだ観察できるのではと思ったのです。地元庄原でも可能性はあると思うのですが、田植え疲れの身体で山を歩き回るのは少々しんどい。と言うことで、隣の三次市に行くことにしました。
この場所は過去行ったことはないのですが、比較的簡単にアクセスでき、近くに有名産地があるので観察できる可能性が高いと考えました。

さて、現地に9:30に到着、陽の当たった地面を見渡すと・・・・。いました。


S20110504_094750


S20110504_102802


S20110504_092623

さすがに、羽は傷んでいますが、3個体確認することができました。

気温が上がるまでは地面で陽を浴びていましたが、気温が高くなると飛び回って止まってくれません。吸蜜も可能性が低そうです。

仕方ないので、飛翔写真にチャレンジしてみました。


S20110504_103425t



S20110504_1025522t



S20110504_102554t



S20110504_103518t



S20110504_103740t



S20110504_092635


「カタクリとギフチョウ」が今年の目標だったのですが、また来年以降の宿題になりました。

posted by makokuni at 13:51| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月07日

春の蝶2・ツマキチョウ (2011-5-3,5 庄原市)

春の蝶、2回目はツマキチョウです。

ツマキチョウは珍しい蝶ではないですが、春にしか出会えないため、他の生き物に気をとられていると「今年は見なかったなあ・・・」となってしまいます。
また、いざ撮影するとなるとなかなか止まってくれなかったりして、私にとっては手強い蝶でもあります。

S20110503_105512t
ツマキチョウ♂ (2011-5-3 庄原市掛田町)
朝まだ気温が上がっていない時間には、枝の先にじっと止まっていました。羽の裏面は不思議な模様をしています。

S20110503_1101051t
ツマキチョウ♂ (2011-5-3 庄原市掛田町)
気温が上がってくると、飛び立ちました。羽の振り幅が小さい独特の飛び方で、遠くからでもツマキチョウと判ります。

S20110503_110124t
上と同一個体
いったん飛び立つと、なかなか止まってくれません。♀を探して飛んでいると思うのですが、この日は♀を見かけませんでした。


S20110505_104101t
ツマキチョウ♀ (2011-5-5 庄原市掛田町)
この日はいきなり、吸蜜中の♀を発見。♀は羽の先に黄色の斑がありません。
ゆっくり撮影しようとしていたら・・・。


S20110505_104219t
あっと言う間に、♂がやって来ました。♀の後ろを追いかけます。


S20110505_104244t
この後、♀は上空高く舞い上がってしまいました。いつもながら♂はつらいですね。

それにしても、ツマキチョウは撮影しにくい蝶ですね。今回も吸蜜している場面はわずか1回のみ。あとはヒラヒラと飛び回っていました。

 

posted by makokuni at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする