2011年03月27日

伊吹山麓・早春の花散策(2011-3-27 米原市)

この土日は3月末とは思えない寒さでしたね。土曜日は雪が舞い、今日は晴れたものの北風の強い一日でした。
そろそろ今シーズン初のサシバが渡ってくる時期なので、タカの渡り観察に行くか迷ったのですが、結局伊吹山麓に早春の花を探しに行ってきました。

山はまだ雪景色でしたが、春は確実にやって来ていました。

S20110327_104634

先ずはセツブンソウです。
ほぼ満開の状況でした。例年だと陽当たりの良い場所では実になっている時期だと思うのですが、今年は春が遅い様です。

S20110327_095411



S20110327_095744



S20110327_125959



S20110327_130314

スハマソウも咲いていました。こちらも日当たりの良い場所以外ではまだまだの状況でした。石垣の間に綺麗に咲いていました。

S20110327_125311



S20110327_124911



S20110327_124824


最後は、これ・・・、アズマイチゲです。この花が観察したくて行ったようなものなのですが、今年も開花していたのは一輪のみでした。
午後に行かないとやっぱりだめかなあ・・・。

S20110327_114632t

奇跡的に陽が良くあたって咲いていた一輪以外は、ほとんどこんな感じでした。

S20110327_110535

陽があたって一時間後、やっと開き始めましたがこちらがタイムアップ。家路につきました。

S20110327_121804

posted by makokuni at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 野草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月22日

水場のカラ混(2011-3-20 大津市岩間山)

東北地方太平洋沖地震の被災者の皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

地震発生以降意気消沈していたのですが、被災していない自分たち西日本に生活する者は、「過剰に自粛するのではなく、もっと元気を出して、やるべきことはやり、しっかりと経済活動をすることが大切」という考えにいたりました。私たちがアクティブに活動することが支援に繋がると思っています。

さて、3月20日に思ったより天候が崩れなかったので、ダメ元で岩間山にタカの渡り観察に行ってきました・・・・が、予想通りの坊主で渡らないノスリとハイタカだけでした。

それでも観察地定点横の水場がカラ混んで賑わい、楽しませてもらいました。

S20110320_123918t

先ずはヤマガラ。身体も大きいので水しぶきを豪快に跳ね上げます。

S20110320_123949t

次はヒガラ。何羽も入れ替わりで水浴びしていました。

S20110320_123936t

コガラもやってきました。コガラの水浴び時間は一番短くて、まさにカラスの行水でした。

S20110320_124323t

最後はマヒワ。何故かカラ混の中に一羽だけ混ざっていました。

そろそろカラ類も繁殖の季節が始まります。すでに巣作りを開始しているペアもいるでしょう。冬場楽しませてくれたカラ混ともしばしのお別れです。

S20110320_123802t

おまけ・・・カラ混の混浴写真です。

posted by makokuni at 22:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 鳥見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月10日

早春の花巡りV・ユキワリイチゲ(広島県三次市吉舎町2011-3-5)

早春の花巡り、3回目は吉舎のユキワリイチゲです。

吉舎は岡山族のダルマガエルがまだ生息している貴重な場所です。久しく訪れていなかったのですが、灰塚ダムも完成し周辺の環境はかなり変わった印象を持ちました。

フクジュソウ、セツブンソウと観察して現地に到着したのが16時を回ってしまい、花がそろそろ閉じ始める時間でしたが、なんとか間に合いました。

ユキワリイチゲは川沿いの斜面一面に咲いていました。

S20110305_162458

すでに少しずつ花が閉じ始めている様です。
この群落は花の青みが少なく全体に白いのが特徴とされています。

S20110305_162930



S20110305_163857t

16時半を回ると目に見えて花が閉じ始めました。

S20110305_163109

17時、すっかり閉じて裏側の淡い紫が西日に透けて綺麗でした。

S20110305_165828

この場所には、ナガバノタチツボスミレ、スズシロソウも咲いていました。

短い時間でしたが故郷で早春の花を巡り、楽しい一時でした。

posted by makokuni at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 野草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月09日

早春の花巡りU・セツブンソウ(広島県庄原市総領町2011-3-5,7)

早春の花と言えばセツブンソウ。総領町のセツブンソウを見逃すことはできません。
以前は知る人ぞ知る自生地だったのですが、近年は「セツブンソウと言えば総領」と言う感じで、観光バスも来るほどです。

セツブンソウも例年より開花が遅れていましたが、やっと見頃になっていました。

S20110305_154954

見事な群落ですが、写真では群落の感じが上手く表現できません。うでが悪いとしか言いようがありませんね。

S20110307_123013


S20110307_104348


S20110307_104120

少しアップ気味に撮影してみました。

S20110305_155354

少し引いて撮影した方が、「雰囲気が出て良い感じ」ではないかな?

S20110305_160324

ガク片が赤味を帯びたものも咲いていました。

S20110307_121916

満開のセツブンソウの間をニホンミツバチが盛んに飛び回っていました。小さな花ですが、蜜はあるのかな。

S20110305_150024t

久しぶりに総領のセツブンソウを観察できて満足しました。昔のひっそりとしたたたずまいを懐かしく思い出しましたが、今のやり方が総領で暮らす方々にとっては良いのだろうと思います。

最後は、セツブンソウと一緒に咲いていたセリバオウレンです。この花も撮影に苦労します。今回はアップで撮影してみました。

S20110305_160706t


 

posted by makokuni at 21:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 野草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月07日

早春の花巡りT・ミチノクフクジュソウ(広島県庄原市東城町2011-3-5)

所用があって広島県庄原市の実家に帰省してきました。
今年は雪が多くて春の訪れは遅いようですが、故郷で早春の花を巡ってきました。

最初は東城のミチノクフクジュソウです。
近年、地域活性化の一環として自生地を整備・公開している地区に行ってみました。

S20110305_134337s

残念ながらやっと土から蕾が顔を出したところでした。所々に蕾が出ているのが判るでしょうか。やはり例年よりかなり開花が遅れているようです。
ここは全体に北向きの斜面になるので仕方ないかな・・・。

蕾を見ているとご近所のおばあさんが声をかけてくれました。
「家の裏はもう少し咲いているよ」

S20110305_135543r

お言葉に甘えさせて頂いて、見せていただきました。
ここは南向きの斜面なので少しは開花が早いようです。
春の日射しを浴びて、開花したばかりのミチノクフクジュソウです。草丈が低くて、地面から直接花が付いている様に見えます。


下の写真は、総領町リストアステーションの植栽されたものです。陽当たりが良い場所なので東城よりも咲いています。

S20110307_110745


S20110307_105824

posted by makokuni at 23:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 野草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする